summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
diff options
context:
space:
mode:
authorshigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-01 04:48:32 +0000
committershigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-01 04:48:32 +0000
commit5d8f3617e0528ca169c7c6bf32833c9cc9afbe5a (patch)
tree5c63ca042f523167b9da2d465358b8d76b9df6b8 /ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
parentfd5bdcd21cf4b691a5c9965618323610d83f50da (diff)
Specs adjusted for FLoat.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@4258 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html')
-rw-r--r--ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html36
1 files changed, 10 insertions, 26 deletions
diff --git a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
index 31e852bd020..4fc3a4eb847 100644
--- a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
+++ b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
@@ -247,39 +247,35 @@ c の精度については「<A HREF="#PREC">計算精度について</A>」を参照してください。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>add</B></LI><BLOCKQUOTE>
+<LI><B>add(b,n)</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.add(b,n)<BR>
c = a + b を最大で n 桁まで計算します。
a + b の精度が n より大きいときは BigDecimal.mode で指定された方法で丸められます。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>sub</B></LI><BLOCKQUOTE>
+<LI><B>sub(b,n)</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.sub(b,n)<BR>
c = a - b を最大で n 桁まで計算します。
a - b の精度が n より大きいときは BigDecimal.mode で指定された方法で丸められます。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>mult</B></LI><BLOCKQUOTE>
+<LI><B>mult(b,n)</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.mult(b,n)<BR>
c = a * b を最大で n 桁まで計算します。
a * b の精度が n より大きいときは BigDecimal.mode で指定された方法で丸められます。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>div</B></LI><BLOCKQUOTE>
+<LI><B>div(b[,n])</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.div(b,n)<BR>
c = a / b を最大で n 桁まで計算します。
-a / b の精度が n より大きいときは BigDecimal.mode で指定された方法で丸められます。
+a / b の精度が n より大きいときは BigDecimal.mode で指定された方法で丸められます。<BR>
+n が省略されたときは Float#div と同様に結果が整数(BigDecimal)になります。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>%</B></LI><BLOCKQUOTE>
-r = a%b <BR>
-a/b の余りを計算します。以下の計算と同じものです。<BR>
-r = a-((a/b).floor)*b<BR>
-</BLOCKQUOTE>
<LI><B>fix</B></LI><BLOCKQUOTE>
a の小数点以下の切り捨て。<BR>
c = a.fix
@@ -359,23 +355,7 @@ n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します(小数点位置から左に少なくとも n 個
c = BigDecimal("1.23456").truncate(4) # ==> 1.2345
c = BigDecimal("15.23456").truncate(-1) # ==> 10.0
</PRE></CODE>
-
-</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>divmod</B></LI><BLOCKQUOTE>
-商と剰余の配列を返します。<BR>
-c,r = a.divmod(b) # a = c*b + r<BR>
-divmodメソッドは a = c * b + r となる a / b の浮動小数点型の商 c と剰余 r を
-計算します。ここで c は整数(少数部分のない実数)になります。<BR>
-c = (a/b).floor <BR>
-r = a - c*b<BR>
-で計算されます。
</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>remainder</B></LI><BLOCKQUOTE>
-r=a.remainder(b)<BR>
-a/b の剰余 r を計算します。<BR>
-c = (a/b).fix <BR>
-r = a - c*b<BR>
-で計算されます。
</BLOCKQUOTE>
<LI><B>abs</B></LI><BLOCKQUOTE>
@@ -482,6 +462,10 @@ aの有効桁 n 桁の平方根(n の平方根ではありません)を
c = a.sqrt(n)<BR>
</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>divmod,quo,modulo,%,remainder</B></LI><BLOCKQUOTE>
+詳細は対応する Float の各メソッドを参照して下さい。
+</BLOCKQUOTE>
+
<LI><B>&lt=&gt</B></LI><BLOCKQUOTE>
a==b なら 0、a &gt b なら 1、a &lt b なら -1 になります。<BR>
c = a &lt=&gt b