summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/digest/digest.txt.ja
diff options
context:
space:
mode:
authorknu <knu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2001-07-19 05:44:26 +0000
committerknu <knu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2001-07-19 05:44:26 +0000
commiteaddc4a94bf1dfb95ef889e2dd5521b657845675 (patch)
treeaeab429ce939353e959f6b326a3a9622cf6a4dae /ext/digest/digest.txt.ja
parent2d84b42b0072d7bbff8846348b8469d0fc34fd82 (diff)
Rename *.jp to *.ja, since jp is a region code and ja is a language
code. git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@1629 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/digest/digest.txt.ja')
-rw-r--r--ext/digest/digest.txt.ja111
1 files changed, 111 insertions, 0 deletions
diff --git a/ext/digest/digest.txt.ja b/ext/digest/digest.txt.ja
new file mode 100644
index 00000000000..8997d25b9d1
--- /dev/null
+++ b/ext/digest/digest.txt.ja
@@ -0,0 +1,111 @@
+.\" digest.txt.ja - -*- Indented-Text -*- created at: Fri May 25 08:22:19 JST 2001
+$RoughId: digest.txt.jp,v 1.8 2001/07/13 15:38:27 knu Exp $
+$Id$
+
+** MD5(クラス)
+
+RFC1321に記述されているRSA Data Security, Inc. の MD5 Message-Digest
+Algorithmを実装するクラス。
+
+Superclass: Digest::Base
+
+require 'digest/md5'
+
+** SHA1(クラス)
+
+FIPS PUB 180-1に記述されているNIST (the US' National Institute of
+Standards and Technology) の SHA-1 Secure Hash Algorithmを実装するクラス。
+
+Superclass: Digest::Base
+
+require 'digest/sha1'
+
+** SHA256(クラス)
+** SHA384(クラス)
+** SHA512(クラス)
+
+FIPS PUB 180-2に記述されているNIST (the US' National Institute of
+Standards and Technology) の SHA-256/384/512 Secure Hash Algorithmを
+実装するクラス。
+
+Superclass: Digest::Base
+
+require 'digest/sha2'
+
+** RMD160(クラス)
+
+Hans Dobbertin, Antoon Bosselaers, Bart Preneel によって設計された
+RIPEMD-160 ハッシュ関数を実装するクラス。
+
+Superclass: Digest::Base
+
+require 'digest/rmd160'
+
+
+これらのクラスは以下のような共通のインターフェースを提供する。
+
+
+Class Methods:
+
+ new([str])
+
+ 新しいダイジェストオブジェクトを生成する.文字列引数が与えられる
+ とそれを追加する(see update)。
+
+ digest(str)
+
+ 与えられた文字列に対するハッシュ値を文字列で返す。
+ new(str).digest と等価。
+
+ hexdigest(str)
+
+ 与えられた文字列に対するハッシュ値を、ASCIIコードを使って
+ 16進数の列を示す文字列にエンコードして返す。
+ new(str).hexdigest と等価。
+
+Methods:
+
+ clone
+
+ ダイジェストオブジェクトの複製を作る。
+
+ digest
+
+ 今までに追加した文字列に対するハッシュ値を文字列で返す。MD5では
+ 16バイト長、SHA1およびRMD160では20バイト長、SHA256では32バイト長、
+ SHA384では48バイト長、SHA512では64バイト長となる。
+
+ hexdigest
+ to_s
+
+ 今までに追加した文字列に対するハッシュ値を、ASCIIコードを使って
+ 16進数の列を示す文字列にエンコードして返す。MD5では32バイト長、
+ SHA1およびRMD160では40バイト長、SHA256では64バイト長、SHA384では
+ 96バイト長、SHA512では128バイト長となる。Rubyで書くと以下と同じ。
+
+ def hexdigest
+ digest.unpack("H*")[0]
+ end
+
+ update(str)
+ << str
+
+ 文字列を追加する。複数回updateを呼ぶことは文字列を連結して
+ updateを呼ぶことと等しい。すなわち m.update(a); m.update(b) は
+ m.update(a + b) と、 m << a << b は m << a + b とそれぞれ等価
+ である。
+
+ == md
+
+ 与えられたダイジェストオブジェクトと比較する。
+
+ == str
+
+ 与えられた文字列を digest 値、もしくは hexdigest 値と比較する。
+ いずれの値と見るかは与えられた文字列の長さによって自動判別
+ される。
+
+-------------------------------------------------------
+Local variables:
+fill-column: 70
+end: