summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ChangeLog
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ChangeLog')
-rw-r--r--ChangeLog38
1 files changed, 38 insertions, 0 deletions
diff --git a/ChangeLog b/ChangeLog
index 838091a..f66a446 100644
--- a/ChangeLog
+++ b/ChangeLog
@@ -1,3 +1,41 @@
+Mon Feb 20 16:10:14 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
+
+ * parse.y(yylex): 定数を`%識別子'から,第1文字が大文字の識別子に変
+ 更.それにともないクラスは定数となった.
+
+ * eval.c: クラス定義内のselfがクラス定義外部のthe_classだった.
+
+ * variable.c(rb_name_class): クラス名をインスタンス変数に格納する.
+
+Thu Feb 16 15:36:17 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
+
+ * parse.y: BLOCKをbraceで表現する文法に変更したものを作ってみる.
+ MLに提示してみるが反応がない.
+
+ * object.c(do,forever): なくした.
+
+Wed Feb 15 13:20:49 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
+
+ * re.c(new): 第2引数が与えられて,かつnilでないときだけ設定するよ
+ うに(以前はnilの時にも設定を行なっていた).
+
+ * parse.y(parse_regexp): 正規表現リテラルで大文字小文字を無視する
+ かどうか指定できるように.
+
+Tue Feb 14 00:55:33 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna)
+
+ * parse.y: (compexpr) -> (expr).
+
+Fri Feb 10 16:30:00 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
+
+ * ruby.c(load_file): scriptを読み込む時だけ"#!"の解析を行うように.
+
+ * ruby.c(readin): ファイル読み込み時に先頭に"#!"があり,rubyに引数
+ が与えられていれば,その引数も有効になる.
+
+ * parse.y(yylex): コメント行の終りが`\'であった時,次の行に継続し
+ ているとみなすようにした.
+
Thu Feb 9 16:18:37 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* parse.y: protectをbeginに変更.begin..endは例外処理だけでなく,