summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/lib/irb/lc/ja/help-message
blob: f2c4066cf6d37ad41ff683a6dbccebd04930d808 (plain)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
# -*- coding: utf-8 -*-
#   irb/lc/ja/help-message.rb - 
#   	$Release Version: 0.9.6$
#   	$Revision$
#   	by Keiju ISHITSUKA(keiju@ruby-lang.org)
#
# --
#
#   
#
Usage:  irb.rb [options] [programfile] [arguments]
  -f		    ~/.irbrc を読み込まない.
  -m		    bcモード(分数, 行列の計算ができる)
  -d                $DEBUG をtrueにする(ruby -d と同じ)
  -r load-module    ruby -r と同じ.
  -I path           $LOAD_PATH に path を追加する.
  -U                ruby -U と同じ.
  -E enc            ruby -E と同じ.
  --inspect	    結果出力にinspectを用いる(bcモード以外はデフォルト). 
  --noinspect	    結果出力にinspectを用いない.
  --readline	    readlineライブラリを利用する.
  --noreadline	    readlineライブラリを利用しない. 
  --prompt prompt-mode/--prompt-mode prompt-mode
		    プロンプトモードを切替えます. 現在定義されているプ
		    ロンプトモードは, default, simple, xmp, inf-rubyが
		    用意されています. 
  --inf-ruby-mode   emacsのinf-ruby-mode用のプロンプト表示を行なう. 特
		    に指定がない限り, readlineライブラリは使わなくなる.
  --simple-prompt   非常にシンプルなプロンプトを用いるモードです.
  --noprompt	    プロンプト表示を行なわない.
  --tracer	    コマンド実行時にトレースを行なう.
  --back-trace-limit n
		    バックトレース表示をバックトレースの頭から n, 後ろ
		    からnだけ行なう. デフォルトは16 
  --irb_debug n	    irbのデバッグデバッグレベルをnに設定する(利用しな
		    い方が無難でしょう).
  -v, --version	    irbのバージョンを表示する

# vim:fileencoding=utf-8