summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ChangeLog
blob: 78867f67d9bb071064cb23d43426f0722a81646e (plain)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
719
720
721
722
723
724
725
726
727
728
729
730
731
732
733
734
735
736
737
738
739
740
741
742
743
744
745
746
747
748
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
791
792
793
794
795
796
797
798
799
800
801
802
803
804
805
806
807
808
809
810
811
812
813
814
815
816
817
818
819
820
821
822
823
824
825
826
827
828
829
830
831
832
833
834
835
836
837
838
839
840
841
842
843
844
845
846
847
848
849
850
851
852
853
854
855
856
857
858
859
860
861
862
863
864
865
866
867
868
869
870
871
872
873
874
875
876
877
878
879
880
881
882
883
884
885
886
887
888
889
890
891
892
893
894
895
896
897
898
899
900
901
902
903
904
905
906
907
908
909
910
911
912
913
914
915
916
917
918
919
920
921
922
923
924
925
926
927
928
929
930
931
932
933
934
935
936
937
938
939
940
941
942
943
944
945
946
947
948
949
950
951
952
953
954
955
956
957
958
959
960
961
962
963
964
965
966
967
968
969
970
971
972
973
974
975
976
977
978
979
980
981
982
983
984
985
986
987
988
989
990
991
992
993
994
995
996
997
998
999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
1406
1407
1408
1409
1410
1411
1412
1413
1414
1415
1416
1417
1418
1419
1420
1421
1422
1423
1424
1425
1426
1427
1428
1429
1430
1431
1432
1433
1434
1435
1436
1437
1438
1439
1440
1441
1442
1443
1444
1445
1446
1447
1448
1449
1450
1451
1452
1453
1454
1455
1456
1457
1458
1459
1460
1461
1462
1463
1464
1465
1466
1467
1468
1469
1470
1471
1472
1473
1474
1475
1476
1477
1478
1479
1480
1481
1482
1483
1484
1485
1486
1487
1488
1489
1490
1491
1492
1493
1494
1495
1496
1497
1498
1499
1500
1501
1502
1503
1504
1505
1506
1507
1508
1509
1510
1511
1512
1513
1514
1515
1516
1517
1518
1519
1520
1521
1522
1523
1524
1525
1526
1527
1528
1529
1530
1531
1532
1533
1534
1535
1536
1537
1538
1539
1540
1541
1542
1543
1544
1545
1546
1547
1548
1549
1550
1551
1552
1553
1554
1555
1556
1557
1558
1559
1560
1561
1562
1563
1564
1565
1566
1567
1568
1569
1570
1571
1572
1573
1574
1575
1576
1577
1578
1579
1580
1581
1582
1583
1584
1585
1586
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1593
1594
1595
1596
1597
1598
1599
1600
1601
1602
1603
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1610
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1623
1624
1625
1626
1627
1628
1629
1630
1631
1632
1633
1634
1635
1636
1637
1638
1639
1640
1641
1642
1643
1644
1645
1646
1647
1648
1649
1650
1651
1652
1653
1654
1655
1656
1657
1658
1659
1660
1661
1662
1663
1664
1665
1666
1667
1668
1669
1670
1671
1672
1673
1674
1675
1676
1677
1678
1679
1680
1681
1682
1683
1684
1685
1686
1687
1688
1689
1690
1691
1692
1693
1694
1695
1696
1697
1698
1699
1700
1701
1702
1703
1704
1705
1706
1707
1708
1709
1710
1711
1712
1713
1714
1715
1716
1717
1718
1719
1720
1721
1722
1723
1724
1725
1726
1727
1728
1729
1730
1731
1732
1733
1734
1735
1736
1737
1738
1739
1740
1741
1742
1743
1744
1745
1746
1747
1748
1749
1750
1751
1752
1753
1754
1755
1756
1757
1758
1759
1760
1761
1762
1763
1764
1765
1766
1767
1768
1769
1770
1771
1772
1773
1774
1775
1776
1777
1778
1779
1780
1781
1782
1783
1784
1785
1786
1787
1788
1789
1790
1791
1792
1793
1794
1795
1796
1797
1798
1799
1800
1801
1802
1803
1804
1805
1806
1807
1808
1809
1810
1811
1812
1813
1814
1815
1816
1817
1818
1819
1820
1821
1822
1823
1824
1825
1826
1827
1828
1829
1830
1831
1832
1833
1834
1835
1836
1837
1838
1839
1840
1841
1842
1843
1844
1845
1846
1847
1848
1849
1850
1851
1852
1853
1854
1855
1856
1857
1858
1859
1860
1861
1862
1863
1864
1865
1866
1867
1868
1869
1870
1871
1872
1873
1874
1875
1876
1877
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897
1898
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907
1908
1909
1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
2023
2024
2025
2026
2027
2028
2029
2030
2031
2032
2033
2034
2035
2036
2037
2038
2039
2040
2041
2042
2043
2044
2045
2046
2047
2048
2049
2050
2051
2052
2053
2054
2055
2056
2057
2058
2059
2060
2061
2062
2063
2064
2065
2066
2067
2068
2069
2070
2071
2072
2073
2074
2075
2076
2077
2078
2079
2080
2081
2082
2083
2084
2085
2086
2087
2088
2089
2090
2091
2092
2093
2094
2095
2096
2097
2098
2099
2100
2101
2102
2103
2104
2105
2106
2107
2108
2109
2110
2111
2112
2113
2114
2115
2116
2117
2118
2119
2120
2121
2122
2123
2124
2125
2126
2127
2128
2129
2130
2131
2132
2133
2134
2135
2136
2137
2138
2139
2140
2141
2142
2143
2144
2145
2146
2147
2148
2149
2150
2151
2152
2153
2154
2155
2156
2157
2158
2159
2160
2161
2162
2163
2164
2165
2166
2167
2168
2169
2170
2171
2172
2173
2174
2175
2176
2177
2178
2179
2180
2181
2182
2183
2184
2185
2186
2187
2188
2189
2190
2191
2192
2193
2194
2195
2196
2197
2198
2199
2200
2201
2202
2203
2204
2205
2206
2207
2208
2209
2210
2211
2212
2213
2214
2215
2216
2217
2218
2219
2220
2221
2222
2223
2224
2225
2226
2227
2228
2229
2230
2231
2232
2233
2234
2235
2236
2237
2238
2239
2240
2241
2242
2243
2244
2245
2246
2247
2248
2249
2250
2251
2252
2253
2254
2255
2256
2257
2258
2259
2260
2261
2262
2263
2264
2265
2266
2267
2268
2269
2270
2271
2272
2273
2274
2275
2276
2277
2278
2279
2280
2281
2282
2283
2284
2285
2286
2287
2288
2289
2290
2291
2292
2293
2294
2295
2296
2297
2298
2299
2300
2301
2302
2303
2304
2305
2306
2307
2308
2309
2310
2311
2312
2313
2314
2315
2316
2317
2318
2319
2320
2321
2322
2323
2324
2325
2326
2327
2328
2329
2330
2331
2332
2333
2334
2335
2336
2337
2338
2339
2340
2341
2342
2343
2344
2345
2346
2347
2348
2349
2350
2351
2352
2353
2354
2355
2356
2357
2358
2359
2360
2361
2362
2363
2364
2365
2366
2367
2368
2369
2370
2371
2372
2373
2374
2375
2376
2377
2378
2379
2380
2381
2382
2383
2384
2385
2386
2387
2388
2389
2390
2391
2392
2393
2394
2395
2396
2397
2398
2399
2400
2401
2402
2403
2404
2405
2406
2407
2408
2409
2410
2411
2412
2413
2414
2415
2416
2417
2418
2419
2420
2421
2422
2423
2424
2425
2426
2427
2428
2429
2430
2431
2432
2433
2434
2435
2436
2437
2438
2439
2440
2441
2442
2443
2444
2445
2446
2447
2448
2449
2450
2451
2452
2453
2454
2455
2456
2457
2458
2459
2460
2461
2462
2463
2464
2465
2466
2467
2468
2469
2470
2471
2472
2473
2474
2475
2476
2477
2478
2479
2480
2481
2482
2483
2484
2485
2486
2487
2488
2489
2490
2491
2492
2493
2494
2495
2496
2497
2498
2499
2500
2501
2502
2503
2504
2505
2506
2507
2508
2509
2510
2511
2512
2513
2514
2515
2516
2517
2518
2519
2520
2521
2522
2523
2524
2525
2526
2527
2528
2529
2530
2531
2532
2533
2534
2535
2536
2537
2538
2539
2540
2541
2542
2543
2544
2545
2546
2547
2548
2549
2550
2551
2552
2553
2554
2555
2556
2557
2558
2559
2560
2561
2562
2563
2564
2565
2566
2567
2568
2569
2570
2571
2572
2573
2574
2575
2576
2577
2578
2579
2580
2581
2582
2583
2584
2585
2586
2587
2588
2589
2590
2591
2592
2593
2594
2595
2596
2597
2598
2599
2600
2601
2602
2603
2604
2605
2606
2607
2608
2609
2610
2611
2612
2613
2614
2615
2616
2617
2618
2619
2620
2621
2622
2623
2624
2625
2626
2627
2628
2629
2630
2631
2632
2633
2634
2635
2636
2637
2638
2639
2640
2641
2642
2643
2644
2645
2646
2647
2648
2649
2650
2651
2652
2653
2654
2655
2656
2657
2658
2659
2660
2661
2662
2663
2664
2665
2666
2667
2668
2669
2670
2671
2672
2673
2674
2675
2676
2677
2678
2679
2680
2681
2682
2683
2684
2685
2686
2687
2688
2689
2690
2691
2692
2693
2694
2695
2696
2697
2698
2699
2700
2701
2702
2703
2704
2705
2706
2707
2708
2709
2710
2711
2712
2713
2714
2715
2716
2717
2718
2719
2720
2721
2722
2723
2724
2725
2726
2727
2728
2729
2730
2731
2732
2733
2734
2735
2736
2737
2738
2739
2740
2741
2742
2743
2744
2745
2746
2747
2748
2749
2750
2751
2752
2753
2754
2755
2756
2757
2758
2759
2760
2761
2762
2763
2764
2765
2766
2767
2768
2769
2770
2771
2772
2773
2774
2775
2776
2777
2778
2779
2780
2781
2782
2783
2784
2785
2786
2787
2788
2789
2790
2791
2792
2793
2794
2795
2796
2797
2798
2799
2800
2801
2802
2803
2804
2805
2806
2807
2808
2809
2810
2811
2812
2813
2814
2815
2816
2817
2818
2819
2820
2821
2822
2823
2824
2825
2826
2827
2828
2829
2830
2831
2832
2833
2834
2835
2836
2837
2838
2839
2840
2841
2842
2843
2844
2845
2846
2847
2848
2849
2850
2851
2852
2853
2854
2855
2856
2857
2858
2859
2860
2861
2862
2863
2864
2865
2866
2867
2868
2869
2870
2871
2872
2873
2874
2875
2876
2877
2878
2879
2880
2881
2882
2883
2884
2885
2886
2887
2888
2889
2890
2891
2892
2893
2894
2895
2896
2897
2898
2899
2900
2901
2902
2903
2904
2905
2906
2907
2908
2909
2910
2911
2912
2913
2914
2915
2916
2917
2918
2919
2920
2921
2922
2923
2924
2925
2926
2927
2928
2929
2930
2931
2932
2933
2934
2935
2936
2937
2938
2939
2940
2941
2942
2943
2944
2945
2946
2947
2948
2949
2950
2951
2952
2953
2954
2955
2956
2957
2958
2959
2960
2961
2962
2963
2964
2965
2966
2967
2968
2969
2970
2971
2972
2973
2974
2975
2976
2977
2978
2979
2980
2981
2982
2983
2984
2985
2986
2987
2988
2989
2990
2991
2992
2993
2994
2995
2996
Tue Dec 24 15:20:58 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.4-961224

	* configure.in: charがunsignedかどうかもチェック

	* regex.c (SIGN_EXTEND_CHAR): __CHAR_UNSIGNED__にも対応

	* pack.c (pack_unpack): 明示的にsigned charを指定.

Mon Dec 23 14:41:23 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.c (load_file): 標準入力からのスクリプトで一時ファイルを使わ
	  ないように

	* object.c (f_integer): `0x', `0'などでbaseを解釈するように.

Fri Dec 20 01:44:39 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* Makefile.in (flock.o): flockに対応

Thu Dec 19 20:13:32 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.4-961219

Wed Dec 18 00:06:48 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* glob.c (glob_filename): strrchrがマクロの場合に対応

	* configure.in: <sys/select.h>をチェック

	* ext/kconv/kconv.c: 1.62ベースに

	* ext/kconv/kconv.c: Kconvモジュール

	* string.c (str_substr): lenが元の文字列より長い時に対応

	* parse.y (iterator): 「$bar do .. end」などは許さないように

	* parse.y (iterator): FID(foo!,foo?)をdo形式のイテレータにできる.

	* missing/flock.c (flock): lockf()を使って代替

	* file.c (file_flock): flockを実装

Tue Dec 17 12:13:38 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.4-961217

Fri Dec 13 02:05:03 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* configure.in: RUBYLIBのカレントを後回し(@mix/awk offline)

	* dln.c: AIXに対応した?(@mix/awk offline)

	* eval.c (thread_schedule): critical sectionでも明示的なコンテキス
	  トスイッチは起きないとまずい

	* re.c (reg_search): matchに失敗した時に$~をnilに.

	* re.c (reg_search): 毎回matchを生成するように

Thu Dec 12 17:03:30 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* numeric.c (flo_to_s): 2.0.to_s -> 2.0に

	* eval.c (thread_save_context): $_, $~をthread毎に保存

	* eval.c (thread_kill): main threadではexit(0)

	* string.c (str_split_method): 間違った結果を返していた

Thu Dec 12 15:32:48 1996  WATANABE Hirofumi  <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp>

	* dir.c: CYGWIN32対応

	* ext/socket/socket.c: CYGWIN32対応

	* io.c: CYGWIN32対応

Thu Dec 12 14:43:51 1996  Jun Kuroda  <j_kuro@pluto.ai.kutech.ac.jp>

	* lib/tk.rb: wish4.2も探索候補に含める

	* config.guess: JCC対応

Thu Dec 12 00:41:17 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.4-961212

	* parse.y (parse_string): """..."""はやはり無くすことにした

	* parse.y (parse_regx): %r|...|でterminatorを \ でエスケープできる
	  ように

	* signal.c (posix_signal): sigactionを使うsignal

	* configure.in: posix signal/bsd signalの検出

Wed Dec 11 17:47:35 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_schedule): critical sectionではコンテキストスイッ
	  チが起きないように

	* lib/thread.rb: SharedMutexクラス

	* lib/jcode.rb: String#scanを使うように

Tue Dec 10 12:21:28 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961210

	* string.c (str_split_method): 正規表現に()を含む時にバグ

	* lib/jcode.rb: ちょっとましになった

	* string.c (tr_setup_table): 置換文字が短すぎる(2文字)のときのバグ

Mon Dec  9 11:38:04 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_scan): 文字列のマッチを行う.イテレータとしても動
	  作する

	* regex.c (re_copy_registers): allocatedが初期化されていなかった

	* re.c (match_to_s): $~の文字列化

	* re.c (match_to_a): $~を配列化できるように

	* re.c (match_getter): レジスタが初期化されていなかった

Thu Dec  5 11:06:10 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_split_method): マッチしなかった括弧は空文字列を
	  pushするべきではない

	* string.c (str_succ): アルファベットを含まない文字に対応

Wed Dec  4 10:48:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961204

	* io.c (io_binmode): DJGPPでのbinmode対応

	* sprintf.c (f_sprintf): intの範囲の数値は直接sprintfで変換する

	* sprintf.c (f_sprintf): "%02s"に頼らない

	* re.c (reg_search): indexでSEGV

Tue Dec  3 10:09:36 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961203

	* ext/extmk.rb.in (install): INSTALL_DATAからINSTALLに変更

	* dln.c: hpux対応

	* string.c (str_aset_method): 負の値を含む範囲でも例外を起こさない

	* array.c (ary_replace): 負の値を含む範囲でも例外を起こさない

	* array.c (beg_len): beg==endの時,長さ0に

Mon Dec  2 14:07:12 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* configure.in: HP shl対応

	* string.c (str_upto): beg > endの時無限ループに落ちるのを止めた

	* range.c (range_each): String#uptoが再定義された場合に対応

	* string.c (str_split_method): "ABC".split(/(B)/)が誤動作

Sat Nov 30 01:43:52 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): undefでSEGV

Fri Nov 29 12:17:59 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): %Q#..#などに対応.しか
	  し,区切り文字が演算子で行末にある場合には対応できなかった.

	* re.c (reg_raise): 例外でもスラッシュをエスケープ

	* re.c (reg_inspect): スラッシュをエスケープ

	* parse.y (parse_string): `%[QqXxRr](.)..\1'なる文字列形式(テスト
	  採用)

	* parse.y (parse_qstring): '''...'''の形式

	* ext/dbm/dbm.c (Init_dbm): 述語key?,value?の追加

	* ext/dbm/dbm.c (Init_dbm): includes->include?

	* hash.c (Init_Hash): 述語key?,value?,include?の追加

	* eval.c (rb_eval): else節が実行されない(うーん)

	* string.c (str_sub_iter_s): イテレータブロック内でマッチが行われ
	  ると位置がずれる(時に無限ループに落ちる)

	* string.c (str_resize): lenが0の時sizeの調整が行われなかった

Thu Nov 28 00:59:54 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961128

	* parse.y (parse_string): 3-quote styleの文字列(例:"""abc"d"e""")

	* configure.in (EXTSTATIC): extを静的にリンクする時にはrubyはdllを
	  使うように

	* io.c (Init_IO): getsの引数が間違っていた

	* string.c (str_each_line): RSを明示的に指定できるように

Wed Nov 27 12:37:46 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961127

	* eval.c (rb_eval): iver defined? でselfを指定するのを忘れた

	* io.c: gets等でRSを明示的に指定できるように

	* ext/extmk.rb.in (install): static linkに失敗

Tue Nov 26 10:33:04 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961126

	* string.c (str_sub_s): 置換後の文字列長さが間違っていた

Mon Nov 25 09:11:22 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* numeric.c (fix_rshift): 32以上の右シフトで0を返すように(Cの
	  rshiftは(x>>(y%32))を返していた).

	* string.c (str_gsub): 置換が行われない場合があった

	* string.c (str_resize): 本当に必要な時だけrealloc

Thu Nov 21 04:13:21 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* configure.in (EXTSTATIC): --with-static-linked-extで全てのモジュー
	  ルを静的リンクするように

	* pack.c (pack_unpack): 行末の改行がない時にもチェックサムをスキッ
	  プするように 

Wed Nov 20 96 21:42:51 1996  Yasuo OHBA  <jammy@shljapan.co.jp>

	* configure.in: freebsd対応

Wed Nov 20 10:24:24 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/extmk.rb.in (install): 通常リンク用のLDFLAGSとダイナミックリ
	  ンク用のDLDFALGSを分離

	* ext/extmk.rb.in (install): コンパイルの成功したものを静的リンク
	  のリストに追加する

	* eval.c (f_missing): オブジェクトの文字列表現が長すぎる時バッファ
	  を書き潰していた

	* process.c (proc_exec_v): forkした後例外を発生させてはいけない

Tue Nov 19 13:28:15 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961119

	* eval.c (mod_method_defined): Module#method_defined? の追加

	* parse.y (call_args): 引数が唯一のコマンドコールである時のバグ(戻
	  り値が展開されてしまう)

Mon Nov 18 13:28:18 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_sub): 失敗した時にnilを返していた

	* string.c (str_split_method): 検索開始位置が移動してなかった

	* ext/socket/socket.c (sock_s_getservbyaname): まだ間違っていた

	* version 0.99.3-961118

	* string.c (str_sub_s): 元の文字列を置換するのを止めた

	* pack.c (encodes): 領域外をアクセスしていた

Fri Nov 15 17:10:35 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* bignum.c (big_divmod): Bignumが引数の場合の対応忘れ

	* sample/ruby-mode.el (ruby-expr-beg): word?形式への対応が不完全

Wed Nov 13 15:42:40 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_tr_s_bang): tr_sでtrが行われていなかった

	* eval.c (rb_eval): autoloadクラスのチェック

	* string.c (f_sub): subがsub!と同じ動作になっていた

	* eval.c (thread_sleep): stopとsleepの分離

Mon Nov 11 13:53:19 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961111

	* numeric.c (fix_step): to, stepが整数以外の場合に対応

	* eval.c (rb_call): dynamic varがdynamic scopingになっていた(これ
	  はまずい)

	* string.c (str_chop_bang): 長さ0の文字列のchopで,領域外のアクセ
	  スが発生していた.

	* parse.y (yyerror): 割り当てた領域外をアクセスしていた

Fri Nov  8 11:54:46 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_yield): scopeをheapにコピー

Thu Nov  7 09:56:53 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* numeric.c (num_coerce): とりあえず両辺をFloatに変換することに

Wed Nov  6 10:45:13 1996  Yasuo OHBA  <jammy@shljapan.co.jp>

	* lib/parsearg.rb: 第2引数を変更.

Tue Nov  5 14:21:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961105

Sat Nov  2 01:11:40 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* bignum.c (big_pow): typo (dy -> dx)

	* bignum.c (big_divmod): 知らない型はfloatに変換してみる

	* numeric.c (fix_lshift): 境界条件のバグ(負になっていた)

	* bignum.c (big_pow): 無駄なfloatへの変換をなくした

	* math.c (math_atan2): typo(x -> y)

Fri Nov  1 15:30:59 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/socket/socket.c (sock_gethostname): gethostnameがない時には
	  unameを使ってホスト名を得る

	* ext/etc/etc.c (etc_getlogin): getloginがNULLを返しても環境変数を
	  調べるように

	* object.c (krn_clone): オブジェクトのフラグもコピー

	* hash.c (rb_cmp): ハッシュの比較を`=='でなく`eql?'に変更

	* math.c (Need_Float): Float()を使って変換する

	* compar.c (cmp_gt): 以前の右辺を返す仕様の名残が残っていた

Thu Oct 31 12:55:51 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961031

	* numeric.c (Init_Numeric): typo

	* eval.c (error_print): 長すぎるtrace backを途中省略する

	* regex.c (re_compile_pattern): 全角のrangeに対応

Wed Oct 30 03:03:18 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.3-961030

	* io.c (f_ungetc): 関数を追加

	* eval.c (dyna_var_asgn): return値忘れ

Tue Oct 29 10:05:28 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (f_split): 関数splitを追加

	* eval.c (rb_call): ネストした外側のクラス/モジュールの定数を参照
	  できるように

Mon Oct 28 09:51:03 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_sub): offsetが文字の末尾にある時のチェック

	* regex.c (re_match): 割り当てるレジスタの数が1多かった

	* io.c (io_gets): $/ = ""の動作をperlに合わせる(awkとはちょっと違
	  うらしい)

	* io.c (io_gets): $/ = nilの時少し高速化

	* string.c (str_split_method): 括弧がnullにマッチした時にも無視し
	  ないように

	* string.c (str_split_method): 括弧にマッチした分はlimitの数に含め
	  ないように.

	* numeric.c (num_coerce_bin): coerceの定義を変更,2要素の配列
	  [x,y]を返すように

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): "do |aa|"の対応を改
	  善した.

Sat Oct 26 01:43:51 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): ビルトインクラスのサブクラスを
	  正しく復旧できるように

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): ユーザ定義dumpの優先

	* numeric.c (flo_coerce): Float()を使って定義

	* numeric.c (Init_Numeric): Numericのnewのundefはまずい

	* ext/marshal/marshal.c (w_symbol): シンボルの内容(文字列)は一度し
	  かファイルに書き出さない.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): if/while修飾子に対応し
	  なくなっていた

	* bignum.c (Init_Bignum): Bignum.newを除く

	* eval.c (rb_eval): 引数評価後にファイル名と行番号を再設定

	* numeric.c (flo_div): typo

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): def /, def `に対応

Fri Oct 25 09:26:29 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): "do |aa|"に対応

	* array.c (ary_aset): indexがfixnumの場合ちょっと高速化

	* eval.c (thread_fd_writable): 書き込み前のselectチェック

	* array.c (ary_assoc): 無限ループに落ちた

	* eval.c (thread_wait_for): selectがエラー終了した時,linux以外で
	  の動作が正しくなかった.

Thu Oct 24 08:26:48 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (backtrace): `$@'を文字列から配列に変更した.

	* eval.c (eval): eval中の例外発生位置を保存する

	* bignum.c (bigsub): オペランドの大小比較の失敗

	* re.c (reg_search): 直接参照がない時にも`$~'がセットされるように

Wed Oct 23 10:40:10 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-961023

	* ext/marshal/marshal.c (r_bytes): mallocをやめ,allocaを使う

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 括弧の対応を変更.
	  ()内ではインデントをレベルを合わせるように

Tue Oct 22 12:59:11 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* hash.c (hash_s_new): sizeを指定できるように

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): dumpする深さ制限を指定できるよ
	  うに

	* array.c (ary_s_new): sizeを指定した時の初期化忘れ

	* object.c (f_float): big2dblの宣言忘れ.

	* bignum.c (bigsub): 大きさの近いBignum同士の演算で結果が負になる
	  場合に間違いがあった.

	* array.c (ary_aset): 置換先と置換元が同じ長さの時内容を
	  shift(memmove)しないように.

	* ext/marshal/marshal.c (marshal_dump): ファイルフォーマットにバー
	  ジョンを埋め込むように

	* ext/marshal/marshal.c (tmpnam): linux-aout-dln用に定義

Mon Oct 21 08:40:20 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/socket/socket.c (sock_s_gethostbyname): hostent構造体の情報
	  を返す
	  (sock_s_gethostbyaddr): IPアドレスからhostent構造体を得る
	  (sock_s_getservbyaname): getservbyname(3)

Fri Oct 18 10:37:36 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): 移動先カラムが負になるバグ

	* eval.c (compile): evalで元ソースの行番号でエラーを表示する

Thu Oct 17 09:52:28 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (eval): evalで文法エラーがあった時にSEGV

	* lib/safe.rb: Restricted.evalの中だけ制限を加える.

	* eval.c (error_print): バックトレースの出力.callerで例外発生位置
	  を調整した時に問題が出る(そんなことをしなければ良いのだが…)

	* eval.c (make_backtrace): バックトレースの生成

Wed Oct 16 12:56:22 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby-man-0.99.2-jp/index.html: 日本語版ドキュメントの完成(長かった…)

	* re.c (reg_regcomp): $=がnilの時の処理

	* string.c (f_chop): $_に対するchop

Tue Oct 15 11:04:23 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-961015

Mon Oct 14 18:22:38 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_schedule): BOW対応.selectが-1を返した時にバグ(実
	  はdo .. whileがcontinueで先頭にジャンプすると思い込んでいた.条
	  件の直前だったのね ^^);;;;;

	* sample/ruby-mode.el (ruby-mode-syntax-table): ?のsyntaxが"/"では
	  まずいらしい

	* hash.c (rb_hash): name conflict

Fri Oct 11 00:23:05 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-961011

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): 結局動いていなかった循環オブジェ
	  クト対応を外した.

	* hash.c (rb_hash): Fixnumと文字列の高速化

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): 無駄なデータの削除(フォーマッ
	  トの非互換性)

	* io.c (io_readline): 戻り値の不備

	* ext/marshal/marshal.c (marshal_dumps): MSDOS対応

	* ruby.c (load_file): MSDOS対応

Wed Oct  9 17:46:27 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/extmk.rb.in (install): 無駄なコピーを避ける

	* string.c (str_sub_method): マッチがなかった時のString#subの値が
	  違っていた.

	* eval.c (obj_extend): extendした時にobject_extendedを呼ぶように

Tue Oct  8 00:55:38 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_alloc): 割当の平均化

	* eval.c (thread_schedule): joinのバグを修正

	* eval.c (thread_wait_for): selectへの割込みなどに対応

	* eval.c (thread_select): linuxのselectの挙動に対応(timeoutが変化
	  する)

Mon Oct  7 09:47:19 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-961007

	* eval.c (PUSH_BLOCK): the_classの保存を忘れていた.

	* ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): sizeの保存する場所が間違っていた

	* ext/socket/socket.c (s_accept): thread対応していなかった

Sat Oct  5 01:32:27 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* io.c (io_readchar): EOFで例外を発生させる

Fri Oct  4 11:59:54 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/marshal/marshal.c (w_object): HashとObjectの復旧に必要なハッ
	  シュテーブルが渡されていなかった.

	* variable.c (rb_path2class): ユーザ定義クラスの復旧に失敗していた

	* variable.c (rb_path2class): クラスが存在しない時のエラーをFatal
	  からNameErrorへ.

	* range.c (range_s_new): first,lastが両方Numericの時エラーになって
	  いた.

	* range.c: start->first, end->last

Wed Oct  2 02:02:46 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c: DJGPPでchmod,chownを使えるように(ってDOSにchownがあるのか?)

	* class.c (rb_singleton_class): ビルトインクラスもextendしたり特異
	  メソッドを追加したりできるように

	* variable.c (rb_set_class_path): ユーザ定義のトップレベルクラスに
	  pathを設定しない

	* eval.c (eval): 例外がRuntimeErrorに化けていた

	* eval.c (eval): eval中の例外の表現の改善

	* eval.c (eval): eval_with_bindingとの一本化

	* eval.c (rb_eval): クラス/モジュール定義の中から定義中のクラス/モ
	  ジュールが参照できるように

Tue Oct  1 01:40:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-961001

	* parse.y: cur_crefが2度宣言されていた

	* signal.c (trap): SIGSEGV,SIGBUSのない機種に対応

	* io.c (Init_IO): 引数タイプの指定間違い

Mon Sep 30 15:28:00 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-960930

	* config.guess,config.sub: $host_osが正しく設定されない

	* eval.c (rb_eval): yieldで正しくないselfが設定されていた

	* eval.c (ruby_run): toplevelの例外処理のバグ
	
Mon Sep 30 09:13:26 1996  WATANABE Hirofumi  <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp>

	* djgpp対応

Sat Sep 28 02:45:10 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-960928

	* sample/ruby-mode.el (ruby-beginning-of-block): ブロックの先頭に
	  移動(正しくインデントしていないと動作しない)
	  (ruby-end-of-block): 同上

	* eval.c (class_s_new): Class#newがイテレータとして呼ばれた時は
	  initializeもイテレータとして呼ばれるように

	* signal.c (sigsegv): SEGVでbacktraceを表示するように

Fri Sep 27 09:51:07 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-960927

	* eval.c (error_print): 引数のないraiseでメッセージが正しく表示さ
	  れるように.

	* eval.c (rb_longjmp): mesgがnilの時RuntimeErrorを生成する.

	* eval.c (f_raise): 引数がない時に対応

	* eval.c (thread_mark): stack上にないデータのアドレス変換を行って
	  いた.

	* eval.c (Init_Thread): 割込みの間隔が1秒と長すぎた.

Thu Sep 26 16:02:45 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_schedule): 一度ペンディングになるとフラグがクリア
	  されていなかった.

	* process.c (rb_proc_exec): system/execの引数が空文字列であった場
	  合,例外を発生すべきだった.

	* config.sub/config.guess: 新しいものに置き換え

Thu Sep 26 15:41:35 1996  WATANABE Hirofumi  <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp>

	* io.c (next_argv): -i.bakをBOWとDOSに対応.

Thu Sep 26 01:31:43 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* io.c (io_sysread): EOFで例外

	* io.c (f_readline): EOFで例外を発生するように.getsは互換性のため
	  nilを返すままにする

	* eval.c (proc_call): lambdaからのreturnでIN_BLOCKフラグが立ったま
	  まだった

	* eval.c (PUSH_BLOCK2): threadに対応するためBlockを一度stackにコピー

Wed Sep 25 11:54:11 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (method_call): Const::method()形式を使えるようにしてみた.
	  引数括弧は省略できない.

	* sample/test.rb: Process.killの存在を確かめてからテストを行う

	* eval.c (eval_with_binding): 第2引数としてbinding(またはlambda)を
	  与えるとその環境でevalを実行するようにした

	* eval.c (f_binding): 現在のbindingを返す関数

	* eval.c: block構造体にthe_classを保存するメンバを追加

	* process.c (Init_process): kill,wait,waitpidをProcessに移動

Tue Sep 24 02:44:43 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el: いろいろ問題が多いので以前の高速化は破棄.
	  別のアプローチを使った.

	* lib/tk.rb (Tk.pack): 複数のウィンドウを受け付けるpack

Sat Sep 21 11:08:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (exprs): 空文も受け付けるように文法を変更.今までは改行
	  の連続だけが許されていた.

Fri Sep 20 11:39:18 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* Failの大半を名前つき例外に変更.

	* re.c (Init_Regexp): 名前つき例外を導入.

	* eval.c (f_missing): Objectはinspectしない.

	* object.c (inspect_i): Object#inspectでloopに対応.

	* regex.c (re_search): /^$/が""にマッチしなかった.

Thu Sep 19 19:25:12 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* regex.c (re_search): /^$/が非空行にマッチしていた.

Tue Sep 17 10:28:11 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-960917

Mon Sep 16 10:47:56 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 演算子継続の場合の
	  文字列の判定のバグ

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): elseなどの次の行の
	  インデント計算を正しく.

Sat Sep 14 08:37:19 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.2-960914

Fri Sep 13 08:06:03 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/socket/socket.c (tcpaddr): port番号にntohsをつけ忘れ

	* dln.c (link_undef): テーブルの種類が間違っていた.

	* bignum.c (bigadd): 引き算が発生する時に計算違いが起きていた.

	* parse.y (iter_do_block): do..endでもdynamic variableを.

	* bignum.c (big_pow): より正確な計算を(整数同士ではfloatに変換しな
	  い).

Thu Sep 12 13:11:55 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* variable.c (rb_set_class_path): Stringクラスが初期化される前に
	  Stringを作っていた.組込みクラスにはpathはいらない

	* parse.y (yylex): 0.1が0になっていた

	* parse.y (yylex): 行番号の不整合

	* gc.c (oblist_live_obj): 今「生きている」全部のオブジェクトを返す
	  イテレータ.そのクラス(またはサブクラス)の全部のインスタンスを返
	  すeach_object_ofも定義した.

	* class.c (rb_define_class_id): 無駄なクラスを割り当てていた.結果
	  として未初期化のクラスオブジェクトが存在していた.

Wed Sep 11 00:56:23 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (yylex): octalの定数の検出をより正確に(090はエラーとか).

	* bignum.c (big_minus): yがxより大きい場合にエラー.

	* parse.y (yylex): エラー行番号の表示をより正確に

	* sample/ruby-mode.el (ruby-expr-beg): 変数名が1文字の時誤動作して
	  いた.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): ?/でループに落ちい
	  たバグを修正.

	* enum.c (enum_min,enum_max): sortのようにイテレータとしても動作す
	  るように.

	* enum.c (enum_find_all): typo

Tue Sep 10 12:07:12 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* node.h (nd_line): NODEのlineをflagsに押し込めてオブジェクトサイ
	  ズを小さくした.制限:32bit intのマシンの場合,ファイルの行数が
	  32767を越えると正常に表示されない.

	* st.c: hashとcompareの関数メンバを構造体にパック,クラス的な使い
	  方を行う.1 tableあたり4 byteの節約.

Mon Sep  9 16:35:54 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (file_truncate): 提供されない時には特別な例外を発生するよ
	  うに.

	* eval.c (Init_Proc): 不適切な位置のlocal-jumpを例外に.

Sat Sep  7 17:06:15 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (proc_call): まだスコープがスタック上にある時には局所脱出
	  を有効にする.これで,procを生成してcallすることは,スコープを脱
	  出しない限り,yieldと同じ意味を持つことになる.

Fri Sep  6 13:30:59 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): インデントが変わらない時に
	  はバッファを変更しない.
	  (ruby-calculate-indent): まず文字列の内部か判断してから,前の行
	  からパーズを行う.defunが大きくなった時の高速化.
	  (ruby-in-string-p): 文字列の内部かどうかを判断する関数(以前の
	  parseから分離)
	  (ruby-parse-region): 文字列に対する処理をはずす.
	  (ruby-beginning-of-block): ブロックの先頭に
	  (ruby-end-of-block): ブロックの末尾に(遅い…)

Thu Sep  5 14:23:07 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (file_s_split): [dirname,basename]にsplitする.

	* eval.c (rb_eval): evalの中でも定数の値が正しくなるように.これで
	  定数に関しては静的なスコープが保証されるようになった.

	* st.c (rehash): ハッシュ拡大の系数を2から1.79に.割算がより良い値
	  を返すように.

Thu Sep  5 00:32:07 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (class_superclass) クラスのスーパークラスを返すメソッド. 

Wed Sep  4 16:54:56 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* random.c (f_rand): Bignumやlongの範囲を越えるFloatに対する乱数も
	  発生できるように.

	* struct.c (struct_alloc): Fatalではなく例外を発生させるように(通
	  常の使用で発生しうる).

	* struct.c (struct_s_members): Structの特異メソッドではなく,生成
	  されたStructクラスの特異メソッドにした.

	* st.c (st_init_table): ruby専用にパラメタを固定にした(サイ
	  ズが減った)

Mon Sep  2 11:37:59 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c (ary_shift): capaがあまりにも大きい時には領域をREALLOC
	(ary_pop): 同上

	* string.c (str_inspect): multibyte character 対応にミス.
	(str_inspect): unsigned charにしないと符号展開されてしまう

	* parse.y (primary): `::'をprimaryに移動 Foo::Bar.Bazがエラーにな
	  らないように.
	
	* parse.y (primary): オペレータ形式の特異メソッドが定義できない

	* random.c (f_rand): maxが0の時に対応

	* io.c (io_printf): 関数を定義していたがインタプリタに登録していな
	  かった.

	* file.c (file_s_basename): 第2引数が無い時にエラー.

Thu Aug 29 10:49:40 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (expr): イテレータの新形式に「method do .. end」形式を採
	  用した.もちろん昔の形式も有効.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): endの数の方が多い場
	  合にもエラーを起こさないように.

Wed Aug 28 09:41:36 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* numeric.c (upto,downto,step,times): 対象がfixnumの範囲を越えても
	  動作するように.

Mon Aug 26 10:04:37 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* missing/setenv.c (envix): typo(missing `== 0' for memcmp)

	* dir.c (dir_foreach): foreach(dir open -> read loop -> closeまで)

	* io.c (io_foreach): foreach(file open -> read loop -> closeまで)

	* Fatalのうち捕捉可能ないくつかを例外に.

Sat Aug 24 23:56:37 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* bignum.c (bigdivmod): FIX2INT -> INT2FIX 大間違い

Fri Aug 23 18:13:03 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* regex.c (re_free_registers): allocateしていない時には当然 free 
	  してはいけない.

Thu Aug 22 01:20:35 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_create): 外側から強制終了させられたthreadは
	  cleanupする必要が無い.

Wed Aug 21 09:57:28 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_create): threadを終了させた大域脱出の情報を
	  main_threadに渡すように.

	* parse.y (call_args): 最終引数に括弧を省略したメソッド呼出しを置
	  けるように(例: print foo bar, baz == print(foo(bar,baz)))

Tue Aug 20 13:37:16 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (masign): 多重代入とrest引数の動作を合わせて空の配列を代
	  入するように.

	* parse.y (arg): defined?の強度をもうちょっと強く

	* eval.c (error_print): -wで例外名も表示するように

	* eval.c (rb_eval): 新構文に対応
	(handle_rescue): 捕捉する例外を kind_of? で同定

	* parse.y (primary): rescueの構文を変更(同定引数の追加,複数rescue)

	* Fail()のかなりを適当な例外を使うように

	* eval.c (thread_interrupt): Interrupt(今はnon-local jump)は
	  main-threadに送られるように.

	* eval.c (rb_longjmp): $! の内容を文字列から例外クラスに変更
	(rb_raise): rb_fail から名称変更
	(rb_interrupt): 例外化
	(rb_exit): 例外化

	* error.c (Init_Exception): 例外クラスの新設(文字列のサブクラス)

Mon Aug 19 19:40:52 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (trap): 古いハンドラを返すように.

Wed Aug 14 00:07:18 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_trap_eval): ハンドラのためにthreadをforkすることを止
	  めた.

	* eval.c (thread_mark): thread毎の $!, $@ をマークし忘れ

	* ext/dbm/dbm.c (fdbm_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素
	  が無ければブロックを評価する.

	* hash.c (hash_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素が無けれ
	  ばブロックを評価する.

	* array.c (ary_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素が無けれ
	  ばブロックを評価する.

	* eval.c (rb_interrupt): SIGINTのデフォルトをexitから特別な大域脱
	  出に.やはり割り込まれた位置の表示が無いのは寂しいので.

Tue Aug 13 01:34:00 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_exit): sub-thread内でのexitもstatusを保存するように
	(thread_create): 自thread内のexitに対応

	* signal.c (sighandle): SIGINTのデフォルトハンドラはexitするように
	  (以前は例外を発生していた).

	* 例外の一部をFatalに.

	* string.c (str_aset): 文字列の置換の対象が部分文字列でなかった時,
	  例外を発生させないように

	* eval.c (proc_call): Procの中からbreak/nextは通し,他のものは通さ
	  ないように

Mon Aug 12 14:15:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (krn_type): 文字列を返す

	* eval.c (thread_create): sub-thread内でのexitに対応

	* numeric.c (fix_type): 文字列を返す

	* io.c (f_p): デバッグ用データ表示メソッド

	* eval.c (f_missing): nil/TRUE/FALSEを特別扱い

	* string.c (str_inspect): 長い文字列を短縮表示.inspectの働きを
	  human readable stringの生成に統一(re-generatable string は正式に
	  無くなった).

Sat Aug 10 16:54:21 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (Init_Object): kernel/nil/false/trueのクラス名を変更(小
	  文字に),rubyスクリプトからアクセスできないように.

	* eval.c (rb_eval): CONSTANTのアクセス先を単純化.crefを使わない.

	* eval.c (f_eval): 特異メソッド内でも定数の値が正しくなるように

Fri Aug  9 12:23:17 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c (ary_concat): append -> concat Stringに合わせた

	* parse.y (yylex): `$;'が使えなかった.

	* array.c (ary_push_method): 複数引数を受け付けるように.
	(ary_unshift): 複数引数を受け付けるように.

	* io.c (io_popen): IO.popenでcommand pipeが開けるように.

	* object.c (Init_Object): KernelとNilをruby scriptからアクセスでき
	  ないように.

Thu Aug  8 01:21:47 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (f_integer): 整数への変換関数
	(f_float): 実数への変換関数
	(f_string): 文字列への変換関数
	(f_array): 配列への変換関数

	* bignum.c (big_to_i): FIXNUMの範囲でない時はBignumのまま返すよう
	  に変更.

Wed Aug  7 09:28:38 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99.1-960807

	* parse.y (mlhs): 「*foo = 1,2,3」タイプの多重代入も可能に.

	* object.c (Init_Object): クラスTrue/Falseをruby scriptからアクセ
	  スできないように.

	* object.c (nil_inspect): inspect表現は"nil"に

	* io.c (io_print): nilのprintをnilに.

	* object.c (nil_to_s): nilの文字列表現を""に.

Tue Aug  6 01:12:32 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* dir.c (dir_s_open): file descripterが足りない時にはgcしてからも
	  う一度openしてみる.

	* io.c (rb_fopen): すべてのfopen()についてfile descripterが足りな
	  い時にはgcしてからもう一度openしてみる.

	* ext/socket/socket.c (Init_socket): 定数の追加.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): インデント後のカーソル位置
	  の調整を正しく.

	* gc.c (gc): 割込みチェックを行わない(Cコードの中で安心して
	  malloc()が使えなくなるので).

	* st.c (call_hash_func): signalとthreadによる割込みに対応.

	* sig.h (DEFER_INTS): 割込み禁止区間の指定

	* eval.c (f_require): threadによるrequireの競合に対応(最初の
	  requireが終了するまで他のthreadは待つ).

	* bignum.c (str2inum): 0x80000000の値が負になっていた

	* sprintf.c (f_sprintf): 文字列末尾,行末の単独の`%'に対応

	* bignum.c (big_cmp): 比較の結果が逆になる時があった.

Mon Aug  5 10:58:13 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* process.c (proc_exec_v): 例外のメッセージを分かりやすく.

	* ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): nilを格納すると要素の削除になる

	* ext/dbm/dbm.c: サイズをキャッシュ.

Sat Aug  3 01:52:52 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_fail): `fail'が引数無しで呼ばれた時だけ以前の`$@'を保
	  存するように.

	* eval.c (f_fail): frameの調整

Fri Aug  2 11:26:21 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/socket/socket.c (bsock_setopt): valとしてTRUE/FALSE/Fixnumも
	  受け付けるように.

	* ext/socket/socket.c (Init_socket): SO_REUSEADDR等の定数の追加

	* ext/md5/md5init.c: md5モジュール(初の複数ファイルからなるモジュー
	  ルでもある)

	* ruby.h (Make_Data_Struct): Data: objectのinstance変数に格納 ->
	  Data型のObjectに(Dir,Time,Proc,Thread,DBM)

Thu Aug  1 11:38:44 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): valueが文字で無い時に対応

Wed Jul 31 10:53:42 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/socket/socket.c (open_inet): htonsが必要であった
	(tcpaddr): ntohlで変換した

	* process.c (rb_proc_exec): execvp -> execv

Tue Jul 30 17:48:33 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c: `$?'をthread localに

	* Makefile.in (install): install時にstripを行う

	* configure.in: install時のstripの検出

	* configure.in: NEXTSTEP対応

	* version 0.99.1-960730

Tue Jul 30 16:40:35 1996  SHIROYAMA Takayuki  <psi@fortune.nest.or.jp>

	* dln.c (dln_load): NeXT dln(mach-o)対応.configureは未対応

Tue Jul 30 09:46:51 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* process.c (f_system): 複数引数もとれるように

	* process.c (f_exec): 複数引数もとれるように

	* array.c (ary_append): 配列(またはEnum)の要素を破壊的に追加

	* array.c (ary_plus): Enumはその要素を追加

	* file.c (file_s_open): File.openを追加

	* struct.c (struct_new): FIX2INTを忘れていた

	* file.c (Init_File): exists? -> exist?

	* object.c (obj_is_kind_of): is_kind_of? -> kind_of?, is_a?

	* object.c (obj_is_instance_of): is_instance_of? -> instance_of?

Mon Jul 29 16:40:02 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (parse_regx): 式展開を行った場合,casefoldの設定ができて
	  いなかった.

	* object.c (true_type): TRUE/FALSEにtypeを実装.

	* parse.y (read_escape): 3文字以内のoctalに対応(\0とか)

Fri Jul 26 00:31:45 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c (ary_reverse_bang): in-placeで配列を反転させる
	(ary_sort_bang): in-placeでsortする
	(ary_sort): sortした配列を返すように
	(ary_delete_at): 指定した位置の要素を削除する

	* eval.c (rb_call): stack深さチェックを毎回は行わないように

	* error.c (Warning): 実行中のwarningが表示されていなかった

	* eval.c (compile): 例外発生を分離.

	* eval.c (f_eval): 変数rb_in_evalを正しく管理するように

	* ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): 格納するkeyを文字列に変換

	* eval.c (rb_call): 無限再帰のチェックを大域脱出を行うC methodにも
	  対応させた.threadのstack深さチェックルーチンを流用.

	* parse.y (yylex): 第1引数のunary -/+の判定が間違っていた.

	* parse.y (yylex): unary +で数字を余計に読んでいた(ex. +5 -> 55)

Thu Jul 25 12:15:04 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (yylex): 曖昧でない引数に対して警告を出していた.

	* eval.c (iterator_p): 引数で呼んでも正しい結果を返すように.

	* parse.y: break/next/redo/retryのメソッド化.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): nestのチェックミス

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 予約語のチェックを強化

	* parse.y (primary): unless/untilの復活

Tue Jul 23 18:50:10 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c (Array#empty?), Hash.c (Hash#empty?), ext/dbm/dbm.c (DBM#empty?):
	  空の判定述語

	* eval.c (f_unless): ifの逆をするイテレータ

	* eval.c (f_until): whileの逆をするイテレータ

	* parse.y: notの優先順位をand/orより高く

	* parse.y (expr): `!'を引数括弧を省略したcallでも有効に

Mon Jul 22 10:15:38 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960722

	* array.c (ary_print_on): OFSのNILチェックが不完全

	* ruby.c  (load_file): 標準入力からのスクリプトが空の時に対応.

	* ruby.c (proc_options): -wでは引数無しの時には標準入力からスクリ
	  プトをとる(-vではたんに終了する).

	* array.c (ary_compact): nilの要素を取り除くメソッド

	* array.c (ary_nitems): nilでない要素を数えるメソッド

Sun Jul 20 00:51:53 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.c (proc_options): -w optionを追加

	* parse.y: {}が閉じていない時には展開しない文字列を

Fri Jul 19 16:16:05 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960719

	* lib/find.rb: 石塚版(pruneの拡張付き)

	* file.c (test_l): lstatで調べないとね.

	* eval.c (f_throw): 第2引数を省略可能に.

	* parse.y (str_extend): {}のネストに対応

Thu Jul 18 18:25:46 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960718

	* parse.y (str_extend): 文字列中の式展開に \" ' ` / を含む事ができ
	  るように.

Tue Jul 16 15:55:31 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 正規表現内のエスケープ
	  に対応

	* version 0.99-960716

Fri Jul 12 10:06:19 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* io.c (f_select): 引数のclose check.

	* ruby.c (load_file): #!行の引数チェックを第1引数に限定(実をいうと
	  DOS改行対策)

Wed Jul 10 17:18:35 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960710

	* time.c (time_s_timegm/time_s_timelocal): 時間を生成するメソッド

Mon Jun 17 15:59:20 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960617

	* parse.y (yyerror): エラー表示の簡略化.

Wed Jun 12 14:11:01 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (rb_trap_exit): trap 0はthreadを生成せずに処理する.

Fri Jun  7 10:17:01 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c/hash.c (indexes): 配列1引数のパターンを無くした.配列の
	  場合は`*ary'を使ってもらおう.

	* eval.c (thread_wait_threads): main_threadが終了する前に他の
	  threadを待つ(強制的には終了させない).
	  (ruby_run): 他のthreadを待っている間にシグナルが来たら,全thread
	  を強制終了させる.

	* eval.c (rb_fail): メソッド名を`$!'に埋め込む.

	* eval.c (thread_create): main_threadのコンテクストがセーブされな
	  い場合があった.

	* process.c (f_sleep): 時間を指定せず,threadがひとつしかない状況
	  にも対応.

	* eval.c (thread_create): create後,fnを呼び出す前にcontext switch
	  が起きると違うcontextでfnが実行されてしまうバグ.

Mon Jun  3 08:03:17 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* struct.c (struct_s_def): メンバの指定を文字列,シンボル(FIXNUM)
	  双方で可能にした.

	* ext/etc/etc.c (Init_etc): 構造体オブジェクトをGCから保護した.

	* error.c (rb_sys_fail): nil/FALSEを引数として受け付けるように.

Thu May 30 16:19:08 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_select): EINTRに対応.

Wed May 29 11:04:51 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (f_catch): catch/throwを実装した.

Tue May 28 13:30:52 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960528

	* eval.c (thread_cleanup): main threadが終了すると他のthreadも終了
	  することの明確化.

	* signal.c (trap): SIGINTのデフォルトの設定ミス(本当にSIG_DFLでは
	  まずかった).rubyではちゃんとハンドルしないと.

	* eval.c (thread_interrupt): SIGINTはmain_threadに例外を発生させる
	  ように.

Mon May 27 15:13:31 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_status): threadの状態を返すメソッド.threadの終了
	  を待たない.

	* eval.c (thread_value): 一種のpromiseを実装するためのメソッド.

	* eval.c (thread_join): 待っているthreadが例外を起こした時には,
	  joinがその例外を発生するように.

	* eval.c (thread_create): threadでの例外をpropagateしないように.

Fri May 24 10:47:53 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* enum.c (Init_Enumerable): `size' as alias to the `length'

	* eval.c (thread_save_context): `$@', `$!'をスレッド毎にセーブ.

	* eval.c (superclass): エラー表示をより親切に.

Thu May 23 10:38:41 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.99-960523

	* eval.c (superclass): エラー時にスーパークラス名を(分かれば)表示
	  するように.

Wed May 22 19:48:42 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (superclass): スーパークラスの指定子を`:'から`<'に変更.

Tue May 21 09:27:59 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* lib/thread.rb: threadをサポートするクラス(Mutex, Queue).

Mon May 20 09:39:49 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* time.c (time_cmp): 浮動小数点数も扱えるように.
	(time_minus): Time - Timeが浮動小数点数を返すように.

Fri May 17 15:40:10 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* process.c (rb_proc_exec): Thread対応時にexecの直前に
	  ITIMER_VIRTUALをリセットする.

Tue May 14 02:12:44 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (sighandle): SIGINTに対してデフォルトで例外を発生させる
	  のをやめ,status 130でexitするようにした.

	* eval.c (thread_schedule): Threadのバグはほとんどとれたようだ.

Fri May 10 11:21:08 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (thread_schedule): ユーザレベルThread機能.効率はともかく
	  移植性はある.今後,thread間の通信機能を実装する予定.

Thu May  2 21:22:31 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* time.c (time_timeval): struct timevalを直接返すように(static変数
	  を使わない).

Wed May  1 17:27:32 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* process.c (f_sleep): 整数以外のtimeを指定できるように.

Thu Apr 25 08:19:15 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (file_s_dirname): ファイル名が"/"を含まない時,"."を返す
	  ように(GNU dirnameの仕様).

	* file.c (file_s_basename): まだnilと0を混同しているソースが残って
	  いた.

	* parse.y (exprs): エラーリカバリを追加.

Wed Apr 24 15:51:05 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_chop_bang): CRLFの場合2 bytesをchop!するように.

	* ext/socket/socket.c (tcp_svr_s_open): まだnilと0を混同しているソー
	  スが残っていた.

Tue Apr 23 18:14:25 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* pack.c (pack_pack): "A/a"のバグ.余計なpaddingが入っていた.

Thu Apr 18 13:02:11 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* configure.in: アーキテクチャ依存部を別ディレクトリにインストール
	  するように.

	* parse.y (yyerror): エラー発生時にエラー行とその位置を表示するよ
	  うに.

Wed Apr 17 14:22:42 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* defines.h: SAFE_SIGHANDLEを無くし,危険な選択はできないように.

	* io.c (io_ungetc): 新機能.

	* ruby.c (load_file): ファイルからの読み込み方式が変わったのに対応.

	* parse.y (compile_file): ファイルからの入力を一度全部読み込むのを
	  止めて,getsを使うことにした.

Wed Apr 10 17:40:11 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.98

Tue Apr  9 09:54:30 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (iter_block): イテレータブロックの指定をメソッド呼び出し
	  に限定.文法の明確化.

	* eval.c (rb_eval): 条件式の正規表現の比較をinline化.

	* eval.c (rb_eval): defined? の 定義情報(種別)を文字列で返す.

	* node.h: NODE_BEGIN -> NODE_RESCUE, NODE_ENSUREに分離.

	* eval.c (rb_eval): option -n/-pのトップレベルループのinline展開.

	* parse.y (cond0): 条件式中の文字列は比較の対象としない

Wed Mar 27 12:33:54 1996  Tairo Nomura <tairo@hucom.tp.titech.ac.jp>

	* defines.h: NeXT対応

Wed Mar 27 10:02:44 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y: 予約語の変更 continue -> next

Mon Mar 25 07:34:37 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (parse_regx): o(once)オプションを追加.

Fri Mar 22 14:25:35 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.97d

	* eval.c (dyna_var_defined): 動的ローカル変数の定義チェック用ルー
	  チン.

	* parse.y (gettable): eval()の中での動的ローカル変数(既に値を持っ
	  ているもの)の検出に失敗していた.

Tue Mar 19 10:46:47 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.97c

	* re.c (reg_s_new): compile時にsegmentation fault.

	* parse.y (str_extend): いつもevalするように.

Wed Mar 13 11:00:42 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (str_extend): 文字列中の式展開の不備を無くした.

	* parse.y: 下手なエラーリカバリを外した.

Tue Mar 12 12:30:20 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rescue): 間違ってensureでも例外を捕捉していた.

Wed Mar  6 12:11:03 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (var_extend): 変数展開"#{}"で,任意の式を書けるようにし
	  た,これで「変数」展開では無くなっちゃったなあ.

	* regex.c (init_syntax_once): `_'をwordに追加.

	* regex.c (re_compile_pattern): `\w',`\W'の判定をsyntax tableを使
	  うように.

Tue Feb 27 10:15:32 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (obj_inspect): 表示するインスタンス変数が無い時には,
	  to_sを使う.

	* configure.in: dlnの検出を自動的に.

Mon Feb 26 19:55:33 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.c (readin): read(2)で一度にファイルが読み込めない場合に対応.

Sat Feb 24 14:47:18 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.97b

Fri Feb 23 11:26:02 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* class.c (rb_define_module): C言語で定義されたモジュールのPATHの
	  設定忘れ.文字列化でcore dump.

	* eval.c (mod_include): 戻り値をnilに.

	* version 0.97a

Thu Feb 22 21:03:42 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* array.c (ary_times): 「配列*文字列」がjoinと同じ働きをするように.

Wed Feb 21 11:18:09 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* configure.in : fileCountをcache.

	* configure.in : LinuxでELF環境を自動的に検出できるよう.

Tue Feb 20 11:18:09 1996  Mitsuhide Satou  <mit-sato@aries.bekkoame.or.jp>

	* FreeBSD dynamic link対応.

Fri Feb 16 08:50:01 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (obj_inspect): インスタンス変数を持たないオブジェクトも
	  正しく表示されるように.

Wed Feb 14 16:56:44 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): 条件式の`2..2'など左辺成立直後に右辺が成立する
	  パターンにバグ.

Tue Feb 13 18:22:22 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.97

Fri Feb  9 21:32:55 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* lib/tkscrollbox.rb: スクロールでtclの設定を行い,ruby<->wishの不
	  要な通信を無くした.

Wed Feb  7 10:26:52 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_aref): indexをunsigned intでとっていた.

	* string.c (str_aref): 範囲外のindexに対してnilを返す.

	* parse.y (special_local_set): `$_'が宣言無しに使われた場合に対応.
	  関数をvariable.cから移動.

	* string.c (str_sub): 置換開始位置が間違っていた.

Tue Feb  6 16:17:31 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): コメントの読み飛ばしの
	  バグ.

Fri Feb  2 18:35:28 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* variable.c (lastline_get): `$_'を`$~'と同じようにSCOPEローカルな
	  変数にした.

Thu Feb  1 14:14:07 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c: statのcacheをやめた.

Wed Jan 31 07:13:08 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (proc_s_new): procの中でyieldを呼ばれた時にcore dumpして
	  いた.とりあえず例外を発生させる.

	* variable.c (rb_class2path): singleton classに対応.

	* ext/etc/etc.c (Init_etc): struct_defineのターミネータがnilだった
	  (0でなければならない).

	* ext/marshal/marshal.c: TRUE/FALSEを吐き出せるように.

	* eval.c (rb_get_method_body): キャッシュのalias対応,いままでは
	  aliasはキャッシュに入っていなかった.

Tue Jan 30 09:55:13 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): NODE_BLOCK - tail recursive(というほどでもない
	  が).

	* io.c (io_pipe): pipe(2)を実装した.

	* eval.c (rb_eval): Qselfをなくした.thread対応への第一歩.先は遠
	  いが….

	* eval.c (proc_call): procの中でのreturnはprocの終了を意味するよう
	  に.ただし,procからのyieldの中でのreturnは例外を発生する.

Wed Jan 24 11:33:48 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.96a

	* dir.c (dir_each): `$_'の値を変更するのをやめた.

	* io.c (f_readlines): nilとFALSEの分離のあおりで無限ループに落ちて
	  いた.

	* ruby.c (ruby_options): $0の設定ミス.

Tue Jan 23 15:28:21 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): ``は文字列を引数とするメソッド(`)呼び出しのシ
	  ンタックスシュガーであるとした.

	* ruby.c (addpath): `-I'オプションでディレクトリが「前に」追加され
	  るように変更.

Fri Jan 19 11:23:12 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* dln.c (load_1): N_INDR対応(出来たような気がする).

Thu Jan 18 18:14:20 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.texi: FALSEとnilの分離を反映した.

Tue Jan 16 17:39:23 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.96 - とりあえずnilとFALSEを区別する版

Wed Jan 10 15:31:48 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* re.c (reg_match): マッチしなかった時の戻り値はFALSE.

	* object.c (rb_equal): `0 == nil'がTRUEになるバグ.

Tue Jan  9 00:44:58 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* nilとFALSEが分離可能に変更.

	* nilとFALSEと0の区別を厳密に.

	* struct.c (struct_new): 引数を0で終る必要が無くなった.

	* object.c (inspect_i): オブジェクトのチェックのバグ(Fixnumでcore
	  dumpしていた).

	* range.c (range_to_s): Rangeの表示を改善.

	* object.c (true_inspect): TRUEの表示を`TRUE'に.

Mon Jan  8 15:02:33 1996  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* numeric.c (fix_mul): divide by zero errorが発生した(オーバーフロー
	  検出のバグ)

	* texinfo.texをパッケージに含めた.

Sun Dec 31 00:08:49 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): `::'では,そのクラスで定義された定数を参照する
	  ように変更.

	* string.c (Init_String): eachをeach_lineに戻した.

Thu Dec 28 12:31:55 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): caseの演算子を`=~'から`==='に.

	* variable.c (rb_const_set): クラス定数の再定義を許す(同じクラスで
	  は不可).警告は出す.

Wed Dec 27 13:27:52 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.95c

	* ext/tkutil/tkutil.c: wishがあってもなくても一応コンパイルだけは
	  するように.

	* lib/tk.rb: 環境変数PATHから{wish|wish4.0}を探すように.

Tue Dec 26 01:03:42 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 正規表現の検出強化.

	* numeric.c (fix_mul): 乗算のオーバーフロー検出アルゴリズムのバグ.

	* ext/extmk.rb.in: ./install-shを使う場合のPATHを調整.

	* Makefile.in (install): lib/*.rbを一つずつインストール.

	* io.c (io_each_line): イテレータの戻り値をnilで統一.

Fri Dec 22 10:34:32 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.95b

	* variable.c (f_untrace_var): 第2引数を指定すると特定のtraceを削除
	  できるように.

	* variable.c (f_trace_var): 第2引数がnilの時,traceを削除する.

	* lib/tk.rb (file_readable/file_writable): 第2引数をnilにすること
	  によるevent handlerの削除.

	* parse.y (variable): ドキュメントに`__FILE__'と`__LINE__'が残って
	  いた.`caller(0)'で代用したはずだったのに.

	* eval.c (f_eval): $!のリセット.

	* error.c (err_sprintf): 勝手に"\n"を付加するのを止めた.

	* parse.y (f_arglist): 引数リスト直後のif/whileの読み間違い.
	  lex_stateの値が設定されていなかった.

Thu Dec 21 00:56:57 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.95a - ^^;;;

	* lib/tkscrollbox.rb: パッケージに入ってなかった.

	* configure.in: FILE structureのチェックにバグ.

	* Makefile.in (clean): ext以下をinstallしていた.

	* ext/socket/extconf.rb: Solarisにおける-lnlsのチェック.

	* array.c (beg_len): バグがあった….悲しい.

	* version 0.95 - fj.sourcesに

	* eval.c (rb_eval): rescueのロジックをrb_rescue()に一元化.

Wed Dec 20 19:30:58 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* Makefile.in: 不要なコンパイルの回避(より完全に).

	* class.c (singleton_class_new): `single'->`singleton'

Tue Dec 19 07:14:33 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* io.c (closed?): IOがcloseされているかどうかを知る述語.

	* parse.y (primary): 特異メソッドの引数のlex_stateが不適切.

	* lib/tk.rb: tcl->rubyの変換関数の用意.

	* ext/extmk.rb.in (install): installの2重コンパイルの回避.

	* array.c (range_beg_len): range指定の不適切なエラーを訂正.

	* string.c (str_aref): range指定のバグを削除.

	* lib/tk.rb (tk_split_list): Tclのリストに対応.

Mon Dec 18 09:58:12 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.94

	* dln.c (dln_load): HP対応(未確認)

	* eval.c (Init_Proc): BlockをProcに改名.

Sat Dec 16 13:46:14 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): retryでイテレータの再実行ができるように.

Fri Dec 15 17:14:30 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c: proc:lambdaの親しみやすい別名

Thu Dec 14 17:21:55 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (dyna_var_asgn): イテレータブロック内で最初に初期化された
	  ローカル変数の有効範囲をそのブロック内に限定.これでlambdaと呼べ
	  ないことはない.

Wed Dec 13 02:30:58 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* gc.c: autoloadのマークミス.

	* lib/tk.rb: wishからの複数行の戻り値に対応

	* lib/tkcomposite.rb: 複合widget

	* variable.c (rb_class2path): ICLASSに対応してなかった.

	* eval.c (ruby_run): exit(0)のバグ

Sat Dec  9 01:21:24 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/marshal/marshal.c (dumps|load): 文字列に対する入出力を可能に
	  した(ただし実はファイル経由なのだ).

Fri Dec  8 18:29:11 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/marshal/marshal.c: シンボルを一度だけ初期化する.

Thu Dec  7 07:58:50 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (yylex): 第1引数の正規表現の認識にエラーがあった.同時に
	  状態数を減らした.

	* string.c (str_sub): 置換でスキップ幅が大きすぎた.

Wed Dec  6 15:14:23 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_sub_method): sub/gsub(!なし)は置換が行なわれなかっ
	  た時,置換前の文字列を返す.

Tue Dec  5 00:55:15 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (yylex): 括弧を省略した時の引数展開の`*'に対応.

	* eval.c (ruby_run): EXITハンドラ内での例外に対応.

	* bignum.c (big_cmp): BignumとFixnumの比較で落ちる.

Mon Dec  4 14:21:18 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (call_op): コンパイル時の定数式の展開をやめた.労多くし
	  て益少ないと判断したので.

Thu Nov 30 01:35:15 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* lib/tk.rb: {Radio,Check}Buttonのvariableの実装.

	* eval.c (rb_yield_0): Block.callがネストした時のバグ.

	* io.c (f_select): 常に配列3つをふくむ配列を返すように

	* lib/tk.rb: fileeventをruby側で実装.

Wed Nov 29 17:53:23 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* variable.c (rb_ivar_get): selfを常に指定するように.

Tue Nov 14 00:07:29 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* lib/tk.rb: Tk4.0対応

Mon Nov 13 16:23:32 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.93

Thu Nov  9 23:26:01 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* gc.c (gc_mark): モジュールのMixinのマーク忘れ.

	* parse.y (f_arglist): メソッド定義の引数を括弧で括らなくても良い
	  ようにした.

Wed Nov  8 00:17:51 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_yield_0): 未初期化のローカル変数があった.

	* eval.c (rb_eval): pendig signalのチェックをeval実行後に行うよう
	  にした.でないとシグナルの発生と検出が遠く離れてしまう事がある.

	* parse.y: class文のsuperclass部を定数から式に拡張した.

	* lib/tk.rb: Tkのほぼ全ウィンドウクラスに対応.キャンバスとテキス
	  ト上のオブジェクトが残っている.

Tue Nov  7 08:18:37 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (trap): ブロックを指定できるように.

Mon Nov  6 16:44:00 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (f_caller): 呼出元の情報を得る.

	* ext/tkutil/tkutil.c: wishのstderr出力を監視することで,エラー処
	  理を行う.

	* ext/tkutil/tkutil.c: wishとの通信部をCで記述.

Sat Nov  4 01:12:59 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): インデントの計算を
	  もう少しスマートにした(正規表現のチェック,継続行のチェック).

	* eval.c (rb_call): 無限再帰を避けるため,関数のネストレベルの制限
	  を行なう.

	* lib/tk.rb: Tkインターフェース.まだ不完全だが.

	* eval.c (rb_yield_0): 空のBlockのバグ.

	* sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 行末の演算子による
	  行継続に対応.

Fri Nov  3 12:56:21 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_call): 本体が空の関数の実行にバグ.

	* parse.y (var_extend): 文字列の末尾の変数展開のバグ.

	* variable.c (rb_gvar_set): traceの評価時にに変数値を与えるように.

	* eval.c (f_require): ruby scriptのrequireにbug.

	* variable.c (rb_const_get): モジュールのinclude対策.

Thu Oct 19 13:56:06 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* dln.c (dln_load): HP対応でのtypo.

Wed Oct 18 17:39:39 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.92

	* object.c (krn_type): オブジェクトの動的な型を返すメソッド.

Tue Oct 17 00:48:18 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.c (proc_options): -X オプション.chdirだけを行う.

	* re.c (reg_search): 漢字コードを途中で変更できるように.コンパイ
	  ル時のコードが変更された時にはマッチの直前に正規表現の再コンパイ
	  ルを行う.定数KCODEから変数$KCODEへ.

	* parse.y: ()のなかにcompexprを許す.

	* re.c (reg_search): メモリリークを直した.

Fri Oct 13 13:19:19 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (str_sub): 文字列置換にバグ.

	* string.c (str_strip_bang): 文字列の後ろの長さの調整が行われてい
	  なかった.

	* re.c (reg_search): $&, $1...はローカルに束縛するようになった.呼
	  び出したメソッドでのマッチは現スコープの$&などの値に影響しない.
	  マッチの情報をスコープ外で得たいときには$~を使って束縛情報を持ち
	  出す必要がある.

Thu Oct 12 00:33:33 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* re.c (reg_search): String:split, String:indexでは$&, $1...が変化
	  しないようにした.

	* io.c (rb_str_setter): setterの仕様が変更になっていた.

	* variable.c (f_trace_var): 第2引数を省略してイテレータとして呼べ
	  るように.

Wed Oct 11 11:50:59 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.91

	* variable.c (var_setter): 引数が間違っていた.致命的バグ.

	* io.c (pipe_open): $stderrの値が変更されている時にはそちらを
	  子プロセスのstderrに設定する.

Mon Oct  9 13:06:33 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (mod_to_s): モジュール内のモジュールは`::'を使った表現
	  で表示されるように.

	* variable.c (rb_gvar_set): 代入によるループが発生しないように,
	  trace内での代入ではtraceを評価しない.

	* struct.c (struct_equal): structのequal判定にクラスの一致を含めた.

Sat Oct  7 00:18:32 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_eval): defined?の機能を拡張(yieldのチェック,superの
	  存在など).

Fri Oct  6 12:06:47 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.90

	* st.c (st_foreach): 要素を削除した時に要素数が変化していなかった.

	* hash.c (hash_values): バグ修正.keysを返していた….

	* parse.y (call_op): defined? の引数では定数の畳み込みを行わない
	  (チェックする前にコンパイルエラーになっては困る).

	* スコープ生成の一部見直し.

Thu Oct  5 00:29:43 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* 関数とクラスの命名規則を変更した.関数名,変数名の全面書き換え.

	* gc.c (looks_pointerp): ヒープチェックの高速化.

	* struct.c (Fstruct_aset): 構造体に対する`[]='.
	(struct_set): 構造体メンバに対する代入.

Wed Oct  4 09:54:07 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.89

	* eval.c (Frequire): ダイナミックロードのエラーチェックを厳しく.

	* struct.c: structの構造を完全に書き換えた.以前は順序付きの
	  id->valueの連想配列であったが,今度は構造体毎に新しいクラスを生
	  成するようにした.

	* parse.y: `::'の意味をAssocの生成からクラス(モジュール)内の定数ア
	  クセスへ変更.

	* assoc.c: なくす.

Tue Oct  3 13:31:08 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* variable.c (Ftrace_var): trace_var, 大域変数への書き込みhookを設
	  定する.

	* variable.c: global_entryの構成を書き換えた.これでtrace_varを実
	  装できる.

	* file.c (Ffile_stat): "&"で直前のfstatの結果も参照できるように.

Fri Sep 29 14:15:13 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.88

	* dln.c (dln_load): AIXとHPに対応したコードを入れた(動作は未確認).

	* ext/extmk.rb.in: 必要に応じて,定数EXTLIBを定義するように.

	* dln.c (dln_load): dln独立に書き換える.将来の拡張用.
	(load_1): dln_a_outにおいてソースコードでライブラリを明示的にロー
	ドする必要がないように変更した.

Thu Sep 28 13:31:37 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/ruby-mode.el: もっとましなhilit19対応(正規表現).

Wed Sep 27 04:12:44 1995  Takahasi Mamoru <taka@soum.co.jp>

	* sample/test.rb: echoで-nを使わないように(SysV対策).

	* ext/extmk.rb.in: sub -> sub!

Tue Sep 26 19:12:42 1995  Yasuo OHBA  <jammy@csg.mes.co.jp>

	* dln.c (dln_find_1): `.', `..'から始まるパスに対応した. 

Mon Sep 25 12:33:03 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.87

Sat Sep 23 10:00:18 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (Fmod_modfunc): メソッドをprivateにし,同時に特異メソッド
	  も定義するメソッド.パッケージ的使い方のモジュール用.

Fri Sep 22 11:02:44 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* lib/find.rb: findを提供するライブラリ

	* variable.c (rb_define_variable): hookの設定を分離.
	(add_hook): 1変数に対して複数のhookを設定できるように.

Thu Sep 21 00:22:11 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (Fstr_frozen): 文字列が更新不可かどうかをチェックする述
	  語メソッド.

	* hash.c (Fhash_aset): keyが文字列の時,キーの内容が変化しないよう
	  に,dupしてfreezeする.

Wed Sep 20 16:12:44 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.86

	* ext/extmk.rb.in (have_header): キャッシュにバグ.

	* ext/extmk.rb.in (have_library): 引数の順序が変わった.

Thu Sep 14 18:00:59 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* object.c (obj_is_instance_of): is_member_ofから名称変更.

	Wed Sep 13 15:44:35 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (Fstr_tr_bang): 範囲外の文字に対する変換バグ.

Tue Sep 12 14:27:58 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (Sfile_expand_path): expand_file_name -> expand_pathに名
	  称変更.

	* enum.c (Fenum_member): includes? -> member? に名称変更.

	* string.c (Fstr_each_byte): StringはByteArrayであるという基本に戻っ
	  て,eachの定義をeach_byteに変更した.今までのeachはeach_lineでア
	  クセスできる.

Mon Sep 11 18:31:17 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (cache_stat): ファイル名として"&"を指定すると直前の
	  stat(2)の結果を再利用するように.

Fri Sep  8 14:18:51 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ruby.texi: `!', `?'に対応してアップデート.

	* parse.y: defined -> defined?

	* file.c: FileOpの一文字メソッドをなくす.一文字テストはtestメソッ
	  ドにまかせる.

	* parse.y (yylex): 変数名の後ろに`?'も許す.述語メソッドの後ろに
	  `?'を追加する.

Thu Sep  7 20:01:33 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c: 文字列の中身を更新するメソッドの名前の終りに`!'を付加.
	  `!'の無いバージョンも用意した.

	* parse.y: 変数名の後ろに`!'を許す.

Wed Sep  6 14:12:19 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.85

	* string.c (Fstr_dup): 文字列の複製を作る
	(Fstr_freeze): 文字列の更新不可属性を設定できるように.
	(Fsub/Fgsub): $_の内容をdupしてから置換を行うように.

	* ruby.h (CLONESETUP): flagsの状態もコピー

Tue Sep  5 01:27:50 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* sample/test.rb: 失敗の検出を厳しく.

Fri Aug 25 14:31:02 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* process.c (Ffork): イテレータとしても動作するように.

	* version 0.84

	* signal.c (sig_beg): ハンドラが設定されている時には再設定しない.

	* ext/extmk.rb.in (create_makefile): shared objectのリンクの際に
	  `-l'オプションを指定するように.

	* signal.c (trap): `EXIT'で終了処理を行う設定が出来る.

Wed Aug 16 00:13:22 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (sig_beg): デフォルトではbegin節の中でだけSIGINTを捕捉
	  するように変更.

	* io.c (io_ctl): fcntlを持たないシステムにも対応.

	* 各ディレクトリに分散していたMANIFESTをまとめた.拡張モジュール毎
	  には必要.

	* string.c (Sstr_new,str_sub,Fstr_crypt): 引数を自動的に文字列に変
	  換するように.

Sat Aug 12 00:44:02 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* string.c (Fstr_crypt): PD cryptを用意した.

Fri Aug 11 14:37:03 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* assoc.c (Fassoc_clone): assocもcloneできるように.

	* io.c: マクロREAD_DATA_PENDINGの定義を変更(Linux対応)

	* io.c (io_fptr_finalize): fptrの開放時の処理を指定できるように.

Wed Aug  9 16:52:41 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* eval.c (rb_provided): 複数のfeatureをロードすると無限ループに落
	  ちるという単純な(しかし凶悪な)ミス.

	* ext/extmk.rb.in (install): dlopen対応を行った.今までdlnにしか十
	  分に対応していなかった.

Tue Aug  8 14:17:06 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.83

Mon Aug  7 12:47:41 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y: resque -> rescue.恥ずかしいがtypoを残しておくわけには
	  いかないよなあ.なんで今まで気がつかなかったのか….

Thu Aug  3 18:18:05 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* missing/nt.c: NT移植用の関数群をまとめた.

	* variable.c (rb_const_get): また例外を発生するようにした.defined
	  がある以上例外を発生させない理由がないので(例外が発生した方がタ
	  イプミスの検出などの点で有利).

	* variable.c (Fautoload): autoloadを実装.今度は使えるか.

Mon Jul 31 15:44:21 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (arg_ambiguous): 第1引数のあいまいさを警告(-vオプション
	  で有効).

	* eval.c (rb_eval): `-v'オプションをつけて`def'が呼ばれると不必要
	  なエラーメッセージが出た.

	* parse.y (yylex): メソッドの第1引数の判定をもうちょっと賢くした.

Fri Jul 28 19:04:43 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (yylex): `+/-/['の直前に空白が来るかどうかで動作を変更し
	  た(混乱のもとか?)

Wed Jul 26 09:21:23 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.82a

	* sprintf.c (Fsprintf): `%s'で'\0'を含む文字列に対応.

	* pack.c (Fpck_pack): packの要素確保のバグ.

	* eval.c (Floop): 無限ループのイテレータ.

	* io.c (next_argv): 存在しないファイル名が指定された時のエラー処理
	  が行われていなかった.

Mon Jul 24 17:37:34 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.82

	* ext/extmk.rb.in (install): 拡張モジュールをstatic linkする場合は
	  そのモジュールが既にrequireされたのと同じようにfeatureを設定する.
	  これで拡張モジュールの機能が必要な時には(static linkされているか
	  どうかにかかわらず)requireすればよくなる.

	* eval.c (Frequire): `$"'に格納する文字列をフルパスでなくフィーチャ
	  名とする.rubyスクリプトをロードした時には`.rb',オブジェクトを
	  ロードした時には`.o'をフィーチャ名に付加する.lispのrequireと
	  provideの働きに(少し)近い.

Thu Jul 20 12:50:05 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* Makefile.in (test): make testができるように.

	* struct.c (struct_new): typo.

	* eval.c (rb_eval): `defined'を追加.メソッド/変数/定数の定義状態
	  を知る事が出来る.

Wed Jul 19 18:04:01 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.81

Mon Jul 17 14:53:51 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* variable.c (rb_const_get): 未初期化のCONSTANTの値をnilにした.し
	  かし,今後また例外に戻す可能性はある.要はoptionalなクラス/モジュー
	  ルが存在するかチェックしたいだけなんだな.
	  
	* st.c (int): grow_factorを固定にした(大嶋さんのマシンに対応).

Fri Jul 14 00:48:40 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* ext/extmk.rb.in: キャッシュのバグを修正.

	* parse.y (var_extend): #{$数字}に対応した.

	* dln.c (dln_load_1): `Init_FILENAME'だけを有効に.`init_*'は今後
	  実行しない.

	* ext/etc/etc.c : Etcモジュールを拡張モジュールとして分離.実はNT
	  対応への布石だったりするかもしれない.

Tue Jul 11 17:12:48 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* gcc -Wallで出たwarningを元にソースを変更.

	* signal.c (trap): typo.

Fri Jul  7 10:08:51 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.80

	* ruby.texi: texinfo documentを提供.specとruby.1は無くなった.

	* signal.c (Ftrap): 割込み禁止中の例外発生に対応.

	* eval.c (Flambda): Blockオブジェクトを返す.Block.newと同義.

Thu Jul  6 00:35:03 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* signal.c (Ftrap): SIG_DFLの処理を変更.SIGINTへのデフォルトハン
	ドラを用意(例外を発生する).

	* file.c (Sfile_expand_fname): パス名を絶対パスに展開するメソッド.
	(Sfile_basename): basenameを得るメソッド.拡張子も外せる.
	(Sfile_dirname): basenameの反対.

	* eval.c (rb_call): argument評価中の例外発生に対応.

	* file.c (Ftest): `M', `A', `C'を追加.

Tue Jul  4 12:36:33 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* file.c (Ftest): ファイルテスト用メソッド.

	* ruby.c (proc_options): `-r'オプションを追加.

	* parse.y (f_args): デフォルト引数を追加.

	* eval.c (rb_call): 該当する引数が無い時,rest引数の値をnilに.

	* numeric.c (num_equal): 数値以外との比較で例外が発生していた.
	  FALSEを返すように.

	* eval.c (masign): 多重代入のrest部の動作がおかしかった.

Sat Jun 17 01:03:16 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* parse.y (gettable): 未初期化のローカル変数の参照(独立した識別子)
	  は正式にメソッド呼び出しとした.

	* parse.y (read_escape): tokenbufを使わないように修正.それにとも
	  ない,`\C-x',`\M-x'などのエスケープ表現を復活.これでドキュメン
	  トと実際の処理系が一致した.

Thu Jun 15 15:42:00 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* re.c (re_regcomp): cacheのチェックを改善.

Mon Jun 12 18:50:51 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* version 0.79

Sat Jun 10 00:25:01 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@caelum.co.jp>

	* re.c (re_regcomp): cache判定に`$='の値も反映させた.

	* sample/test.rb: test suite作成.

Fri Jun  9 15:58:34 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* re.c (re_regcomp): cacheの判定が間違っていた.

Fri Jun  9 00:01:35 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* eval.c (rb_yield): block構造体に初期化していないメンバ(iter)があっ
	  たのでイテレータのネストが正しく動作しなかった.

Thu Jun  8 00:59:03 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* re.c (=~): String以外との比較がFALSEを返すように(例外を発生して
	  いた).

	* extmk.rb.in: 判定した値をファイルにキャッシュするようにした.

	* assoc.c (to_a): to_aメソッドが再定義されていなかった.
					 
	* eval.c (rb_eval): 初期化されていないローカル変数へのアクセスを引
	  数の無いメソッド呼び出しと解釈する.ただし,(現状では)メソッドが
	  定義されていない場合,エラーにせず変数未初期化のwaringを出して
	  nilを返している.「ruby -pe print」などが実行できるという意味で
	  はありがたいこの仕様は,しかし今後の検討が必要である.-- メソッ
	  ド呼び出しとするのを止めるか(以前の仕様),いつもメソッド呼び出し
	  とする(未定義ならばエラー)か,今の仕様で行くか.

	* eval.c (rb_eval): 初期化されていないローカル変数へのアクセスで
	  (evalなどで)初期化された事が分かった時には以後初期化されたローカ
	  ル変数とみなす.

Wed Jun  7 11:58:12 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* eval.c (rb_fail): 例外処理後も`$!'をクリアしないように.
	  (rb_fail): `$!'変数に最後に改行を追加しない.

	* io.c (Fprint): privateメソッドに変更.引数を取らない時の動作を変
	  更(`$_'を出力する).
	  (Fio_print): 出力先指定のprintメソッド.
	  (Fio_printf): 出力先指定のprintfメソッド.

	* parse.y: not演算子の追加.優先順位の低い`!'演算子.

Mon Jun  5 19:00:55 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* version 0.78

Fri Jun  2 17:52:03 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* ruby.c (proc_options): -Iオプションで`$:'への追加される順番を修
	  正した.

Fri Jun  2 00:36:34 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* parse.y: while修飾子の動作を通常のwhileと同じにした.ただし,
	  begin式へのwhile修飾子だけはdo..while型のループとなる.

Wed May 31 18:36:30 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* version 0.77

Mon May 29 18:39:37 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* ext/extmk.rb.in (install): 拡張モジュールもインストールできるよ
	  うに.

Fri May 26 14:43:01 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* process.c (Fsystem): 戻り値をサブプロセスの失敗/成功を表す真偽値
	  にした.終了ステータスは`$?'で得る.

Tue May 23 10:58:11 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* string.c (Fstr_upto): 無限ループに陥らないように.

	* parse.y (cond): `||'などの右辺に制御式が書けるように,条件式がか
	  ならずしも値を持たなくても良いようにした.

	* ext/marshal/marshal.c: オブジェクトの読み書きをメソッドの再定義
	  でコントロールできるように.インスタンスが`_dump_to'というメソッ
	  ドを定義している時はそちらを使うように.

	* ext/extmk.rb.in: static linkも設定できるような仕様にした.
	  ext/Setupというファイルにディレクトリ名を記述するとそのディレク
	  トリに存在するモジュールはstatic linkされる(はず).

	* eval.c (rb_eval): `..'を文法に組み込み,`..'と`...'の動作をperl
	  に合わせた.

Sat May 20 01:22:48 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* io.c (select): timeout時と割込み時の動作の明確化.

Fri May 19 15:33:23 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* version 0.76

Fri May 19 00:48:08 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* string.c (Fstr_each): イテレータブロック中で文字列の変更が行われ
	  たかどうかをチェック.ポインタの値が変わっていれば例外を発生する.

	* ruby-mode.el: ruby-electric-braceの新設.

Thu May 18 12:27:23 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* string.c (Fstr_tr): trの置換対象に`\0'を含む時に正しく置換を行わ
	  ないバグがあった.更に置換文字列をASCII順に指定しないと動作しな
	  い問題もあった.結果としてtrを書き換えたので,copyrightの問題は
	  無くなった(と思う).

	* gc.c (gc): the_scopeをマークしていなかったので,ローカル変数の指
	  しているオブジェクトが間違って開放される場合があった.

	* gc.c (mark_locations_array): 若干の高速化.

Mon May 15 11:43:49 1995  Yukihiro Matsumoto  <matz@ix-02>

	* ext/extmk.rb.in: Dynamic Loadモジュールのコンパイル用チェックを
	  行うruby script.autoconfに近い感覚で使える.新しいモジュールを
	  提供したい人はextの下にディレクトリを作るだけで良い.必須のファ
	  イルはファイル名の一覧を記録した`MANIFEST'というファイルのみ.必
	  要に応じて`depend'(ファイルの依存関係を記述するファイル gcc -MM
	  の出力),`extconf.rb'(コンパイル用にライブラリと関数の存在チェッ
	  クするファイル)を用意できる.

	* eval.c (rb_call): rubyメソッドの引数チェック時に未初期化の
	  jmp_bufを使用していた.

	* parse.y: `or'と`and'の優先順位を同じにした.

Wed May  3 18:21:36 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* dln.c: Linuxでは`__.SYMDEF/'であった.

	* dln.c: system callのエラーチェックを忘れていた.

Wed Apr 26 09:50:56 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: イテレータブロックの変数宣言を`|'で括るようにした.これ
	  でイテレータ変数がない時は宣言そのものを省略できる.文法の変更は
	  久しぶりだ.

Tue Apr 25 12:04:17 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c(require): loadからダイナミックロードの機能を移してきた.
	  さらに拡張子の補完機能を追加してユーザがdln/dlopenの差を意識する
	  必要のないようにした.

	* string.c(sub,sub): イテレータとしても動作するように.

	* object.c: init_object -> initialize.

Mon Apr 24 14:22:39 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* NEWS-OS 3.4対応

	* io.c: Solarisのstdioの動作が違うようだ.signalでEOFを返してしま
	  う….perlでも同様の問題がある.

Fri Apr 21 20:04:39 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.75

	* signal.c: trapがなくなっていた.うーむ.

	* configure: Solaris 2.3対応.

	* io.c: #elifのないcppもある.

	* dir.c: autoconf 2.xへの対応が不十分

Thu Apr 20 12:31:24 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.74

	* env.h, gc.c, regex.c: IRIXへの移植対応

	* configure: dlopen用にpicを生成するoptionの検出のため,システムタ
	  イプをチェックするように.

Tue Apr 18 19:08:17 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* gc.c(xrealloc): ptr=nilの時,malloc()と同じ働きを

	* array.c(astore): 空の配列の0番目の要素に代入するとsize=0で
	  realloc()を呼んでいた.

	* configure, glob.c: Solaris 2.xでコンパイルできるように

Mon Apr 10 18:36:06 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.73

Fri Apr  7 13:51:08 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* cons.c->assoc.c: consの余計な機能は外してpairとしての機能だけを
	  残した.Enumerableをincludeするのもやめた.

	* string.c(esub): 文字列置換イテレータ.perlのs///eの相当する.

Wed Apr  5 11:35:21 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.72

	* EWS4800対応

	* file.c: utimesがない時はutimeを使うように.

Mon Apr  3 15:19:41 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.71

	* regexp.c(re_match): バグがあった.match_2を削除した時にenbugして
	  いたのだった.

Mon Mar 27 15:41:43 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* dict.c: Dict->Hashに全面的に移行.

Thu Mar 23 20:30:00 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* dbm.c,socket.c: extディレクトリに分離.

	* configure: dln周りのチェックの強化

	* dln.c: initの呼び出しをdlopen()版に合わせた.

Mon Mar 20 17:45:08 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* configure: autoconf 2.2に対応(一部).

Fri Mar 17 15:56:44 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* dln.c: dlopenのあるマシンではそちらを使うように.ただし,ちゃん
	  と動いているかどうかは自信がない.

	* regex.c: virtual concatinationをやめた.

Thu Mar 16 11:32:57 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.70

	* eval.c,regex.c: gccでのコンパイルエラー.

	* io.c: inplace-editで拡張子が指定されない場合,もとのファイルを削
	  除する.

Wed Mar 15 14:59:18 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.69

	* eval.c(method_missing): unknownから名称変更.

	* eval.c(single_method_added): 特異メソッドが定義された時に呼ばれ
	  るメソッド.hookとして使える.実際に定義される直前に呼ばれる.

Tue Mar 14 14:46:44 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* ruby.c(proc_options): 引数の解析を自分でやることにより引数指定の
	  方法がperlに近付いた.getopt_longはもう使わない.

	* dir.c(glob): `{}'のネストを許すようにした.

Mon Mar 13 17:56:25 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* glob.c: Glob(ワイルドカードオブジェクト)はなくなった.ワイルドカー
	  ドの展開はDir.glob(文字列)を使う.ワイルドカードのマッチは正規表
	  現で代用.

Fri Mar 10 18:35:46 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c: Mathのようなモジュールは自分自身でextendする.

	* eval.c: クラスやモジュールを定義する時,既に同名のものがあれば追
	  加定義となるように.ただし.superクラスの違いなどはチェックする.

	* regex.c: debug.

	* math.c: 定数PIとEを定義.

Thu Mar  9 21:35:12 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* regex.c: EUC,SJISモードでは0x80以上の8進,16進リテラルを禁止.

	* regex.c: クラス内でも数値リテラル・文字クラスが使えるようした.

Wed Mar  8 17:39:05 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* regex.c: \200など括弧の数以上の表現は8進リテラルと解釈する.ただ
	  し,\1から\9までは例外.

	* regex.c: \9以上のリファレンスも有効にした.

Tue Mar  7 14:26:01 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c(public/private): スコープ制御メソッドの名称変更.静的なア
	  クセスも出来るようにしてみたが,不採用.

Mon Mar  6 19:34:32 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c(inlcude): メソッド化.動的にモジュールをインクルードでき
	  るように.さらに任意のオブジェクトにもモジュールをインクルードで
	  きるメソッド `extend'も用意した.

	* parse.y: 文法からincludeを削除.メソッド化.

Tue Feb 28 15:35:10 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: 配列,連想配列の最後に`,'をおけるように.

Fri Feb 24 13:15:43 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.68

Thu Feb 23 11:19:19 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c: resque節のselfの値が間違っていた.

	* eval.c(rb_clear_cache): キャッシュのクリアし忘れがあった.

	* eval.c: 定数のスコープをクラス内の静的スコープに変更した.これに
	  よって,特異メソッドから参照される定数は,レシーバのクラスではな
	  く,定義されたスコープのクラスの定数となる.

Wed Feb 22 00:51:38 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* regex.c: ignorecaseを正規表現のコンパイル前に指定しないと正しく
	  動作しない.修正.

	* string.c(toupper,tolower): bug fix.

	* ENV,VERSION: readonly変数から定数へ.

Tue Feb 21 18:56:56 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* io.c(STDIN, STDOUT, STDERR): 定数として定義.

	* io.c(select): bug fix.

	* version 0.67

Mon Feb 20 16:10:14 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y(yylex): 定数を`%識別子'から,第1文字が大文字の識別子に変
	  更.それにともないクラスは定数となった.

	* eval.c: クラス定義内のselfがクラス定義外部のthe_classだった.

	* variable.c(rb_name_class): クラス名をインスタンス変数に格納する.

Thu Feb 16 15:36:17 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: BLOCKをbraceで表現する文法に変更したものを作ってみる.
	  MLに提示してみるが反応がない.

	* object.c(do,forever): なくした.

Wed Feb 15 13:20:49 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* re.c(new): 第2引数が与えられて,かつnilでないときだけ設定するよ
	  うに(以前はnilの時にも設定を行なっていた).

	* parse.y(parse_regexp): 正規表現リテラルで大文字小文字を無視する
	  かどうか指定できるように.

Tue Feb 14 00:55:33 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* parse.y: (compexpr) -> (expr).

Fri Feb 10 16:30:00 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* ruby.c(load_file): scriptを読み込む時だけ"#!"の解析を行うように.

	* ruby.c(readin): ファイル読み込み時に先頭に"#!"があり,その行が
	  "ruby"という文字列を含む時,rubyに引数が与えられていれば,その引
	  数も有効になる.

	* parse.y(yylex): コメント行の終りが`\'であった時,次の行に継続し
	  ているとみなすようにした.

Thu Feb  9 16:18:37 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.66

	* parse.y: protectをbeginに変更.begin..endは例外処理だけでなく,
	  文括弧としても働くことになった.

Wed Feb  1 19:48:24 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* version 0.65

	* string.c(str_replace): 置き換える文字列の長さが等しい時メモリコ
	  ピーをしない.

	* string.c(rindex): バグ修正.

Mon Jan 30 11:23:05 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y(value_expr): ifのチェックを追加.

	* gc.c(gc_mark): free cellの扱いにバグ.

	* parse.y: 文法の変更(よりシンプルに).例外を減らした.

Thu Jan 26 00:52:55 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* parse.y: 引数として連想配列を置くことができるように.この場合,
	  連想配列リテラルが最終引数となる.

	* parse.y: 配列参照の`[]'内が空でもよいことにした.

Tue Jan 24 14:45:15 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* class.c(rb_include_module): `-v'を指定した時にはincludeしたモジュー
	  ルとクラス定数が衝突していないかチェックする.

Mon Jan 23 10:42:09 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y(rb_class2name): メタクラスに関するbug fix.

	* dict.c: Dict[..]で辞書の生成が出来るように.

	* array.c: Array[..]で配列の生成が出来るように.

	* parse.y: 辞書の表現として{a,b,..}という形式も許すように.

Fri Jan 20 10:28:38 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* re.c(Regexp.quote): 正規表現をエスケープするメソッド.

	* 無駄なrb_intern()を減らした.

	* parse.y: `!', `!=', `!~'を特殊演算子にする.よってこれらは再定義
	  できなくなった.

Wed Jan 18 13:20:41 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: 文法の整理(unless,untilをなくした).

Tue Jan 17 11:11:27 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c: defでメソッド再定義時にはスーパークラスのメソッドの可視
	  性を継承する.最初の定義の時は今までと同じデフォルト(トップレベ
	  ルで関数的,クラス定義内で通常メソッド).

	* object.c(Class#new): オブジェクトの生成時に関数的メソッド
	  init_objectが必ず呼ばれるように変更.

	* eval.c: 未定義のメソッドに対してunknownメソッドが呼ばれるように
	  なった.エラー表示が今までと同じになるようにenvを調節している.

Fri Jan 13 14:40:30 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* gc.c: gcを若干書き換えて整理した.が,あまり変化はなかったようだ.

	* parse.y(yylex): symbolを\symから:symに変更した.

Thu Jan 12 01:39:28 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* eval.c: 新規関数 rb_eval_string().

	* gc.c: gc_mark()を一部非再帰化.

	* variable.c(rb_ivar_{get,set}): インスタンス変数のアクセス周りで
	  チェックが足りなかった.

	* variable.c: クラス定数とインスタンス変数でハッシュテーブルを共有
	  するようにした.

	* ruby.h: iv_tblをRBasicからRObjectとRClassへ移動した.これにより,
	  ObjectとClass,Moduleしかインスタンス変数を持てなくなる.が,メモ
	  リ効率は若干向上する.

Tue Jan 10 00:58:20 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* 0.64 released

	* eval.c: レシーバと引数は常にiterではない.

	* cons.c(aref,aset): negative offset対応.

Mon Jan  9 14:40:39 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: foo{..}の形式において,fooをローカル変数やクラス名では
	  なく,引数なしの関数型メソッド呼び出しとみなすようにした.

	* list.c -> cons.c: 名称変更(クラス名も).

	* list.c: a::b::c::nilをリスト(a b c)とみなすlisp形式から,a::b::c
	  をリスト(a b c)とみなすruby形式に変更.[], []=, eachもそれに会わ
	  せた仕様とする.

	* list.c: consペアとしての機能を強調.仕様変更.

Sat Jan  7 01:26:26 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* eval.c: 自己代入の不具合修正.

	* eval.c(masign): 多重代入が配列もリストもとれるようにした.

	* list.c: assocを2要素の配列からList(CONSペア)に変更した.

Fri Jan  6 13:42:12 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: a[b]+=cやa.b+=cなどの自己代入形式で,aやbを2度評価しな
	  くなった.

	* eval.c: iterator設定のバグフィックス.

	* list.c: Listクラスを新設.

Thu Jan  5 13:55:00 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: SCOPEのメモリリークをなくした.

	* eval.c: built-inメソッドへの引数の引き渡し方を変更して,配列の生
	  成数を減らした.

	* re.c: match-dataを毎回生成することをやめた.`$~'をアクセスした時
	  にon-demandで生成する.

	* string.c etc: 不必要なmemmoveをmemcpyに置換.

	* parse.y: =~, !~は副作用があるのでコンパイル時に展開できない.

Tue Jan  3 02:04:36 1995  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* eval.c: rest引数のbug fix.

	* eval.c,gc.c: scopeをオブジェクトにした.

	* eval.c: envとscopeの扱いを変更した.

Wed Dec 28 09:46:57 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: evalでローカル変数が追加された場合に対応した.

	* parse.y: 演算子を含むaliasのbug fix.

Tue Dec 27 16:45:20 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: def A Bをalias A Bに変更.

	* eval.c: alias関係のbug修正.nodeをオブジェクト化した時にenbugし
	  たようだ.

	* signal.c: システムコールの再定義を止めた.

	* io.c(select): write/exceptのフラグ設定にバグ.

	* Makefile.in: static link用オプションをMake変数として独立させた.

Tue Dec 20 00:46:19 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* 0.63 released

	* eval.c(rb_call): superの呼び出しで落ちる.argc, argvの設定を忘れ
	  ていた.

	* parse.y(read_escape): 展開エラー.

	* variable.c: 定義済みの変数のhookを変更しないように.

Mon Dec 19 12:01:10 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y(cond): 条件式に代入式が置かれた場合,`-v'オプションで警
	  告が出るように.

	* parse.y(**): 冪乗演算子`**'の優先順位を単項演算子より高くした.

	* parse.y(and,or): 優先順位の低い演算子`and', `or'.

	* 0.62 released.

	* eval.c: 不必要になったPUSH_ENV, POP_ENVを減らした.

	* env.h: ENVIONからselfをはずした.PUSH_ENVはsuperの準備のためだけ
	  に用いることにした.

	* eval.c: 下記のオブジェクト化で遅くなった実行速度をもとに戻した.

Mon Dec 17 23:01:10 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* eval.c: env.{argv,argc}とscope.local_varsのオブジェクト化.

	* eval.c: 1スコープ内で複数Blockを生成したときのバグを修正.

Fri Dec 16 15:52:06 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* parse.y: `&&'と`||'の両辺はいつでも条件式とした.

Thu Dec 15 00:16:04 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@dyna)

	* eval.c(Block): Blockオブジェクトを実現.

	* node.h: NODE_QLISTはなくなった.

	* eval.c(rb_call): 引数への代入を名前で一つずつ代入するのをやめて,
	  一度にコピーするようにした.

	* eval.c(rb_call): rubyで記述されたメソッドへの引数渡しをinline化.

	* eval.c: イテレータ判定処理の全面書き換え.不適切なイテレータ呼び
	  出しをなくした.例えば「[foo(),bar()]{i|baz(i)}」でfooもbarもイ
	  テレータとして呼び出され*ない*.

	* eval.c(rb_call): SCOPE処理をinline化.メソッド呼び出しの若干の高
	  速化.

Wed Dec 14 18:09:33 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* node.h: nodeもオブジェクトにする.よってGCで回収される.

Thu Dec  8 14:17:29 1994  Yukihiro Matsumoto  (matz@ix-02)

	* 0.60 released - alpha test baseline.