summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.EXT.ja
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'README.EXT.ja')
-rw-r--r--README.EXT.ja2
1 files changed, 1 insertions, 1 deletions
diff --git a/README.EXT.ja b/README.EXT.ja
index 2e4ac3c..9bba51a 100644
--- a/README.EXT.ja
+++ b/README.EXT.ja
@@ -141,7 +141,7 @@ var は lvalue である必要があります.
ruby.hでは構造体へキャストするマクロも「RXXXXX()」(全部大文
字にしたもの)という名前で提供されています(例: RSTRING()).た
-だし、構造体への直接のアクセスはできるだけ避け,対応する
+だし、構造体への直接のアクセスはできるだけ避け,対応する
rb_xxxx() といった関数を使うようにして下さい.例えば,配列の
要素へアクセスする場合は,rb_ary_entry(ary, offset),
rb_ary_store(ary, offset, obj) を利用するようにして下さい.