summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/doc/ChangeLog-0.06_to_0.52
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'doc/ChangeLog-0.06_to_0.52')
-rw-r--r--doc/ChangeLog-0.06_to_0.5232
1 files changed, 16 insertions, 16 deletions
diff --git a/doc/ChangeLog-0.06_to_0.52 b/doc/ChangeLog-0.06_to_0.52
index 02ffd61..6382608 100644
--- a/doc/ChangeLog-0.06_to_0.52
+++ b/doc/ChangeLog-0.06_to_0.52
@@ -25,7 +25,7 @@ Wed Oct 12 10:09:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* eval.c(rb_call): キャッシュの計算をinline化. キャッシュミスがあ
れば関数呼び出しでメソッドを検索する. methods.cはなくなった.
- * eval.c(rb_eval): ローカル変数用の領域をalloca()するように変更.
+ * eval.c(rb_eval): ローカル変数用の領域をalloca()するように変更.
サイズの変更が必要になれば改めてmalloc()するように.
* parse.y: error recoveryの際にlex_stateを更新しておくように.
@@ -40,7 +40,7 @@ Tue Oct 11 17:10:46 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* io.c(to_i): IOクラスのインスタンスを整数に変換するとそのファイル
記述子を返すように.
- * numeric.c(num2int): to_iメソッドを使ってできる限り整数に変換する.
+ * numeric.c(num2int): to_iメソッドを使ってできる限り整数に変換する.
以前はnum2fixだけが全てのオブジェクトに対してto_iメソッドを適用
していた.
@@ -62,7 +62,7 @@ Wed Oct 5 15:00:58 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* ruby.h: TRUEでsyntax errorにならないよう#undefを追加.
- * eval.c(rb_eval): thread化に挑戦したが, 失敗(速くならなかった).
+ * eval.c(rb_eval): thread化に挑戦したが, 失敗(速くならなかった).
が, Scopingなどの無駄なコードの削除とメソッド呼び出しの引数セッ
トのinline化で若干の高速化を実現した. 副作用として, argc, argv形
式の関数呼び出しの仕様が変化した(argvにselfを含まなくなった).
@@ -96,7 +96,7 @@ Fri Sep 30 11:36:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
Wed Sep 28 23:30:28 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
- * eval.c(Ffail): 今までfailはカーネルクラスのメソッドであったが,
+ * eval.c(Ffail): 今までfailはカーネルクラスのメソッドであったが,
構文に組み込んだ. この変更によって, 1)`fail'は予約語となり, ロー
カル変数に用いることができなくなった. 2)`fail'単体で例外を発生す
るようになった. 3)failはメソッドではなくなったので再定義される可
@@ -224,7 +224,7 @@ Wed Aug 24 00:01:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
Tue Aug 23 18:08:33 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
- * eval.c: スクリプト実行開始前に例外が発生した時にcore dumpした.
+ * eval.c: スクリプト実行開始前に例外が発生した時にcore dumpした.
組み込み用にコードを変更した時にenbugしてしまった.
Tue Aug 23 00:07:17 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
@@ -253,7 +253,7 @@ Fri Aug 19 11:44:13 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* main.c: rubyをほかのプログラムに組み込めるようにmain()を分割した.
それにともない, プログラムの呼び出し構造を修正した.
- * parse.y: 条件式の定義を変更. ifなどの条件式の中でだけ`&&'や`||'
+ * parse.y: 条件式の定義を変更. ifなどの条件式の中でだけ`&&'や`||'
および`!'の引数が条件式になるように. この変更により条件式以外の
場所での `&&', `||', `!'演算子の動作が直観に一致する.
@@ -297,7 +297,7 @@ Thu Aug 11 11:43:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
Wed Aug 10 15:54:46 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
- * variable.c: -vオプションが指定されている時は初期化されていない,
+ * variable.c: -vオプションが指定されている時は初期化されていない,
大域変数, インスタンス変数, ローカル変数を参照した時点でwarning
を出すようにした.
@@ -354,7 +354,7 @@ Mon Aug 1 13:41:11 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* parse.y: `cmd`によってコマンドを文字列に展開することができるよう
になった.
- * parse.y: __FILE__, __LINE__を追加. それぞれファイル名(文字列),
+ * parse.y: __FILE__, __LINE__を追加. それぞれファイル名(文字列),
行番号(整数)を値とする疑似変数.
Fri Jul 29 13:16:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
@@ -393,7 +393,7 @@ Mon Jul 18 10:19:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* eval.c(rb_eval): 多重代入で, 右辺が配列でない時には`to_a'メソッ
ドで配列に変換して代入するようにした. 今までの仕様だと右辺値が第
1要素にそのまま代入されていたが, structなど配列に変換できるもの
- は変換した方が嬉しい気がする.
+ は変換した方が嬉しい気がする.
* dbm.c,dict.c(delete_if): メソッド追加.
@@ -431,7 +431,7 @@ Thu Jul 14 11:18:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* parse.y: 配列を生成する構文を[..]に変更した. 過去のRubyスクリプ
トとの互換性が保てないが, Dictを生成する構文を導入するに当たり,
- perl5に合わせて(意識して), 変更する時期は今しかないと考えた.
+ perl5に合わせて(意識して), 変更する時期は今しかないと考えた.
*BACKWARD INCOMPATIBILITY*
* eval.c(Feval): eval()でメソッドを定義する時, 定義されるクラスを
@@ -463,7 +463,7 @@ Mon Jul 11 09:51:24 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* variable.c(Fdefined): idも引数として受け付けるように.
- * parse.y: if文/unless文にキーワードthenを追加. thenなしというのは,
+ * parse.y: if文/unless文にキーワードthenを追加. thenなしというのは,
意外と間違いが多いので. もちろん省略できる.
Sat Jul 9 02:16:04 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
@@ -509,7 +509,7 @@ Tue Jul 5 12:48:39 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
EOFが検出できるように.
* ruby.c: -l/-r/-R/-Xオプションの追加.
-
+
* ruby.c: -n/-pオプションのloopの付加などをメインルーチンに移動し
た. これで, オプションの解析途中で(`-c'オプションのせいで)終了な
どといったことはない.
@@ -569,7 +569,7 @@ Wed Jun 29 00:14:20 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
* sprintf() - rubyにはunsignedは無いので, %uを取り除いた.
* sprintf() - %b, %x, %oでは2の補数表現, %B, %X, %Oでは符号付き表
- 現で出力するように. ここ数日でsprintf()の仕様がゆらいでいたが,
+ 現で出力するように. ここ数日でsprintf()の仕様がゆらいでいたが,
これで落ち着きそうだ.
Tue Jun 28 14:42:03 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
@@ -666,7 +666,7 @@ Thu Jun 16 10:32:23 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* pack.c: エンディアンをautoconfで判定するようにしたので, v/Vが使
えるようになった. またntoh?()/hton?()も自前で用意した.
- * Stat: st_rdevをアクセスするメソッドを追加. さらにシステムがstat
+ * Stat: st_rdevをアクセスするメソッドを追加. さらにシステムがstat
構造体にst_blksize, st_blockを持っているかをautoconfでチェックす
るようにした.
@@ -879,7 +879,7 @@ Fri May 27 11:42:00 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
Thu May 26 10:32:55 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* スクリプト読み込みルーチンを書き直して, 通常ファイル以外のファイ
- ル名や空文字列がスクリプトとして与えられた場合に対応した. また,
+ ル名や空文字列がスクリプトとして与えられた場合に対応した. また,
標準入力からスクリプトを読み込む時に, 一時ファイルが/tmpに残らな
いようにした.
@@ -924,7 +924,7 @@ Thu May 19 22:57:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
* 複合文でもvoid valueのチェックを行うようにした.
- * untilの動作の修正(do..until型だった).
+ * untilの動作の修正(do..until型だった).
Wed May 18 01:06:25 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)