summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.EXT.ja
diff options
context:
space:
mode:
authornobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-12-24 05:01:05 (GMT)
committernobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-12-24 05:01:05 (GMT)
commit474e5bd0de719bdcb1410f8ed6f58e479974d734 (patch)
treef04f7340767aaa661d8e45026db709094c8fc99a /README.EXT.ja
parent215c40b8130df5f5cbd4ffcfda9c263e68e4462f (diff)
* remove trailing spaces.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@44375 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'README.EXT.ja')
-rw-r--r--README.EXT.ja4
1 files changed, 2 insertions, 2 deletions
diff --git a/README.EXT.ja b/README.EXT.ja
index f869b47..165b0f5 100644
--- a/README.EXT.ja
+++ b/README.EXT.ja
@@ -1637,10 +1637,10 @@ RGenGCは、過去の拡張ライブラリに(ほぼ)互換性を保つよ
拡張ライブラリに高い性能が必要である場合は対応を検討して下さい。
とくにRARRAY_PTR()/RHASH_PTR()のようなマクロを用いてポインタに直接アクセ
-スするようなコードは書かないようにして下さい。代わりに、rb_ary_aref(),
+スするようなコードは書かないようにして下さい。代わりに、rb_ary_aref(),
rb_ary_store() などの、適切な API 関数を利用するようにして下さい。
-そのほか、対応についての詳細は README.ext の「Appendix D. Generational
+そのほか、対応についての詳細は README.ext の「Appendix D. Generational
GC」を参照して下さい。
/*