summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/tcltklib/README.euc
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ext/tcltklib/README.euc')
-rw-r--r--ext/tcltklib/README.euc133
1 files changed, 133 insertions, 0 deletions
diff --git a/ext/tcltklib/README.euc b/ext/tcltklib/README.euc
new file mode 100644
index 00000000000..290ffb0b605
--- /dev/null
+++ b/ext/tcltklib/README.euc
@@ -0,0 +1,133 @@
+(tof)
+ tcltk ライブラリ
+ tcltklib ライブラリ
+ Sep. 19, 1997 Y. Shigehiro
+
+以下, 「tcl/tk」という表記は, tclsh や wish を実現している, 一般でいう
+ところの tcl/tk を指します. 「tcltk ライブラリ」, 「tcltklib ライブラ
+リ」という表記は, 本パッケージに含まれる ruby 用のライブラリを指します.
+
+[ファイルについて]
+
+README.euc : このファイル(注意, 特徴, インストールの方法).
+MANUAL.euc : マニュアル.
+
+lib/, ext/ : ライブラリの実体.
+
+sample/ : マニュアル代わりのサンプルプログラム.
+sample/sample0.rb : tcltklib ライブラリのテスト.
+sample/sample1.rb : tcltk ライブラリのテスト.
+ tcl/tk (wish) でできそうなことを一通り書いてみました.
+sample/sample2.rb : tcltk ライブラリのサンプル.
+ maeda shugo (shugo@po.aianet.ne.jp) 氏による
+ (`rb.tk' で書かれていた) ruby のサンプルプログラム
+ http://www.aianet.or.jp/~shugo/ruby/othello.rb.gz
+ を tcltk ライブラリを使うように, 機械的に変更してみました.
+
+demo/ : 100 本の線を 100 回描くデモプログラム.
+ 最初に空ループの時間を測定し, 続いて実際に線を引く時間を測定します.
+ tcl/tk は(再)描画のときに backing store を使わずに律義に 10000 本(?)
+ 線を引くので, (再)描画を始めると, マシンがかなり重くなります.
+demo/lines0.tcl : wish 用のスクリプト.
+demo/lines1.rb : `tk.rb' 用のスクリプト.
+demo/lines2.rb : tcltk ライブラリ用のスクリプト.
+
+[注意]
+
+コンパイル/実行には, tcl/tk の C ライブラリが必要です.
+
+このライブラリは,
+
+ ruby-1.0-970701, ruby-1.0-970911, ruby-1.0-970919
+ FreeBSD 2.2.2-RELEASE
+ およびそのパッケージ jp-tcl-7.6.tgz, jp-tk-4.2.tgz
+
+で作成/動作確認しました. 他の環境では動作するかどうかわかりません.
+
+TclTkLib.mainloop を実行中に Control-C が効かないのは不便なので, ruby
+のソースを参考に, #include "sig.h" して trap_immediate を操作していま
+すが, ruby の README.EXT にも書いてないのに, こんなことをして良いのか
+どうかわかりません.
+
+-d オプションでデバッグ情報を表示させるために, ruby のソースを参考に,
+debug という大域変数を参照していますが, ruby の README.EXT にも書いて
+ないのに, こんなことをして良いのかどうかわかりません.
+
+extconf.rb は書きましたが, (いろいろな意味で)これで良いのか良く分かり
+ません.
+
+[特徴]
+
+ruby から tcl/tk ライブラリを利用できます.
+
+tcl/tk インタプリタのスクリプトは, 機械的に tcltk ライブラリ用の ruby
+スクリプトに変換できます.
+
+(`tk.rb' との違い)
+
+1. tcl/tk インタプリタのスクリプトが, どのように, tcltk ライブラリ用の
+ ruby スクリプトに変換されるかが理解できれば, マニュアル類が無いに等
+ しい `tk.rb' とは異なり
+
+ tcl/tk のマニュアルやオンラインドキュメントを用いて
+
+ 効率良くプログラミングを行うことができます.
+ 記述方法がわからない, コマンドに与えるパラメータがわからない...
+ - Canvas.new { ... } と, なぜイテレータブロックを書けるの??
+ - Canvas の bbox は数値のリストを返すのに, xview は文字列を返すの??
+ と, いちいち, ライブラリのソースを追いかける必要はありません.
+
+2. 個々の機能(オプション)を個別処理によりサポートしており, そのためサ
+ ポートしていない機能は使うことができない(本当は使えないこともないの
+ ですが) `tk.rb' とは異なり, tcl/tk インタプリタで可能なことは
+
+ ほとんど
+
+ ruby からも実行できます. 現在, ruby から実行できないことが確認され
+ ているのは,
+
+ bind コマンドでスクリプトを追加する構文
+ 「bind tag sequence +script」
+ ^
+
+ のみです.
+ - `. configure -width' をしようとして, `Tk.root.height()' と書い
+ たのに, `undefined method `height'' と怒られてしまった. tk.rb を
+ 読んでみて, ガーン. できないのか...
+ ということはありません.
+
+3. wish プロセスを起動しプロセス間通信で wish を利用する `tk.rb' とは
+ 異なり, tcl/tk の C ライブラリをリンクし
+
+ より高速に (といっても, 思った程は速くないですが)
+
+ 処理を行います.
+
+4. `tk.rb' ほど, 高水準なインターフェースを備えていないため, tcl/tk イ
+ ンタプリタの生成等
+
+ 何から何まで自分で記述
+
+ しなければなりません(その代わり, tcl/tk ライブラリの仕様通り,
+ tcl/tk インタプリタを複数生成することもできますが).
+ インターフェースは(おそらく) ruby の思想に沿ったものではありません.
+ また, スクリプトの記述は
+
+ ダサダサ
+
+ です. スクリプトは, 一見, 読みづらいものとなります. が, 書く人にとっ
+ ては, それほど煩わしいものではないと思います.
+
+[インストールの方法]
+
+0. ruby のソースファイル(ruby-1.0-なんたら.tgz)を展開しておきます.
+
+1. ruby-1.0-なんたら/ext に ext/tcltklib をコピーします.
+ cp -r ext/tcltklib ???/ruby-1.0-なんたら/ext/
+
+2. ruby のインストール法に従い make 等をします.
+
+3. ruby のライブラリ置場に lib/* をコピーします.
+ cp lib/* /usr/local/lib/ruby/
+
+(eof)