summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/template/yarvarch.ja
diff options
context:
space:
mode:
authora_matsuda <a_matsuda@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-12-11 03:58:07 +0000
committera_matsuda <a_matsuda@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-12-11 03:58:07 +0000
commite1db3605fd8b21aa9b5277114d18bdd21f54c832 (patch)
tree112f1d31887931402cea6d78e63c466c966fdbec /template/yarvarch.ja
parenta4cbd6412aa8b16893db47ff18243bb4d5371899 (diff)
* ext/win32ole/sample/olegen.rb: Fix typo
* ext/openssl/ossl_asn1.c: [DOC] Fix typo * lib/webrick/accesslog.rb: ditto * template/yarvarch.ja: ditto s/recieve/receive/ git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@44134 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'template/yarvarch.ja')
-rw-r--r--template/yarvarch.ja2
1 files changed, 1 insertions, 1 deletions
diff --git a/template/yarvarch.ja b/template/yarvarch.ja
index bb90f0c..75439d3 100644
--- a/template/yarvarch.ja
+++ b/template/yarvarch.ja
@@ -153,7 +153,7 @@ Lisp の処理系などをかんがえると、わざわざブロックローカ
側に辿れば必ずたどり着くことができるからです(つまり、lfp は必要ない)。
しかし、Ruby ではいくつか状況が違います。まず、メソッドローカルな情報が
-あること、具体的にはブロックとself(callee からみると reciever)です。こ
+あること、具体的にはブロックとself(callee からみると receiver)です。こ
の情報をそれぞれのフレームにもたせるのは無駄です。
また、Ruby2.0 からはブロックローカル変数はなくなります(ブロックローカル