summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ChangeLog
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ChangeLog')
-rw-r--r--ChangeLog20
1 files changed, 17 insertions, 3 deletions
diff --git a/ChangeLog b/ChangeLog
index c688643..11f5773 100644
--- a/ChangeLog
+++ b/ChangeLog
@@ -1,3 +1,17 @@
+Fri Oct 14 13:22:18 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
+
+ * version 0.52: ……なんてこったい.
+
+ * eval.c(rb_call): returnの処理が間違っていたので, マシンによって
+ はreturnで関数を終了するだけでなくtoplevelまでつき抜けていた.
+
+ * object.c: Builtinクラスを新設. 組み込み関数をKernelから移した.
+ nilが組み込み関数を理解するとトラブルの元である.
+
+ * dbm.c: Dictと同様にeachが[key,value]を返すように.
+
+ * version 0.51
+
Thu Oct 13 12:13:48 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* eval.c(SETUP_ARGS): 付加演算子が配列でない時には配列に変換する.
@@ -26,9 +40,9 @@ Tue Oct 11 17:10:46 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02)
* io.c(to_i): IOクラスのインスタンスを整数に変換するとそのファイル
記述子を返すように.
- * numeric.c(num2int): to_iメソッドを使って, できる限り整数に変換す
- る. 以前はnum2fixだけが全てのオブジェクトに対してto_iメソッドを
- 適用していた.
+ * numeric.c(num2int): to_iメソッドを使ってできる限り整数に変換する.
+ 以前はnum2fixだけが全てのオブジェクトに対してto_iメソッドを適用
+ していた.
* sprintf.c(Fsprintf): 整数表示の際, オブジェクトをできる限り整数
に変換するように(to_iメソッドを使う).