summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.EXT.ja
diff options
context:
space:
mode:
authornobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2014-11-03 07:12:37 (GMT)
committernobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2014-11-03 07:12:37 (GMT)
commit97c1f8cace94f7445826ffff83dc4df8629fb1d6 (patch)
treec0d9cac7d28148ebd380796db1d21d5299396e66 /README.EXT.ja
parente3787f8b364e1e0b000fc0fd25cf8b6272889c86 (diff)
README.EXT, README.EXT.ja: mention about PRIsVALUE [ci skip]
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@48253 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'README.EXT.ja')
-rw-r--r--README.EXT.ja10
1 files changed, 6 insertions, 4 deletions
diff --git a/README.EXT.ja b/README.EXT.ja
index 3288821..be76515 100644
--- a/README.EXT.ja
+++ b/README.EXT.ja
@@ -230,8 +230,9 @@ rb_vsprintf(const char *format, va_list ap)
Cの文字列formatと続く引数をprintf(3)のフォーマットにしたがって
整形し,Rubyの文字列を生成する.
- 注意: %iはObject#to_s('+'フラグが指定されているときはObject#inspect)を
- 使ったVALUEの出力に使用されているため,整数には%dを使用すること.
+ 注意: "%"PRIsVALUEがObject#to_s('+'フラグが指定されている
+ ときはObject#inspect)を使ったVALUEの出力に利用できる.これ
+ は"%i"と衝突するため,整数には"%d"を使用すること.
rb_str_cat(VALUE str, const char *ptr, long len)
@@ -1438,8 +1439,9 @@ void rb_bug(const char *fmt, ...) ::
状況の時呼ぶ.インタープリタはコアダンプし直ちに終了する.
例外処理は一切行なわれない.
-注意: %iはObject#to_s('+'フラグが指定されているときはObject#inspect)を
-使ったVALUEの出力に使用されているため,整数には%dを使用すること.
+注意: "%"PRIsVALUEがObject#to_s('+'フラグが指定されていると
+きはObject#inspect)を使ったVALUEの出力に利用できる.これは
+"%i"と衝突するため,整数には"%d"を使用すること.
== Rubyの初期化・実行