summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/missing/mkdir.c
AgeCommit message (Collapse)Author
2005-06-12* signal.c (sigexit): call rb_thread_signal_exit() instead ofmatz
rb_exit(). [ruby-dev:26347] * eval.c (rb_thread_signal_exit): a new function to exit on main thread. * eval.c (rb_thread_switch): exit status should be retrieved from ruby_errinfo. * eval.c (rb_f_exit): ensure exit(0) should call exit(EXIT_SUCCESS). * missing/mkdir.c: remove. [ruby-core:05177] * hash.c (env_aset): do not treat nil as key-removing value. [ruby-list:40865] * parse.y (method_call): allow aref expression ([]) to take a block. * parse.y (block_dup_check): a function to check duplication of a block argument and an actual block. * lib/delegate.rb (SimpleDelegator::__setobj__): need check for recursive delegation. [ruby-core:04940] * lib/cgi.rb: add underscore aliases CGI::escape_html, CGI::unescape_html, CGI::escape_element, CGI::unescape_element. [ruby-core:05058] * misc/ruby-mode.el (ruby-expr-beg): fix looking point drift. git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@8613 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
2019-08-17version 1.0-971015v1_0_971015Yukihiro Matsumoto
https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-1.0-971015.tar.gz Wed Oct 15 18:08:37 1997 Yukihiro Matsumoto <matz@netlab.co.jp> * version 1.0-971015
2019-08-17version 0.99.4-961224v0_99_4_961224Yukihiro Matsumoto
https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-0.99.4-961224.tar.gz Tue Dec 24 15:20:58 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.4-961224 * configure.in: charがunsignedかどうかもチェック * regex.c (SIGN_EXTEND_CHAR): __CHAR_UNSIGNED__にも対応 * pack.c (pack_unpack): 明示的にsigned charを指定. Mon Dec 23 14:41:23 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.c (load_file): 標準入力からのスクリプトで一時ファイルを使わ ないように * object.c (f_integer): `0x', `0'などでbaseを解釈するように. Fri Dec 20 01:44:39 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * Makefile.in (flock.o): flockに対応 Thu Dec 19 20:13:32 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.4-961219 Wed Dec 18 00:06:48 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * glob.c (glob_filename): strrchrがマクロの場合に対応 * configure.in: <sys/select.h>をチェック * ext/kconv/kconv.c: 1.62ベースに * ext/kconv/kconv.c: Kconvモジュール * string.c (str_substr): lenが元の文字列より長い時に対応 * parse.y (iterator): 「$bar do .. end」などは許さないように * parse.y (iterator): FID(foo!,foo?)をdo形式のイテレータにできる. * missing/flock.c (flock): lockf()を使って代替 * file.c (file_flock): flockを実装 Tue Dec 17 12:13:38 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.4-961217 Fri Dec 13 02:05:03 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * configure.in: RUBYLIBのカレントを後回し(@mix/awk offline) * dln.c: AIXに対応した?(@mix/awk offline) * eval.c (thread_schedule): critical sectionでも明示的なコンテキス トスイッチは起きないとまずい * re.c (reg_search): matchに失敗した時に$~をnilに. * re.c (reg_search): 毎回matchを生成するように Thu Dec 12 17:03:30 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * numeric.c (flo_to_s): 2.0.to_s -> 2.0に * eval.c (thread_save_context): $_, $~をthread毎に保存 * eval.c (thread_kill): main threadではexit(0) * string.c (str_split_method): 間違った結果を返していた Thu Dec 12 15:32:48 1996 WATANABE Hirofumi <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp> * dir.c: CYGWIN32対応 * ext/socket/socket.c: CYGWIN32対応 * io.c: CYGWIN32対応 Thu Dec 12 14:43:51 1996 Jun Kuroda <j_kuro@pluto.ai.kutech.ac.jp> * lib/tk.rb: wish4.2も探索候補に含める * config.guess: JCC対応 Thu Dec 12 00:41:17 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.4-961212 * parse.y (parse_string): """..."""はやはり無くすことにした * parse.y (parse_regx): %r|...|でterminatorを \ でエスケープできる ように * signal.c (posix_signal): sigactionを使うsignal * configure.in: posix signal/bsd signalの検出 Wed Dec 11 17:47:35 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_schedule): critical sectionではコンテキストスイッ チが起きないように * lib/thread.rb: SharedMutexクラス * lib/jcode.rb: String#scanを使うように Tue Dec 10 12:21:28 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961210 * string.c (str_split_method): 正規表現に()を含む時にバグ * lib/jcode.rb: ちょっとましになった * string.c (tr_setup_table): 置換文字が短すぎる(2文字)のときのバグ Mon Dec 9 11:38:04 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_scan): 文字列のマッチを行う.イテレータとしても動 作する * regex.c (re_copy_registers): allocatedが初期化されていなかった * re.c (match_to_s): $~の文字列化 * re.c (match_to_a): $~を配列化できるように * re.c (match_getter): レジスタが初期化されていなかった Thu Dec 5 11:06:10 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_split_method): マッチしなかった括弧は空文字列を pushするべきではない * string.c (str_succ): アルファベットを含まない文字に対応 Wed Dec 4 10:48:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961204 * io.c (io_binmode): DJGPPでのbinmode対応 * sprintf.c (f_sprintf): intの範囲の数値は直接sprintfで変換する * sprintf.c (f_sprintf): "%02s"に頼らない * re.c (reg_search): indexでSEGV Tue Dec 3 10:09:36 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961203 * ext/extmk.rb.in (install): INSTALL_DATAからINSTALLに変更 * dln.c: hpux対応 * string.c (str_aset_method): 負の値を含む範囲でも例外を起こさない * array.c (ary_replace): 負の値を含む範囲でも例外を起こさない * array.c (beg_len): beg==endの時,長さ0に Mon Dec 2 14:07:12 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * configure.in: HP shl対応 * string.c (str_upto): beg > endの時無限ループに落ちるのを止めた * range.c (range_each): String#uptoが再定義された場合に対応 * string.c (str_split_method): "ABC".split(/(B)/)が誤動作 Sat Nov 30 01:43:52 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): undefでSEGV Fri Nov 29 12:17:59 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): %Q#..#などに対応.しか し,区切り文字が演算子で行末にある場合には対応できなかった. * re.c (reg_raise): 例外でもスラッシュをエスケープ * re.c (reg_inspect): スラッシュをエスケープ * parse.y (parse_string): `%[QqXxRr](.)..\1'なる文字列形式(テスト 採用) * parse.y (parse_qstring): '''...'''の形式 * ext/dbm/dbm.c (Init_dbm): 述語key?,value?の追加 * ext/dbm/dbm.c (Init_dbm): includes->include? * hash.c (Init_Hash): 述語key?,value?,include?の追加 * eval.c (rb_eval): else節が実行されない(うーん) * string.c (str_sub_iter_s): イテレータブロック内でマッチが行われ ると位置がずれる(時に無限ループに落ちる) * string.c (str_resize): lenが0の時sizeの調整が行われなかった Thu Nov 28 00:59:54 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961128 * parse.y (parse_string): 3-quote styleの文字列(例:"""abc"d"e""") * configure.in (EXTSTATIC): extを静的にリンクする時にはrubyはdllを 使うように * io.c (Init_IO): getsの引数が間違っていた * string.c (str_each_line): RSを明示的に指定できるように Wed Nov 27 12:37:46 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961127 * eval.c (rb_eval): iver defined? でselfを指定するのを忘れた * io.c: gets等でRSを明示的に指定できるように * ext/extmk.rb.in (install): static linkに失敗 Tue Nov 26 10:33:04 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961126 * string.c (str_sub_s): 置換後の文字列長さが間違っていた Mon Nov 25 09:11:22 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * numeric.c (fix_rshift): 32以上の右シフトで0を返すように(Cの rshiftは(x>>(y%32))を返していた). * string.c (str_gsub): 置換が行われない場合があった * string.c (str_resize): 本当に必要な時だけrealloc Thu Nov 21 04:13:21 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * configure.in (EXTSTATIC): --with-static-linked-extで全てのモジュー ルを静的リンクするように * pack.c (pack_unpack): 行末の改行がない時にもチェックサムをスキッ プするように Wed Nov 20 96 21:42:51 1996 Yasuo OHBA <jammy@shljapan.co.jp> * configure.in: freebsd対応 Wed Nov 20 10:24:24 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/extmk.rb.in (install): 通常リンク用のLDFLAGSとダイナミックリ ンク用のDLDFALGSを分離 * ext/extmk.rb.in (install): コンパイルの成功したものを静的リンク のリストに追加する * eval.c (f_missing): オブジェクトの文字列表現が長すぎる時バッファ を書き潰していた * process.c (proc_exec_v): forkした後例外を発生させてはいけない Tue Nov 19 13:28:15 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961119 * eval.c (mod_method_defined): Module#method_defined? の追加 * parse.y (call_args): 引数が唯一のコマンドコールである時のバグ(戻 り値が展開されてしまう) Mon Nov 18 13:28:18 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_sub): 失敗した時にnilを返していた * string.c (str_split_method): 検索開始位置が移動してなかった * ext/socket/socket.c (sock_s_getservbyaname): まだ間違っていた * version 0.99.3-961118 * string.c (str_sub_s): 元の文字列を置換するのを止めた * pack.c (encodes): 領域外をアクセスしていた Fri Nov 15 17:10:35 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * bignum.c (big_divmod): Bignumが引数の場合の対応忘れ * sample/ruby-mode.el (ruby-expr-beg): word?形式への対応が不完全 Wed Nov 13 15:42:40 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_tr_s_bang): tr_sでtrが行われていなかった * eval.c (rb_eval): autoloadクラスのチェック * string.c (f_sub): subがsub!と同じ動作になっていた * eval.c (thread_sleep): stopとsleepの分離 Mon Nov 11 13:53:19 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961111 * numeric.c (fix_step): to, stepが整数以外の場合に対応 * eval.c (rb_call): dynamic varがdynamic scopingになっていた(これ はまずい) * string.c (str_chop_bang): 長さ0の文字列のchopで,領域外のアクセ スが発生していた. * parse.y (yyerror): 割り当てた領域外をアクセスしていた Fri Nov 8 11:54:46 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_yield): scopeをheapにコピー Thu Nov 7 09:56:53 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * numeric.c (num_coerce): とりあえず両辺をFloatに変換することに Wed Nov 6 10:45:13 1996 Yasuo OHBA <jammy@shljapan.co.jp> * lib/parsearg.rb: 第2引数を変更. Tue Nov 5 14:21:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961105 Sat Nov 2 01:11:40 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * bignum.c (big_pow): typo (dy -> dx) * bignum.c (big_divmod): 知らない型はfloatに変換してみる * numeric.c (fix_lshift): 境界条件のバグ(負になっていた) * bignum.c (big_pow): 無駄なfloatへの変換をなくした * math.c (math_atan2): typo(x -> y) Fri Nov 1 15:30:59 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/socket/socket.c (sock_gethostname): gethostnameがない時には unameを使ってホスト名を得る * ext/etc/etc.c (etc_getlogin): getloginがNULLを返しても環境変数を 調べるように * object.c (krn_clone): オブジェクトのフラグもコピー * hash.c (rb_cmp): ハッシュの比較を`=='でなく`eql?'に変更 * math.c (Need_Float): Float()を使って変換する * compar.c (cmp_gt): 以前の右辺を返す仕様の名残が残っていた Thu Oct 31 12:55:51 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961031 * numeric.c (Init_Numeric): typo * eval.c (error_print): 長すぎるtrace backを途中省略する * regex.c (re_compile_pattern): 全角のrangeに対応 Wed Oct 30 03:03:18 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.3-961030 * io.c (f_ungetc): 関数を追加 * eval.c (dyna_var_asgn): return値忘れ Tue Oct 29 10:05:28 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (f_split): 関数splitを追加 * eval.c (rb_call): ネストした外側のクラス/モジュールの定数を参照 できるように Mon Oct 28 09:51:03 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_sub): offsetが文字の末尾にある時のチェック * regex.c (re_match): 割り当てるレジスタの数が1多かった * io.c (io_gets): $/ = ""の動作をperlに合わせる(awkとはちょっと違 うらしい) * io.c (io_gets): $/ = nilの時少し高速化 * string.c (str_split_method): 括弧がnullにマッチした時にも無視し ないように * string.c (str_split_method): 括弧にマッチした分はlimitの数に含め ないように. * numeric.c (num_coerce_bin): coerceの定義を変更,2要素の配列 [x,y]を返すように * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): "do |aa|"の対応を改 善した. Sat Oct 26 01:43:51 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/marshal/marshal.c (w_object): ビルトインクラスのサブクラスを 正しく復旧できるように * ext/marshal/marshal.c (w_object): ユーザ定義dumpの優先 * numeric.c (flo_coerce): Float()を使って定義 * numeric.c (Init_Numeric): Numericのnewのundefはまずい * ext/marshal/marshal.c (w_symbol): シンボルの内容(文字列)は一度し かファイルに書き出さない. * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): if/while修飾子に対応し なくなっていた * bignum.c (Init_Bignum): Bignum.newを除く * eval.c (rb_eval): 引数評価後にファイル名と行番号を再設定 * numeric.c (flo_div): typo * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): def /, def `に対応 Fri Oct 25 09:26:29 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): "do |aa|"に対応 * array.c (ary_aset): indexがfixnumの場合ちょっと高速化 * eval.c (thread_fd_writable): 書き込み前のselectチェック * array.c (ary_assoc): 無限ループに落ちた * eval.c (thread_wait_for): selectがエラー終了した時,linux以外で の動作が正しくなかった. Thu Oct 24 08:26:48 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (backtrace): `$@'を文字列から配列に変更した. * eval.c (eval): eval中の例外発生位置を保存する * bignum.c (bigsub): オペランドの大小比較の失敗 * re.c (reg_search): 直接参照がない時にも`$~'がセットされるように Wed Oct 23 10:40:10 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-961023 * ext/marshal/marshal.c (r_bytes): mallocをやめ,allocaを使う * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 括弧の対応を変更. ()内ではインデントをレベルを合わせるように Tue Oct 22 12:59:11 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * hash.c (hash_s_new): sizeを指定できるように * ext/marshal/marshal.c (w_object): dumpする深さ制限を指定できるよ うに * array.c (ary_s_new): sizeを指定した時の初期化忘れ * object.c (f_float): big2dblの宣言忘れ. * bignum.c (bigsub): 大きさの近いBignum同士の演算で結果が負になる 場合に間違いがあった. * array.c (ary_aset): 置換先と置換元が同じ長さの時内容を shift(memmove)しないように. * ext/marshal/marshal.c (marshal_dump): ファイルフォーマットにバー ジョンを埋め込むように * ext/marshal/marshal.c (tmpnam): linux-aout-dln用に定義 Mon Oct 21 08:40:20 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/socket/socket.c (sock_s_gethostbyname): hostent構造体の情報 を返す (sock_s_gethostbyaddr): IPアドレスからhostent構造体を得る (sock_s_getservbyaname): getservbyname(3) Fri Oct 18 10:37:36 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): 移動先カラムが負になるバグ * eval.c (compile): evalで元ソースの行番号でエラーを表示する Thu Oct 17 09:52:28 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (eval): evalで文法エラーがあった時にSEGV * lib/safe.rb: Restricted.evalの中だけ制限を加える. * eval.c (error_print): バックトレースの出力.callerで例外発生位置 を調整した時に問題が出る(そんなことをしなければ良いのだが…) * eval.c (make_backtrace): バックトレースの生成 Wed Oct 16 12:56:22 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby-man-0.99.2-jp/index.html: 日本語版ドキュメントの完成(長かった…) * re.c (reg_regcomp): $=がnilの時の処理 * string.c (f_chop): $_に対するchop Tue Oct 15 11:04:23 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-961015 Mon Oct 14 18:22:38 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_schedule): BOW対応.selectが-1を返した時にバグ(実 はdo .. whileがcontinueで先頭にジャンプすると思い込んでいた.条 件の直前だったのね ^^);;;;; * sample/ruby-mode.el (ruby-mode-syntax-table): ?のsyntaxが"/"では まずいらしい * hash.c (rb_hash): name conflict Fri Oct 11 00:23:05 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-961011 * ext/marshal/marshal.c (w_object): 結局動いていなかった循環オブジェ クト対応を外した. * hash.c (rb_hash): Fixnumと文字列の高速化 * ext/marshal/marshal.c (w_object): 無駄なデータの削除(フォーマッ トの非互換性) * io.c (io_readline): 戻り値の不備 * ext/marshal/marshal.c (marshal_dumps): MSDOS対応 * ruby.c (load_file): MSDOS対応 Wed Oct 9 17:46:27 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/extmk.rb.in (install): 無駄なコピーを避ける * string.c (str_sub_method): マッチがなかった時のString#subの値が 違っていた. * eval.c (obj_extend): extendした時にobject_extendedを呼ぶように Tue Oct 8 00:55:38 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_alloc): 割当の平均化 * eval.c (thread_schedule): joinのバグを修正 * eval.c (thread_wait_for): selectへの割込みなどに対応 * eval.c (thread_select): linuxのselectの挙動に対応(timeoutが変化 する) Mon Oct 7 09:47:19 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-961007 * eval.c (PUSH_BLOCK): the_classの保存を忘れていた. * ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): sizeの保存する場所が間違っていた * ext/socket/socket.c (s_accept): thread対応していなかった Sat Oct 5 01:32:27 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * io.c (io_readchar): EOFで例外を発生させる Fri Oct 4 11:59:54 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/marshal/marshal.c (w_object): HashとObjectの復旧に必要なハッ シュテーブルが渡されていなかった. * variable.c (rb_path2class): ユーザ定義クラスの復旧に失敗していた * variable.c (rb_path2class): クラスが存在しない時のエラーをFatal からNameErrorへ. * range.c (range_s_new): first,lastが両方Numericの時エラーになって いた. * range.c: start->first, end->last Wed Oct 2 02:02:46 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c: DJGPPでchmod,chownを使えるように(ってDOSにchownがあるのか?) * class.c (rb_singleton_class): ビルトインクラスもextendしたり特異 メソッドを追加したりできるように * variable.c (rb_set_class_path): ユーザ定義のトップレベルクラスに pathを設定しない * eval.c (eval): 例外がRuntimeErrorに化けていた * eval.c (eval): eval中の例外の表現の改善 * eval.c (eval): eval_with_bindingとの一本化 * eval.c (rb_eval): クラス/モジュール定義の中から定義中のクラス/モ ジュールが参照できるように Tue Oct 1 01:40:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-961001 * parse.y: cur_crefが2度宣言されていた * signal.c (trap): SIGSEGV,SIGBUSのない機種に対応 * io.c (Init_IO): 引数タイプの指定間違い Mon Sep 30 15:28:00 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-960930 * config.guess,config.sub: $host_osが正しく設定されない * eval.c (rb_eval): yieldで正しくないselfが設定されていた * eval.c (ruby_run): toplevelの例外処理のバグ Mon Sep 30 09:13:26 1996 WATANABE Hirofumi <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp> * djgpp対応 Sat Sep 28 02:45:10 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-960928 * sample/ruby-mode.el (ruby-beginning-of-block): ブロックの先頭に 移動(正しくインデントしていないと動作しない) (ruby-end-of-block): 同上 * eval.c (class_s_new): Class#newがイテレータとして呼ばれた時は initializeもイテレータとして呼ばれるように * signal.c (sigsegv): SEGVでbacktraceを表示するように Fri Sep 27 09:51:07 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-960927 * eval.c (error_print): 引数のないraiseでメッセージが正しく表示さ れるように. * eval.c (rb_longjmp): mesgがnilの時RuntimeErrorを生成する. * eval.c (f_raise): 引数がない時に対応 * eval.c (thread_mark): stack上にないデータのアドレス変換を行って いた. * eval.c (Init_Thread): 割込みの間隔が1秒と長すぎた. Thu Sep 26 16:02:45 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_schedule): 一度ペンディングになるとフラグがクリア されていなかった. * process.c (rb_proc_exec): system/execの引数が空文字列であった場 合,例外を発生すべきだった. * config.sub/config.guess: 新しいものに置き換え Thu Sep 26 15:41:35 1996 WATANABE Hirofumi <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp> * io.c (next_argv): -i.bakをBOWとDOSに対応. Thu Sep 26 01:31:43 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * io.c (io_sysread): EOFで例外 * io.c (f_readline): EOFで例外を発生するように.getsは互換性のため nilを返すままにする * eval.c (proc_call): lambdaからのreturnでIN_BLOCKフラグが立ったま まだった * eval.c (PUSH_BLOCK2): threadに対応するためBlockを一度stackにコピー Wed Sep 25 11:54:11 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (method_call): Const::method()形式を使えるようにしてみた. 引数括弧は省略できない. * sample/test.rb: Process.killの存在を確かめてからテストを行う * eval.c (eval_with_binding): 第2引数としてbinding(またはlambda)を 与えるとその環境でevalを実行するようにした * eval.c (f_binding): 現在のbindingを返す関数 * eval.c: block構造体にthe_classを保存するメンバを追加 * process.c (Init_process): kill,wait,waitpidをProcessに移動 Tue Sep 24 02:44:43 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el: いろいろ問題が多いので以前の高速化は破棄. 別のアプローチを使った. * lib/tk.rb (Tk.pack): 複数のウィンドウを受け付けるpack Sat Sep 21 11:08:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (exprs): 空文も受け付けるように文法を変更.今までは改行 の連続だけが許されていた. Fri Sep 20 11:39:18 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * Failの大半を名前つき例外に変更. * re.c (Init_Regexp): 名前つき例外を導入. * eval.c (f_missing): Objectはinspectしない. * object.c (inspect_i): Object#inspectでloopに対応. * regex.c (re_search): /^$/が""にマッチしなかった. Thu Sep 19 19:25:12 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * regex.c (re_search): /^$/が非空行にマッチしていた. Tue Sep 17 10:28:11 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-960917 Mon Sep 16 10:47:56 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 演算子継続の場合の 文字列の判定のバグ * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): elseなどの次の行の インデント計算を正しく. Sat Sep 14 08:37:19 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.2-960914 Fri Sep 13 08:06:03 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/socket/socket.c (tcpaddr): port番号にntohsをつけ忘れ * dln.c (link_undef): テーブルの種類が間違っていた. * bignum.c (bigadd): 引き算が発生する時に計算違いが起きていた. * parse.y (iter_do_block): do..endでもdynamic variableを. * bignum.c (big_pow): より正確な計算を(整数同士ではfloatに変換しな い). Thu Sep 12 13:11:55 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * variable.c (rb_set_class_path): Stringクラスが初期化される前に Stringを作っていた.組込みクラスにはpathはいらない * parse.y (yylex): 0.1が0になっていた * parse.y (yylex): 行番号の不整合 * gc.c (oblist_live_obj): 今「生きている」全部のオブジェクトを返す イテレータ.そのクラス(またはサブクラス)の全部のインスタンスを返 すeach_object_ofも定義した. * class.c (rb_define_class_id): 無駄なクラスを割り当てていた.結果 として未初期化のクラスオブジェクトが存在していた. Wed Sep 11 00:56:23 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (yylex): octalの定数の検出をより正確に(090はエラーとか). * bignum.c (big_minus): yがxより大きい場合にエラー. * parse.y (yylex): エラー行番号の表示をより正確に * sample/ruby-mode.el (ruby-expr-beg): 変数名が1文字の時誤動作して いた. * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): ?/でループに落ちい たバグを修正. * enum.c (enum_min,enum_max): sortのようにイテレータとしても動作す るように. * enum.c (enum_find_all): typo Tue Sep 10 12:07:12 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * node.h (nd_line): NODEのlineをflagsに押し込めてオブジェクトサイ ズを小さくした.制限:32bit intのマシンの場合,ファイルの行数が 32767を越えると正常に表示されない. * st.c: hashとcompareの関数メンバを構造体にパック,クラス的な使い 方を行う.1 tableあたり4 byteの節約. Mon Sep 9 16:35:54 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (file_truncate): 提供されない時には特別な例外を発生するよ うに. * eval.c (Init_Proc): 不適切な位置のlocal-jumpを例外に. Sat Sep 7 17:06:15 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (proc_call): まだスコープがスタック上にある時には局所脱出 を有効にする.これで,procを生成してcallすることは,スコープを脱 出しない限り,yieldと同じ意味を持つことになる. Fri Sep 6 13:30:59 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): インデントが変わらない時に はバッファを変更しない. (ruby-calculate-indent): まず文字列の内部か判断してから,前の行 からパーズを行う.defunが大きくなった時の高速化. (ruby-in-string-p): 文字列の内部かどうかを判断する関数(以前の parseから分離) (ruby-parse-region): 文字列に対する処理をはずす. (ruby-beginning-of-block): ブロックの先頭に (ruby-end-of-block): ブロックの末尾に(遅い…) Thu Sep 5 14:23:07 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (file_s_split): [dirname,basename]にsplitする. * eval.c (rb_eval): evalの中でも定数の値が正しくなるように.これで 定数に関しては静的なスコープが保証されるようになった. * st.c (rehash): ハッシュ拡大の系数を2から1.79に.割算がより良い値 を返すように. Thu Sep 5 00:32:07 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (class_superclass) クラスのスーパークラスを返すメソッド. Wed Sep 4 16:54:56 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * random.c (f_rand): Bignumやlongの範囲を越えるFloatに対する乱数も 発生できるように. * struct.c (struct_alloc): Fatalではなく例外を発生させるように(通 常の使用で発生しうる). * struct.c (struct_s_members): Structの特異メソッドではなく,生成 されたStructクラスの特異メソッドにした. * st.c (st_init_table): ruby専用にパラメタを固定にした(サイ ズが減った) Mon Sep 2 11:37:59 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c (ary_shift): capaがあまりにも大きい時には領域をREALLOC (ary_pop): 同上 * string.c (str_inspect): multibyte character 対応にミス. (str_inspect): unsigned charにしないと符号展開されてしまう * parse.y (primary): `::'をprimaryに移動 Foo::Bar.Bazがエラーにな らないように. * parse.y (primary): オペレータ形式の特異メソッドが定義できない * random.c (f_rand): maxが0の時に対応 * io.c (io_printf): 関数を定義していたがインタプリタに登録していな かった. * file.c (file_s_basename): 第2引数が無い時にエラー. Thu Aug 29 10:49:40 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (expr): イテレータの新形式に「method do .. end」形式を採 用した.もちろん昔の形式も有効. * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): endの数の方が多い場 合にもエラーを起こさないように. Wed Aug 28 09:41:36 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * numeric.c (upto,downto,step,times): 対象がfixnumの範囲を越えても 動作するように. Mon Aug 26 10:04:37 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * missing/setenv.c (envix): typo(missing `== 0' for memcmp) * dir.c (dir_foreach): foreach(dir open -> read loop -> closeまで) * io.c (io_foreach): foreach(file open -> read loop -> closeまで) * Fatalのうち捕捉可能ないくつかを例外に. Sat Aug 24 23:56:37 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * bignum.c (bigdivmod): FIX2INT -> INT2FIX 大間違い Fri Aug 23 18:13:03 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * regex.c (re_free_registers): allocateしていない時には当然 free してはいけない. Thu Aug 22 01:20:35 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_create): 外側から強制終了させられたthreadは cleanupする必要が無い. Wed Aug 21 09:57:28 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_create): threadを終了させた大域脱出の情報を main_threadに渡すように. * parse.y (call_args): 最終引数に括弧を省略したメソッド呼出しを置 けるように(例: print foo bar, baz == print(foo(bar,baz))) Tue Aug 20 13:37:16 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (masign): 多重代入とrest引数の動作を合わせて空の配列を代 入するように. * parse.y (arg): defined?の強度をもうちょっと強く * eval.c (error_print): -wで例外名も表示するように * eval.c (rb_eval): 新構文に対応 (handle_rescue): 捕捉する例外を kind_of? で同定 * parse.y (primary): rescueの構文を変更(同定引数の追加,複数rescue) * Fail()のかなりを適当な例外を使うように * eval.c (thread_interrupt): Interrupt(今はnon-local jump)は main-threadに送られるように. * eval.c (rb_longjmp): $! の内容を文字列から例外クラスに変更 (rb_raise): rb_fail から名称変更 (rb_interrupt): 例外化 (rb_exit): 例外化 * error.c (Init_Exception): 例外クラスの新設(文字列のサブクラス) Mon Aug 19 19:40:52 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (trap): 古いハンドラを返すように. Wed Aug 14 00:07:18 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_trap_eval): ハンドラのためにthreadをforkすることを止 めた. * eval.c (thread_mark): thread毎の $!, $@ をマークし忘れ * ext/dbm/dbm.c (fdbm_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素 が無ければブロックを評価する. * hash.c (hash_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素が無けれ ばブロックを評価する. * array.c (ary_delete): イテレータとして呼ばれた場合,要素が無けれ ばブロックを評価する. * eval.c (rb_interrupt): SIGINTのデフォルトをexitから特別な大域脱 出に.やはり割り込まれた位置の表示が無いのは寂しいので. Tue Aug 13 01:34:00 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_exit): sub-thread内でのexitもstatusを保存するように (thread_create): 自thread内のexitに対応 * signal.c (sighandle): SIGINTのデフォルトハンドラはexitするように (以前は例外を発生していた). * 例外の一部をFatalに. * string.c (str_aset): 文字列の置換の対象が部分文字列でなかった時, 例外を発生させないように * eval.c (proc_call): Procの中からbreak/nextは通し,他のものは通さ ないように Mon Aug 12 14:15:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (krn_type): 文字列を返す * eval.c (thread_create): sub-thread内でのexitに対応 * numeric.c (fix_type): 文字列を返す * io.c (f_p): デバッグ用データ表示メソッド * eval.c (f_missing): nil/TRUE/FALSEを特別扱い * string.c (str_inspect): 長い文字列を短縮表示.inspectの働きを human readable stringの生成に統一(re-generatable string は正式に 無くなった). Sat Aug 10 16:54:21 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (Init_Object): kernel/nil/false/trueのクラス名を変更(小 文字に),rubyスクリプトからアクセスできないように. * eval.c (rb_eval): CONSTANTのアクセス先を単純化.crefを使わない. * eval.c (f_eval): 特異メソッド内でも定数の値が正しくなるように Fri Aug 9 12:23:17 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c (ary_concat): append -> concat Stringに合わせた * parse.y (yylex): `$;'が使えなかった. * array.c (ary_push_method): 複数引数を受け付けるように. (ary_unshift): 複数引数を受け付けるように. * io.c (io_popen): IO.popenでcommand pipeが開けるように. * object.c (Init_Object): KernelとNilをruby scriptからアクセスでき ないように. Thu Aug 8 01:21:47 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (f_integer): 整数への変換関数 (f_float): 実数への変換関数 (f_string): 文字列への変換関数 (f_array): 配列への変換関数 * bignum.c (big_to_i): FIXNUMの範囲でない時はBignumのまま返すよう に変更. Wed Aug 7 09:28:38 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99.1-960807 * parse.y (mlhs): 「*foo = 1,2,3」タイプの多重代入も可能に. * object.c (Init_Object): クラスTrue/Falseをruby scriptからアクセ スできないように. * object.c (nil_inspect): inspect表現は"nil"に * io.c (io_print): nilのprintをnilに. * object.c (nil_to_s): nilの文字列表現を""に. Tue Aug 6 01:12:32 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * dir.c (dir_s_open): file descripterが足りない時にはgcしてからも う一度openしてみる. * io.c (rb_fopen): すべてのfopen()についてfile descripterが足りな い時にはgcしてからもう一度openしてみる. * ext/socket/socket.c (Init_socket): 定数の追加. * sample/ruby-mode.el (ruby-indent-to): インデント後のカーソル位置 の調整を正しく. * gc.c (gc): 割込みチェックを行わない(Cコードの中で安心して malloc()が使えなくなるので). * st.c (call_hash_func): signalとthreadによる割込みに対応. * sig.h (DEFER_INTS): 割込み禁止区間の指定 * eval.c (f_require): threadによるrequireの競合に対応(最初の requireが終了するまで他のthreadは待つ). * bignum.c (str2inum): 0x80000000の値が負になっていた * sprintf.c (f_sprintf): 文字列末尾,行末の単独の`%'に対応 * bignum.c (big_cmp): 比較の結果が逆になる時があった. Mon Aug 5 10:58:13 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * process.c (proc_exec_v): 例外のメッセージを分かりやすく. * ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): nilを格納すると要素の削除になる * ext/dbm/dbm.c: サイズをキャッシュ. Sat Aug 3 01:52:52 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_fail): `fail'が引数無しで呼ばれた時だけ以前の`$@'を保 存するように. * eval.c (f_fail): frameの調整 Fri Aug 2 11:26:21 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/socket/socket.c (bsock_setopt): valとしてTRUE/FALSE/Fixnumも 受け付けるように. * ext/socket/socket.c (Init_socket): SO_REUSEADDR等の定数の追加 * ext/md5/md5init.c: md5モジュール(初の複数ファイルからなるモジュー ルでもある) * ruby.h (Make_Data_Struct): Data: objectのinstance変数に格納 -> Data型のObjectに(Dir,Time,Proc,Thread,DBM) Thu Aug 1 11:38:44 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): valueが文字で無い時に対応 Wed Jul 31 10:53:42 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/socket/socket.c (open_inet): htonsが必要であった (tcpaddr): ntohlで変換した * process.c (rb_proc_exec): execvp -> execv Tue Jul 30 17:48:33 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c: `$?'をthread localに * Makefile.in (install): install時にstripを行う * configure.in: install時のstripの検出 * configure.in: NEXTSTEP対応 * version 0.99.1-960730 Tue Jul 30 16:40:35 1996 SHIROYAMA Takayuki <psi@fortune.nest.or.jp> * dln.c (dln_load): NeXT dln(mach-o)対応.configureは未対応 Tue Jul 30 09:46:51 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * process.c (f_system): 複数引数もとれるように * process.c (f_exec): 複数引数もとれるように * array.c (ary_append): 配列(またはEnum)の要素を破壊的に追加 * array.c (ary_plus): Enumはその要素を追加 * file.c (file_s_open): File.openを追加 * struct.c (struct_new): FIX2INTを忘れていた * file.c (Init_File): exists? -> exist? * object.c (obj_is_kind_of): is_kind_of? -> kind_of?, is_a? * object.c (obj_is_instance_of): is_instance_of? -> instance_of? Mon Jul 29 16:40:02 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (parse_regx): 式展開を行った場合,casefoldの設定ができて いなかった. * object.c (true_type): TRUE/FALSEにtypeを実装. * parse.y (read_escape): 3文字以内のoctalに対応(\0とか) Fri Jul 26 00:31:45 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c (ary_reverse_bang): in-placeで配列を反転させる (ary_sort_bang): in-placeでsortする (ary_sort): sortした配列を返すように (ary_delete_at): 指定した位置の要素を削除する * eval.c (rb_call): stack深さチェックを毎回は行わないように * error.c (Warning): 実行中のwarningが表示されていなかった * eval.c (compile): 例外発生を分離. * eval.c (f_eval): 変数rb_in_evalを正しく管理するように * ext/dbm/dbm.c (fdbm_store): 格納するkeyを文字列に変換 * eval.c (rb_call): 無限再帰のチェックを大域脱出を行うC methodにも 対応させた.threadのstack深さチェックルーチンを流用. * parse.y (yylex): 第1引数のunary -/+の判定が間違っていた. * parse.y (yylex): unary +で数字を余計に読んでいた(ex. +5 -> 55) Thu Jul 25 12:15:04 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (yylex): 曖昧でない引数に対して警告を出していた. * eval.c (iterator_p): 引数で呼んでも正しい結果を返すように. * parse.y: break/next/redo/retryのメソッド化. * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): nestのチェックミス * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 予約語のチェックを強化 * parse.y (primary): unless/untilの復活 Tue Jul 23 18:50:10 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c (Array#empty?), Hash.c (Hash#empty?), ext/dbm/dbm.c (DBM#empty?): 空の判定述語 * eval.c (f_unless): ifの逆をするイテレータ * eval.c (f_until): whileの逆をするイテレータ * parse.y: notの優先順位をand/orより高く * parse.y (expr): `!'を引数括弧を省略したcallでも有効に Mon Jul 22 10:15:38 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960722 * array.c (ary_print_on): OFSのNILチェックが不完全 * ruby.c (load_file): 標準入力からのスクリプトが空の時に対応. * ruby.c (proc_options): -wでは引数無しの時には標準入力からスクリ プトをとる(-vではたんに終了する). * array.c (ary_compact): nilの要素を取り除くメソッド * array.c (ary_nitems): nilでない要素を数えるメソッド Sun Jul 20 00:51:53 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.c (proc_options): -w optionを追加 * parse.y: {}が閉じていない時には展開しない文字列を Fri Jul 19 16:16:05 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960719 * lib/find.rb: 石塚版(pruneの拡張付き) * file.c (test_l): lstatで調べないとね. * eval.c (f_throw): 第2引数を省略可能に. * parse.y (str_extend): {}のネストに対応 Thu Jul 18 18:25:46 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960718 * parse.y (str_extend): 文字列中の式展開に \" ' ` / を含む事ができ るように. Tue Jul 16 15:55:31 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 正規表現内のエスケープ に対応 * version 0.99-960716 Fri Jul 12 10:06:19 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * io.c (f_select): 引数のclose check. * ruby.c (load_file): #!行の引数チェックを第1引数に限定(実をいうと DOS改行対策) Wed Jul 10 17:18:35 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960710 * time.c (time_s_timegm/time_s_timelocal): 時間を生成するメソッド Mon Jun 17 15:59:20 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960617 * parse.y (yyerror): エラー表示の簡略化. Wed Jun 12 14:11:01 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (rb_trap_exit): trap 0はthreadを生成せずに処理する. Fri Jun 7 10:17:01 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c/hash.c (indexes): 配列1引数のパターンを無くした.配列の 場合は`*ary'を使ってもらおう. * eval.c (thread_wait_threads): main_threadが終了する前に他の threadを待つ(強制的には終了させない). (ruby_run): 他のthreadを待っている間にシグナルが来たら,全thread を強制終了させる. * eval.c (rb_fail): メソッド名を`$!'に埋め込む. * eval.c (thread_create): main_threadのコンテクストがセーブされな い場合があった. * process.c (f_sleep): 時間を指定せず,threadがひとつしかない状況 にも対応. * eval.c (thread_create): create後,fnを呼び出す前にcontext switch が起きると違うcontextでfnが実行されてしまうバグ. Mon Jun 3 08:03:17 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * struct.c (struct_s_def): メンバの指定を文字列,シンボル(FIXNUM) 双方で可能にした. * ext/etc/etc.c (Init_etc): 構造体オブジェクトをGCから保護した. * error.c (rb_sys_fail): nil/FALSEを引数として受け付けるように. Thu May 30 16:19:08 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_select): EINTRに対応. Wed May 29 11:04:51 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (f_catch): catch/throwを実装した. Tue May 28 13:30:52 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960528 * eval.c (thread_cleanup): main threadが終了すると他のthreadも終了 することの明確化. * signal.c (trap): SIGINTのデフォルトの設定ミス(本当にSIG_DFLでは まずかった).rubyではちゃんとハンドルしないと. * eval.c (thread_interrupt): SIGINTはmain_threadに例外を発生させる ように. Mon May 27 15:13:31 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_status): threadの状態を返すメソッド.threadの終了 を待たない. * eval.c (thread_value): 一種のpromiseを実装するためのメソッド. * eval.c (thread_join): 待っているthreadが例外を起こした時には, joinがその例外を発生するように. * eval.c (thread_create): threadでの例外をpropagateしないように. Fri May 24 10:47:53 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * enum.c (Init_Enumerable): `size' as alias to the `length' * eval.c (thread_save_context): `$@', `$!'をスレッド毎にセーブ. * eval.c (superclass): エラー表示をより親切に. Thu May 23 10:38:41 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.99-960523 * eval.c (superclass): エラー時にスーパークラス名を(分かれば)表示 するように. Wed May 22 19:48:42 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (superclass): スーパークラスの指定子を`:'から`<'に変更. Tue May 21 09:27:59 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * lib/thread.rb: threadをサポートするクラス(Mutex, Queue). Mon May 20 09:39:49 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * time.c (time_cmp): 浮動小数点数も扱えるように. (time_minus): Time - Timeが浮動小数点数を返すように. Fri May 17 15:40:10 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * process.c (rb_proc_exec): Thread対応時にexecの直前に ITIMER_VIRTUALをリセットする. Tue May 14 02:12:44 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (sighandle): SIGINTに対してデフォルトで例外を発生させる のをやめ,status 130でexitするようにした. * eval.c (thread_schedule): Threadのバグはほとんどとれたようだ. Fri May 10 11:21:08 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (thread_schedule): ユーザレベルThread機能.効率はともかく 移植性はある.今後,thread間の通信機能を実装する予定. Thu May 2 21:22:31 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * time.c (time_timeval): struct timevalを直接返すように(static変数 を使わない). Wed May 1 17:27:32 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * process.c (f_sleep): 整数以外のtimeを指定できるように. Thu Apr 25 08:19:15 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (file_s_dirname): ファイル名が"/"を含まない時,"."を返す ように(GNU dirnameの仕様). * file.c (file_s_basename): まだnilと0を混同しているソースが残って いた. * parse.y (exprs): エラーリカバリを追加. Wed Apr 24 15:51:05 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_chop_bang): CRLFの場合2 bytesをchop!するように. * ext/socket/socket.c (tcp_svr_s_open): まだnilと0を混同しているソー スが残っていた. Tue Apr 23 18:14:25 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * pack.c (pack_pack): "A/a"のバグ.余計なpaddingが入っていた. Thu Apr 18 13:02:11 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * configure.in: アーキテクチャ依存部を別ディレクトリにインストール するように. * parse.y (yyerror): エラー発生時にエラー行とその位置を表示するよ うに. Wed Apr 17 14:22:42 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * defines.h: SAFE_SIGHANDLEを無くし,危険な選択はできないように. * io.c (io_ungetc): 新機能. * ruby.c (load_file): ファイルからの読み込み方式が変わったのに対応. * parse.y (compile_file): ファイルからの入力を一度全部読み込むのを 止めて,getsを使うことにした. Wed Apr 10 17:40:11 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.98 Tue Apr 9 09:54:30 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (iter_block): イテレータブロックの指定をメソッド呼び出し に限定.文法の明確化. * eval.c (rb_eval): 条件式の正規表現の比較をinline化. * eval.c (rb_eval): defined? の 定義情報(種別)を文字列で返す. * node.h: NODE_BEGIN -> NODE_RESCUE, NODE_ENSUREに分離. * eval.c (rb_eval): option -n/-pのトップレベルループのinline展開. * parse.y (cond0): 条件式中の文字列は比較の対象としない Wed Mar 27 12:33:54 1996 Tairo Nomura <tairo@hucom.tp.titech.ac.jp> * defines.h: NeXT対応 Wed Mar 27 10:02:44 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y: 予約語の変更 continue -> next Mon Mar 25 07:34:37 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (parse_regx): o(once)オプションを追加. Fri Mar 22 14:25:35 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.97d * eval.c (dyna_var_defined): 動的ローカル変数の定義チェック用ルー チン. * parse.y (gettable): eval()の中での動的ローカル変数(既に値を持っ ているもの)の検出に失敗していた. Tue Mar 19 10:46:47 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.97c * re.c (reg_s_new): compile時にsegmentation fault. * parse.y (str_extend): いつもevalするように. Wed Mar 13 11:00:42 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (str_extend): 文字列中の式展開の不備を無くした. * parse.y: 下手なエラーリカバリを外した. Tue Mar 12 12:30:20 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rescue): 間違ってensureでも例外を捕捉していた. Wed Mar 6 12:11:03 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (var_extend): 変数展開"#{}"で,任意の式を書けるようにし た,これで「変数」展開では無くなっちゃったなあ. * regex.c (init_syntax_once): `_'をwordに追加. * regex.c (re_compile_pattern): `\w',`\W'の判定をsyntax tableを使 うように. Tue Feb 27 10:15:32 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (obj_inspect): 表示するインスタンス変数が無い時には, to_sを使う. * configure.in: dlnの検出を自動的に. Mon Feb 26 19:55:33 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.c (readin): read(2)で一度にファイルが読み込めない場合に対応. Sat Feb 24 14:47:18 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.97b Fri Feb 23 11:26:02 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * class.c (rb_define_module): C言語で定義されたモジュールのPATHの 設定忘れ.文字列化でcore dump. * eval.c (mod_include): 戻り値をnilに. * version 0.97a Thu Feb 22 21:03:42 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * array.c (ary_times): 「配列*文字列」がjoinと同じ働きをするように. Wed Feb 21 11:18:09 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * configure.in : fileCountをcache. * configure.in : LinuxでELF環境を自動的に検出できるよう. Tue Feb 20 11:18:09 1996 Mitsuhide Satou <mit-sato@aries.bekkoame.or.jp> * FreeBSD dynamic link対応. Fri Feb 16 08:50:01 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (obj_inspect): インスタンス変数を持たないオブジェクトも 正しく表示されるように. Wed Feb 14 16:56:44 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): 条件式の`2..2'など左辺成立直後に右辺が成立する パターンにバグ. Tue Feb 13 18:22:22 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.97 Fri Feb 9 21:32:55 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * lib/tkscrollbox.rb: スクロールでtclの設定を行い,ruby<->wishの不 要な通信を無くした. Wed Feb 7 10:26:52 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_aref): indexをunsigned intでとっていた. * string.c (str_aref): 範囲外のindexに対してnilを返す. * parse.y (special_local_set): `$_'が宣言無しに使われた場合に対応. 関数をvariable.cから移動. * string.c (str_sub): 置換開始位置が間違っていた. Tue Feb 6 16:17:31 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): コメントの読み飛ばしの バグ. Fri Feb 2 18:35:28 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * variable.c (lastline_get): `$_'を`$~'と同じようにSCOPEローカルな 変数にした. Thu Feb 1 14:14:07 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c: statのcacheをやめた. Wed Jan 31 07:13:08 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (proc_s_new): procの中でyieldを呼ばれた時にcore dumpして いた.とりあえず例外を発生させる. * variable.c (rb_class2path): singleton classに対応. * ext/etc/etc.c (Init_etc): struct_defineのターミネータがnilだった (0でなければならない). * ext/marshal/marshal.c: TRUE/FALSEを吐き出せるように. * eval.c (rb_get_method_body): キャッシュのalias対応,いままでは aliasはキャッシュに入っていなかった. Tue Jan 30 09:55:13 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): NODE_BLOCK - tail recursive(というほどでもない が). * io.c (io_pipe): pipe(2)を実装した. * eval.c (rb_eval): Qselfをなくした.thread対応への第一歩.先は遠 いが…. * eval.c (proc_call): procの中でのreturnはprocの終了を意味するよう に.ただし,procからのyieldの中でのreturnは例外を発生する. Wed Jan 24 11:33:48 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.96a * dir.c (dir_each): `$_'の値を変更するのをやめた. * io.c (f_readlines): nilとFALSEの分離のあおりで無限ループに落ちて いた. * ruby.c (ruby_options): $0の設定ミス. Tue Jan 23 15:28:21 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): ``は文字列を引数とするメソッド(`)呼び出しのシ ンタックスシュガーであるとした. * ruby.c (addpath): `-I'オプションでディレクトリが「前に」追加され るように変更. Fri Jan 19 11:23:12 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * dln.c (load_1): N_INDR対応(出来たような気がする). Thu Jan 18 18:14:20 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.texi: FALSEとnilの分離を反映した. Tue Jan 16 17:39:23 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.96 - とりあえずnilとFALSEを区別する版 Wed Jan 10 15:31:48 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * re.c (reg_match): マッチしなかった時の戻り値はFALSE. * object.c (rb_equal): `0 == nil'がTRUEになるバグ. Tue Jan 9 00:44:58 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * nilとFALSEが分離可能に変更. * nilとFALSEと0の区別を厳密に. * struct.c (struct_new): 引数を0で終る必要が無くなった. * object.c (inspect_i): オブジェクトのチェックのバグ(Fixnumでcore dumpしていた). * range.c (range_to_s): Rangeの表示を改善. * object.c (true_inspect): TRUEの表示を`TRUE'に. Mon Jan 8 15:02:33 1996 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * numeric.c (fix_mul): divide by zero errorが発生した(オーバーフロー 検出のバグ) * texinfo.texをパッケージに含めた. Sun Dec 31 00:08:49 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): `::'では,そのクラスで定義された定数を参照する ように変更. * string.c (Init_String): eachをeach_lineに戻した. Thu Dec 28 12:31:55 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): caseの演算子を`=~'から`==='に. * variable.c (rb_const_set): クラス定数の再定義を許す(同じクラスで は不可).警告は出す. Wed Dec 27 13:27:52 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.95c * ext/tkutil/tkutil.c: wishがあってもなくても一応コンパイルだけは するように. * lib/tk.rb: 環境変数PATHから{wish|wish4.0}を探すように. Tue Dec 26 01:03:42 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-parse-region): 正規表現の検出強化. * numeric.c (fix_mul): 乗算のオーバーフロー検出アルゴリズムのバグ. * ext/extmk.rb.in: ./install-shを使う場合のPATHを調整. * Makefile.in (install): lib/*.rbを一つずつインストール. * io.c (io_each_line): イテレータの戻り値をnilで統一. Fri Dec 22 10:34:32 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.95b * variable.c (f_untrace_var): 第2引数を指定すると特定のtraceを削除 できるように. * variable.c (f_trace_var): 第2引数がnilの時,traceを削除する. * lib/tk.rb (file_readable/file_writable): 第2引数をnilにすること によるevent handlerの削除. * parse.y (variable): ドキュメントに`__FILE__'と`__LINE__'が残って いた.`caller(0)'で代用したはずだったのに. * eval.c (f_eval): $!のリセット. * error.c (err_sprintf): 勝手に"\n"を付加するのを止めた. * parse.y (f_arglist): 引数リスト直後のif/whileの読み間違い. lex_stateの値が設定されていなかった. Co-authored-by: Jun Kuroda <j_kuro@pluto.ai.kutech.ac.jp> Co-authored-by: Mitsuhide Satou <mit-sato@aries.bekkoame.or.jp> Co-authored-by: SHIROYAMA Takayuki <psi@fortune.nest.or.jp> Co-authored-by: Tairo Nomura <tairo@hucom.tp.titech.ac.jp> Co-authored-by: WATANABE Hirofumi <watanabe@ase.ptg.sony.co.jp> Co-authored-by: Yasuo OHBA <jammy@shljapan.co.jp>
2019-08-17version 0.49v0_49Yukihiro Matsumoto
https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-0.49.tar.gz Mon Jul 18 10:19:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y: 多重代入を処理するルールにバグがあって, 3要素以上の多重 代入に失敗していた. * eval.c(rb_eval): 多重代入で, 右辺が配列でない時には`to_a'メソッ ドで配列に変換して代入するようにした. 今までの仕様だと右辺値が第 1要素にそのまま代入されていたが, structなど配列に変換できるもの は変換した方が嬉しい気がする. * dbm.c,dict.c(delete_if): メソッド追加. * process.c(wait,waitpid): システムコールwaitpidまたはwait4がある 時はそちらを使うように. configureもそれらをチェックするように変更. * dbm.c, dict.c(clear): メソッド追加. Fri Jul 15 10:54:45 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * array.c(Fary_fill,Fary_clear): メソッドを追加. * string.c(Fstr_split): $;の値が長さ1の文字列である時, これを正規 表現化しないで, 単なる文字として分割する. * string.c(Fstr_aset/Fstr_aref): インデックスが文字列の範囲外だっ た時の動作をArrayを参考に修正した. * array.c(astore,Fary_aset): 領域をreallocした後, ゼロでクリアする ように. 今まで配列にゴミが入っていた. * array.c: []/[]=でのインデックス関係を整理. 基本的に負のインデッ クスに代入しない限り例外は起きないように変更した. 必要に応じて適 当に解釈して, 必要ならば領域を拡張するように. Thu Jul 14 11:18:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * autoexec.c: 削除. autoload関係の機能は今後検討しよう. * dict.c: 辞書クラスの正式名称をDictに変更した. 別名としてHashを用 意した. 今までDictionaryなどと長い名前にしていたが誰も使っていな かったしね. *BACKWARD INCOMPATIBILITY* * parse.y: Dictを生成する構文を追加. こちらを{..}にした. * parse.y: 配列を生成する構文を[..]に変更した. 過去のRubyスクリプ トとの互換性が保てないが, Dictを生成する構文を導入するに当たり, perl5に合わせて(意識して), 変更する時期は今しかないと考えた. *BACKWARD INCOMPATIBILITY* * eval.c(Feval): eval()でメソッドを定義する時, 定義されるクラスを メソッドの所属するクラスにした. 今まではObjectクラスに定義されて いた. * parse.y: ローカル引数がない時のeval()で落ちていた. Thu Jul 14 11:18:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * eval.c: メソッドが存在しない時にはKernel:_undefined(id)が呼ばれ るように. しかし, rubyでは個々のメソッド毎の処理よりも, クラス 単位の処理が必要な気もするなあ. * autoexec.c: 削除. autoload関係の機能は今後検討しよう. * dict.c: 辞書クラスの正式名称をDictに変更した. 別名としてHashを用 意した. 今までDictionaryなどと長い名前にしていたが誰も使っていな かったしね. *BACKWARD INCOMPATIBILITY* * parse.y: Dictを生成する構文を追加. こちらを{..}にした. * parse.y: 配列を生成する構文を[..]に変更した. 過去のRubyスクリプ トとの互換性が保てないが, Dictを生成する構文を導入するに当たり, perl5に合わせて(意識して), 変更する時期は今しかないと考えた. *BACKWARD INCOMPATIBILITY* * eval.c(Feval): eval()でメソッドを定義する時, 定義されるクラスを メソッドの所属するクラスにした. 今まではObjectクラスに定義されて いた. * parse.y: ローカル引数がない時のeval()で落ちていた. Tue Jul 12 09:41:28 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * pack.c: uuencode形式のサポート. * `-0'を`-R'に. 出力レコードセパレータをコマンドラインから指定する 方法はなくなった. どうも, 仕様がゆれるなあ. Mon Jul 11 09:51:24 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * ruby.c: `-r'オプションは`-0'オプションになった. 当面は`-r'も有効 だが変更される可能性がある. `-R'は当面はそのまま. * version.c: version表示に日付を含めた. * parse.y: private methodの復活. RubyのprivateメソッドはC++におけ るprotected methodに該当するもので, `@'で始まる名前を持つ. * env.h: struct ENVIRONの定義を分離. * parse.y: `\$var', `\@var', `%var'も許すように. * variable.c(Fdefined): idも引数として受け付けるように. * parse.y: if文/unless文にキーワードthenを追加. thenなしというのは, 意外と間違いが多いので. もちろん省略できる. Sat Jul 9 02:16:04 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * eval.c(rb_eval): class/moduleの評価で新しいスコープを割り当てて いなかった. スコープ割り当て部分をrb_call()からrb_eval()に移した. * eval.c(rb_call): realloc()に渡される事のある, ローカル変数用の領 域をalloca()していた. たまに落ちるわけだ. * string.c(Fstr_times): 割り当てた領域を越えた部分を変更していた. Wed Jul 6 15:52:42 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * socket.c: Socket -> BasicSocket, RawSocket -> Socket に改名. * string.c(ucfirst,lcfirst): 最初の1文字だけの大文字/小文字変換. * numeric.c(chr): 整数の文字列化メソッド. * inits.c, dbm.c: DBMが使えない時はクラスそのものを定義しないよう にした. 利用できないクラスはnilとすることを今後のポリシーとしよ う(いままではアクセスした時点でエラーが発生していた). autoexec() のあり方も検討が必要になりそうだ. * bignum.c(bigadd): バグ修正. Thu Jul 7 11:12:18 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * eval.c(Fload,Feval): eval_treeをクリアし忘れていた. * _inspect: オブジェクトを可読形式の文字列に変換する(主にデバッグ 出力用). Wed Jul 6 00:57:18 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * numeric.c, bignum.c: 整数に対する`[]'演算子. nビット目がセットさ れているかどうかを返す. Tue Jul 5 12:48:39 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * io.c(Feof): 追加. コマンドラインからなる仮想ファイルについても EOFが検出できるように. * ruby.c: -l/-r/-R/-Xオプションの追加. * ruby.c: -n/-pオプションのloopの付加などをメインルーチンに移動し た. これで, オプションの解析途中で(`-c'オプションのせいで)終了な どといったことはない. * io.c(Fgets): 高速化. 凝ったことをしない方が速かった. 虚しい. Mon Jul 4 15:55:48 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * Socket:getsockname/getpeername - ようやく仕様が安定した. * io.c(Fgets): eachでgetsを記述するのではなく, getsでeachを記述す るようにした. Fri Jul 1 10:35:49 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * $ENV[env] = nil/$ENV.delete(env)で環境変数を削除できるようになっ た. $ENV.deleteは環境変数の以前の値を返す. * !~の定義が間違っていた. * Dict,DBM:[]= - nilの代入によって要素を削除できるようになった. こ れにともないnilはDictの要素になれなくなった. * ソースの整理. 盲腸のような使われていないコードをなくしたり, 変数 名を付け変えたりした. Fri Jul 1 00:21:29 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Array:join() - 要素数0の配列に対して空文字列を返す. * RawSocket:open(),socketpair() - 文字列で指定できるドメインとタイ プをいくつか追加した. Thu Jun 30 13:51:29 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * -fオプションをなくした. 昔(loadのなかった頃)の名残なので, 今となっ ては必要ないだろう. * -sオプションを追加. perlの-sオプションと同じ動きをする. * RawSocketクラスを提供する. Socketに対するシステムコールレベルの アクセスが可能になった. Thu Jun 30 00:27:19 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Socket - bug fixes. * linuxではsyscall(SYS_select)が正常に動作しない. * Socket:addr,peeraddr - 配列としてsockaddrの情報を返す. Wed Jun 29 00:14:20 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Socket:setopt,getopt - setsockopt(2), getsockopt(2)へのアクセス を実現. * sprintf() - rubyにはunsignedは無いので, %uを取り除いた. * sprintf() - %b, %x, %oでは2の補数表現, %B, %X, %Oでは符号付き表 現で出力するように. ここ数日でsprintf()の仕様がゆらいでいたが, これで落ち着きそうだ. Tue Jun 28 14:42:03 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * Bignum:<<,>> - 2の補数をとる処理を除いた. シフト演算には関係ない 処理だった. * Bignum:^ - bug fix. 符合が反対だった. * sprintf() - 2進出力子"%b"を追加. * sprintf() - %x, %oでFixnumを出力する時, 2の補数表示を行なわない. * sprintf() - %x, %oはやはり負の数の時は`-'を出力するように. Mon Jun 27 14:56:13 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * sprintf() - Bignumについても%d, %oは(2の補数表現に変換して)正の 整数を表示するようにした. * Bignumに対する論理演算の定義を修正した. 負の数は2の補数表現であ るとみなし, かつ仮想的に左側に無限に1が連続しているような演算結 果を得る. * Fixnum:<<,>> - 符合付シフトに変更. * Bignum:>> - 負の整数のシフトに対応した. * __END__, ^D, ^Zでスクリプトを終了できる. * -xオプションを追加. #! ..rubyなる行まで読み飛ばす. * -cオプションを追加. コンパイルのみを行う. Sat Jun 25 01:37:21 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Fixnum:<< - 必要に応じてBignumに拡張して左シフトするように. よっ て, シフト幅が32を越えるとCやPerlとは違った値を返す. Fri Jun 24 10:01:28 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * ioctl()/fcntl() - システムコールを呼び出す前にバッファの大きさを 調節するようにした. * String:toupper/tolower - 文字列を置き換えたコピーを作るのではな く, 元の文字列の内容を変更するようにした. * inplace editを実現した. perlと同じように`-i'オプションで指定する. もっとも, こちらはMS-DOSのこととか考えてないけど. * デフォルトの出力先を追加した. 今までは$stdoutに代入するしか方法 はなかった. Fri Jun 17 10:55:08 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * 環境変数にアクセスする方法としてgetenv()/setenv()以外に$ENVを用 意した. $ENVは文字列-文字列の辞書であるかのように動作するEnvDict オブジェクトが代入されている(eachはassocを与える). * nilに代入するとcore dumpした. コンパイル時のチェックを強化. * Struct: struct_new()の引数をGCプロテクトする必要がある. せめてス タック領域だけでもスキャンできるようにしなければいけないんだろう か? でも, 移植性がなあ. Fri Jun 17 01:01:46 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Time::asctime() - 日付のフォーマットで日が落ちていた. * Stat: StatはEtcなどと同様にStructで実現したので, Statクラスは無 くなった. Thu Jun 16 10:32:23 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * bignum.c: いくつかのバグを修正した. Fixnumを渡すべきところで普通 のintを渡していた. 失敗. * big2str() - 1桁ずつbaseで割る代わりに, 4桁ずつ割算を行なうように した. これで多倍長割算の回数が1/4になる. さらに整数->数(文字)へ の変換をテーブルを用いるようにした. * rb_ivar_get_1() - すでに何らかのインスタンス変数を持つオブジェク トでは, 未定義のインスタンス変数の値が不定値になっていた. * yylex() - インスタンス変数の認識に失敗していた. attr()は正しく動 作していたので, 混用すると動作しなかった. 全部違っていたから動い ていたのね. * Object:attr() - すでにアクセスメソッドが定義されている時にはデフォ ルトのアクセスメソッドを定義しないようにした. もっともアクセスメ ソッドと同名のメソッドの区別はRubyには存在しないけど, それは仕方 がないよね. * pack.c: エンディアンをautoconfで判定するようにしたので, v/Vが使 えるようになった. またntoh?()/hton?()も自前で用意した. * Stat: st_rdevをアクセスするメソッドを追加. さらにシステムがstat 構造体にst_blksize, st_blockを持っているかをautoconfでチェックす るようにした. * ドキュメントを少し整備した. * INT2FIX()のうち, 31bit幅が保証できないものは, int2inum()に置き換 えた. Wed Jun 15 10:18:27 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * sprintf() - bignumの出力の時, 出力幅を正しく計算するようにした. * str2inum() - baseが0の時, baseを自動判定するように(0xで始まる時 16 進, 0で始まる時8進). Tue Jun 14 16:08:42 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * gc.c: Bignumを追加するのを忘れていた. 組み込み型を追加した時には 必ずmark()とsweep()にその型に関する処理を追加する必要がある. * bignum: 割算も動いたような気がする. アルゴリズムを理解していない ので, 自信がない. Mon Jun 13 14:36:55 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * まだサポートしていないメソッドなどがあるが, 曲がりなりにもBignum が使えるようになる. これでioctlも使える. Fri Jun 10 17:26:42 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * Comparable: 基礎となるメソッドを`=='と`>'から`<=>'に変更した. 今 後Comparableのサブクラスは`<=>'だけを定義する必要がある. Wed Jun 8 13:12:18 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * Need_Fixnum()をほとんどなくして, NUM2INT()で直接intに変換するこ とにした. これで31bitに丸めて桁落ちをおこす問題がなくなる. Tue Jun 7 09:45:31 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * ruby.h: マクロFIXABLE(n)を追加. ついでにFIXNUM周りの定義を変更し て, 移植性を高めた(つもり). * C++の予約語であるnewを削除した. しかし, もうひとつの予約語である classに関しては, 置き換える単語が思いつかないこともあってそのま まになっている. * 31bitを越えそうなINT2FIX()を関数呼び出しに変えた. 将来bignumが導 入された時には自動的にbignumを返すようにする. * readline() - 引数の`-'は標準入力を意味するようになった. * ruby.h: 右シフトが論理シフトか算術シフトかは処理系依存のようなの で, ruby.hでcppを使ってチェックするようにした. これでうまくいく と思うのだが, 手元に符合付intを論理シフトする処理系がないので確 認できない. NEWS-OSのCCは確か右シフトはいつも論理シフトだったよ うな気がするんだけど…. Mon Jun 6 10:10:22 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * FIX2INT()の定義を変更した. どうして昔はうまく動かなかったんだろ うか? もしかして, 右シフトの符号拡張は処理系依存? * FIX2INT()とFIX2UINT()を使い分けるようにした. もっともfixnumは31 ビットしかないので, 本質的な解決にはならないのだが(ioctlが組み込 みたかった). * printを関数的メソッドから通常メソッドに変更. 引数が与えられない 時にはレシーバをプリントするようにした. これでprintをメッセージ 形式でも実行できるようになった. 例: ruby -e 'readlines().sort.print' 上のスクリプトは, 引数として与えられた(あるいは標準入力から読み 込まれた)文字列を各行毎にソートして表示する. * eval.c: argc,argvパターンで引数を受けるメソッドに引数が一つも与 えられない時, argvがnilになっていた(argv[0]にアクセスすると落ち てしまう). * _exit()を追加. こちらは例外処理など行なわない. * dbmクラス: クラス名称をDBM(大文字)に統一した. Sat Jun 4 00:51:04 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * ループ変数にも属性や配列要素を指定できるようにした. Fri Jun 3 09:49:48 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * 多重代入において, 属性代入, 配列要素への代入も行なえるようにした. * Need_Fixnum(): nilを0に変換するように. * Enumerable:min, max, index, includes - 追加. min, maxは要素が `<=>'メソッドを持つことを仮定している. * Dict/Dbm:length - 要素数を返すメソッド. * Dbmクラスにto_aメソッドを追加. * Sunにおけるsortの誤動作の件, 昨日の修正でfixされた. しかし, それ でなぜ動かなかったのかは明らかではないが…. 比較関数がどんな値を 返しても指定した領域外をアクセスするのはバグではないか. * ファイルの全内容を読んで, 各行を配列として返すメソッドはpythonを 参考にして`readlines'という名前にした. それにともないgetsに対し てreadlineという別名を用意した. Fri Jun 3 00:08:38 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * Array:sort - 判別関数の戻り値はFixnumではなく, Intであるべきだっ た. 間違い. Sunで動作がおかしかったのはこのせいかも知れない. Thu Jun 2 11:48:37 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * IO:read_all() - ストリームの最後まで入力して, 各行を要素とする配 列を返すメソッドを追加. また関数メソッド read_all()も追加した. これは引数のファイルから読み込んで各行を要素とする配列を返す. 意 味的には def read_all() ary = {} while gets() ary.push($_) end end とほぼ等価である. * String:atoiメソッドを削除. to_aメソッドからaが配列であるとの連想 を呼んで, 混乱を招かないため. 代わりにto_iメソッドを使うこと. * 配列への変換メソッドto_aを導入した. 通常のオブジェクトは自分自身 を唯一の要素とする長さ1の配列を返す. 配列は自分自身を, 辞書はキー と値のペアの配列を返す. Enumeratedをincludeしたクラスは, eachが 返す各要素を含む配列を返す. * file.c: 不定個の引数を受けとるメソッド(chmod,chown,utimes)を書き 換えて, 整理した. それに伴い, 最初に全ての引数の型チェックを行な うようにした. 型チェックに失敗すると処理を行なわずに例外を発生さ せる. * configure.in: 不必要なテストを行なわないように修正した. Tue May 31 10:41:08 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * String:pack(): 2進数の文字列変換(B,b)で0と1が逆だった. * Math.c: 実数系のメソッドに引数として整数が渡された時に自動的に変 換するようにした. * toupper(), tolower(): 文字列の判定ミスで変換されていなかった. * getopt_long()の仕様によって, スクリプトへの引数がインタプリタの 引数だと解釈されていた. 引数パターン文字列の先頭に`+'を追加. * config.hを削除した. DEFINEはMakefileで与えられる. * sprintf(): "%d"に文字列が与えられた時にはアドレスではなく内容を 整数に変換するようにした. ついでに浮動小数点数も変換するように変 更した. * regexp.c: rubyの拡張正規表現(\d, \D, \s, \S)の処理で割り当てた領 域を越えてバッファに書き込んでいた. 処理前にバッファをきちんと拡 張するようにした. これで昨日問題にしていたメモリの問題は解決でき たと思う. * yylex(): ダブルクォート文字列中でダブルクォートを表現するため のバックスラッシュ表現ができなかった. Mon May 30 10:07:42 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * 演算子`!'の右辺も条件式であるとした. これによって, この演算子を 再定義する人は混乱するかも知れないが, 大多数のこの演算子を使う人 は混乱を避けることができると思う. * autoconfを使って, 自動的にMakefile, config.hを生成するようにした. これで, 大抵のマシンでは`configure'を実行した後, `make'一発でコ ンパイルできると思う. * clone: サブクラスに対して用いられた場合, 元のオブジェクトと同じ クラスのインスタンスを返すように(以前はビルトインクラスの場合を 考えてなかった). * ビルトインクラスのサブクラスも作れるように, リテラルのあるクラス にもnewメソッドを追加した. * malloc()で落ちる. purifyが必要かも知れない. * re.c: rb_global_variable()の呼びだし形式の間違い. 変数へのポイン タを渡さなければいけない. * parse.y: ローカル変数の扱いに引数の評価順に依存する移植性のない 部分があった. * attr(): 属性設定のバグを直した. いつ内部仕様が変わったんだろう…? Sat May 28 23:08:18 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * 正規表現キャッシュの文字列一致判定をポインタ一致から内容一致に変 更した. そういえば文字列リテラルは一回毎に新しくオブジェクトが生 成されるのだった. Fri May 27 11:42:00 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * 正規表現の文字コードのデフォルトを漢字非対応にした. これによって 若干の高速化が図れる. * trから文字削除(delete), 文字圧縮(squeeze)を分離した. それにとも ないtrのオプション引数はなくなった. Thu May 26 10:32:55 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * スクリプト読み込みルーチンを書き直して, 通常ファイル以外のファイ ル名や空文字列がスクリプトとして与えられた場合に対応した. また, 標準入力からスクリプトを読み込む時に, 一時ファイルが/tmpに残らな いようにした. * Fixnum:id2name - IDから文字列に戻す関数. String:internの逆. * Array: 配列の範囲外の要素をアクセスした時に例外を発生させずに, nilを返すようにした. 配列は自動的に拡張される. * string:stripを追加. * -nオプションが-eオプションを複数指定した時も動作するように. * parse.yで<sys/types.h>もインクルードするようにした. * fname周りの細かいbugを修正. Wed May 26 11:45:10 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * 定数をキャッシュするようにした. 繰り返しが多い場合には有効のはず だが, 一度しかアクセスしない場合は遅くなるなあ. Wed May 25 00:42:24 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * 多重代入文(foo, bar = 1, 2)の採用. * 条件式部に文字列あるいは正規表現リテラルをおくと`=~'演算子によっ て`$_'と比較される. 更に`...'の両辺では整数リテラルが`$.'と比較 される. Mon May 23 23:27:03 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * &式 形式はなくなった. 代わりにkernel:apply(id, args..)を導入. * def op () ..形式の導入. opは再定義可能な演算子. * constantの代入時チェック. 既に初期化されている定数に代入した場合 は例外が発生する. * 多重代入文. Thu May 19 22:57:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * 複合文でもvoid valueのチェックを行うようにした. * untilの動作の修正(do..until型だった). Wed May 18 01:06:25 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * 移植に関する若干の問題を修正. * 別名の構文を「def a b」にした. * until/unless: 演算子から制御文へ. 例外を捕捉する機能はそのまま. * 選択可能な機能をconfig.hからdefines.hに移動. Fri May 13 23:20:21 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * -yオプションを新設. -dオプションからコンパイラのデバッグ部分を分 離した. Tue Apr 25 20:17:33 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * マルチバイト文字列を識別子に使えるように. 個人的には使いたくは無 いけどなあ. * `-v'フラグの状態を$verboseでアクセスできるように. * CVSの導入に伴い, バージョン管理の方法を変更. * 真面目にChangeLogをつける事にした. Tue Mar 8 10:09:25 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * %変数名 によるクラス定数を導入. * undef メソッド によるメソッド定義の取り消しを導入. * rb_get_method_bodyではthe_envを変更せず, rb_call()で明示的に変更 するように. これでresponds_toなどで環境が破壊されない. Mon Mar 7 17:46:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * 「&文字列」形式. 「式.文字列」型のメッセージセンドはなくなった. * 自己代入形式(+=. -=, ...) * obj.attr = expr形式の採用. Thu Feb 24 16:23:28 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * toint, tofloat, print_stringをそれぞれto_i, to_f, to_sに変更. * String:clone - Copy on Writeの実現. Tue Feb 22 11:11:44 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * re.c: マッチした文字列の保存に失敗していた. * trap: 可能ならば処理に時間のかかるシステムコール(read, wait, sigpause, select)をフックして割り込み処理の即答性を高める(DOSな どでは無理だなあ). * trap: 割り込みをその場で処理するか(迅速だが危険), 安全なタイミン グで処理するかを選択できるように. Tue Feb 17 11:11:12 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * trap: 割り込みハンドラ. Wed Feb 16 12:29:12 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * String:crypt: 暗号化ルーチン * "::"演算子の追加. a::b は {a, b}と同義. a::b::c は {a, {b, c}}と 同義(右結合). 同義とはいうものの, "::"演算子を使った方が少しだけ メモリ効率が良い. * Dir.rmdir(), File.unlink(), File.utime() -- 各システムコールへの インタフェース. * kill -- kill(2) I/F * select(): readのチェックではstdioにバッファリングされているかど うかをチェックするように. Tue Feb 15 15:08:31 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * file.c: statをキャッシュするように. * File:utime()を追加. * unliteralize(): フラグを破壊していた. * Bug(): coreを吐くように. * String:tr -- tr(1)互換. 引数パターンがちょっと違うけど…. Mon Feb 14 18:24:13 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * unless, untilが例外も偽と見なすように. * select() -- select(2) I/F * Array:pack, String:unpack: perlのpack/unpackの同等品 Tue Feb 8 17:11:10 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * setenv()のないシステムのためにputenv()を使ったコードも用意した. Mon Feb 7 09:52:44 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * 引数の一番最後に`*'を置けるようにした. これでrest引数のリストを 操作する必要が少なくなる. Fri Feb 4 18:23:26 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * ruby-mode.elを書き直す. ずいぶんましになったと思う. * 文字列リテラルのCopy on Writeを実現. これで文字列がリテラルであ るからといっていちいちcloneしなくても済む. Tue Feb 1 09:21:09 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * sub(), gsub()で, マッチした文字列を$&, $1..$9でアクセスできるよ うにした. 同時にマッチした部分文字列をコピーしておくように(元の 文字列が変更されても状態を保存するため). Mon Jan 31 15:16:58 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * プライベートメソッドの仕様を変更. 今までは同じクラスのメソッドか らしかアクセスできなかったが, サブクラスのメソッドからもアクセス できるようにした(C++におけるprotected メンバ関数). * メソッドサーチのアルゴリズムを改善し, 10%程度の高速化を行なった. * 高速化. Cで記述されたメソッドを呼び出す時にはsetjmpを呼ばないよ うにした. これでCメソッドを多用する場合には3倍程度高速になった. Fri Jan 28 15:44:04 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * sh-modeを元にruby-mode.elを作る. 演算子で終る, 2行に渡る文には対 応していないけど…. Thu Jan 27 11:35:19 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * freenode(): NODE_NILの解放忘れ. * 字句解析部のバグ修正(コメントの後の状態を戻し忘れ). * protect .. endのバグ修正. GC_LINKのネストが不正だった. * joinのバグ修正(使っているオブジェクトをfreeしていた). * splitのバグ修正(アルゴリズムがおかしかった). * fork()を追加. Wed Jan 26 17:09:56 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * ファイルテストメソッドの追加. * rb_autoexec(): クラスを初めてアクセスした時の挙動を制御できるよ うにした. これでautoloadも実現できる. これにともないメソッド unknownはなくなった. Tue Jan 25 15:51:36 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * Dbmクラス, Mathモジュールを作成. * -Iオプションでサーチパスに追加できるように. * サーチパスを変数$load_pathに設定できるように. * load(): ダイナミックロードを使えるようにした. Tue Jan 18 14:14:01 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * Comparable:"<=>" * Float,Fixnum:"**" * Array:sort Fri Jan 14 16:53:37 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * version 0.07 * メソッドに関するドキュメントを充実させた. * String:index(): 引数positionを増やした. Thu Jan 13 15:13:52 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * 未初期化の変数アクセスをなくした. * 無駄なhash tableのアロケーションを削除. * Purify'd(on Sun) * ~RE と ~STRのコンパイル時展開の抑制. * Sunへ移植. signal()の戻り値. RDataのbug修正. * parse.y: nlsルールを削除. * yylex(): 改行と符合の解析部分を変更. * missing/strftime.c: 移植用. * Time:strftime: その他のメソッドもstrftimeを利用するように. * メソッド再定義時にメソッドキャッシュをクリアする. Fri Jan 7 15:23:20 1994 Yukihiro Matsumoto (matz at nws119) * Float:coerce(): FixnumとFloat以外の引数を与えられるた時には例外 を発生するように. * Stat: stat構造体の全てのメンバに対するアクセスメソッドを用意. * 未定義のクラス/モジュールへの参照がunknownメソッドを呼び出すよう にした. * baseline - version 0.06.