summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/inits.c
diff options
context:
space:
mode:
authorYukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>1995-12-20 15:56:57 (GMT)
committerTakashi Kokubun <takashikkbn@gmail.com>2019-08-17 13:09:32 (GMT)
commitfca49a8a69a0f6bb4feae74c6cd0e93d7fac8b36 (patch)
tree590a6d2ffcfa31212c1595e34a01d9cda56ba308 /inits.c
parent8bf1c909dc31fd4bcdc1488cda9fe89a62bc2830 (diff)
version 0.95v0_95
https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-0.95.tar.gz Thu Dec 21 00:56:57 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.95 - fj.sourcesに * eval.c (rb_eval): rescueのロジックをrb_rescue()に一元化. Wed Dec 20 19:30:58 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * Makefile.in: 不要なコンパイルの回避(より完全に). * class.c (singleton_class_new): `single'->`singleton' Tue Dec 19 07:14:33 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * io.c (closed?): IOがcloseされているかどうかを知る述語. * parse.y (primary): 特異メソッドの引数のlex_stateが不適切. * lib/tk.rb: tcl->rubyの変換関数の用意. * ext/extmk.rb.in (install): installの2重コンパイルの回避. * array.c (range_beg_len): range指定の不適切なエラーを訂正. * string.c (str_aref): range指定のバグを削除. * lib/tk.rb (tk_split_list): Tclのリストに対応. Mon Dec 18 09:58:12 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.94 * dln.c (dln_load): HP対応(未確認) * eval.c (Init_Proc): BlockをProcに改名. Sat Dec 16 13:46:14 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): retryでイテレータの再実行ができるように. Fri Dec 15 17:14:30 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c: proc:lambdaの親しみやすい別名 Thu Dec 14 17:21:55 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (dyna_var_asgn): イテレータブロック内で最初に初期化された ローカル変数の有効範囲をそのブロック内に限定.これでlambdaと呼べ ないことはない. Wed Dec 13 02:30:58 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * gc.c: autoloadのマークミス. * lib/tk.rb: wishからの複数行の戻り値に対応 * lib/tkcomposite.rb: 複合widget * variable.c (rb_class2path): ICLASSに対応してなかった. * eval.c (ruby_run): exit(0)のバグ Sat Dec 9 01:21:24 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/marshal/marshal.c (dumps|load): 文字列に対する入出力を可能に した(ただし実はファイル経由なのだ). Fri Dec 8 18:29:11 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/marshal/marshal.c: シンボルを一度だけ初期化する. Thu Dec 7 07:58:50 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (yylex): 第1引数の正規表現の認識にエラーがあった.同時に 状態数を減らした. * string.c (str_sub): 置換でスキップ幅が大きすぎた. Wed Dec 6 15:14:23 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_sub_method): sub/gsub(!なし)は置換が行なわれなかっ た時,置換前の文字列を返す. Tue Dec 5 00:55:15 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (yylex): 括弧を省略した時の引数展開の`*'に対応. * eval.c (ruby_run): EXITハンドラ内での例外に対応. * bignum.c (big_cmp): BignumとFixnumの比較で落ちる. Mon Dec 4 14:21:18 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (call_op): コンパイル時の定数式の展開をやめた.労多くし て益少ないと判断したので. Thu Nov 30 01:35:15 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * lib/tk.rb: {Radio,Check}Buttonのvariableの実装. * eval.c (rb_yield_0): Block.callがネストした時のバグ. * io.c (f_select): 常に配列3つをふくむ配列を返すように * lib/tk.rb: fileeventをruby側で実装. Wed Nov 29 17:53:23 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * variable.c (rb_ivar_get): selfを常に指定するように. Tue Nov 14 00:07:29 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * lib/tk.rb: Tk4.0対応 Mon Nov 13 16:23:32 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.93 Thu Nov 9 23:26:01 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * gc.c (gc_mark): モジュールのMixinのマーク忘れ. * parse.y (f_arglist): メソッド定義の引数を括弧で括らなくても良い ようにした. Wed Nov 8 00:17:51 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_yield_0): 未初期化のローカル変数があった. * eval.c (rb_eval): pendig signalのチェックをeval実行後に行うよう にした.でないとシグナルの発生と検出が遠く離れてしまう事がある. * parse.y: class文のsuperclass部を定数から式に拡張した. * lib/tk.rb: Tkのほぼ全ウィンドウクラスに対応.キャンバスとテキス ト上のオブジェクトが残っている. Tue Nov 7 08:18:37 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (trap): ブロックを指定できるように. Mon Nov 6 16:44:00 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (f_caller): 呼出元の情報を得る. * ext/tkutil/tkutil.c: wishのstderr出力を監視することで,エラー処 理を行う. * ext/tkutil/tkutil.c: wishとの通信部をCで記述. Sat Nov 4 01:12:59 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): インデントの計算を もう少しスマートにした(正規表現のチェック,継続行のチェック). * eval.c (rb_call): 無限再帰を避けるため,関数のネストレベルの制限 を行なう. * lib/tk.rb: Tkインターフェース.まだ不完全だが. * eval.c (rb_yield_0): 空のBlockのバグ. * sample/ruby-mode.el (ruby-calculate-indent): 行末の演算子による 行継続に対応. Fri Nov 3 12:56:21 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_call): 本体が空の関数の実行にバグ. * parse.y (var_extend): 文字列の末尾の変数展開のバグ. * variable.c (rb_gvar_set): traceの評価時にに変数値を与えるように. * eval.c (f_require): ruby scriptのrequireにbug. * variable.c (rb_const_get): モジュールのinclude対策. Thu Oct 19 13:56:06 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * dln.c (dln_load): HP対応でのtypo. Wed Oct 18 17:39:39 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.92 * object.c (krn_type): オブジェクトの動的な型を返すメソッド. Tue Oct 17 00:48:18 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.c (proc_options): -X オプション.chdirだけを行う. * re.c (reg_search): 漢字コードを途中で変更できるように.コンパイ ル時のコードが変更された時にはマッチの直前に正規表現の再コンパイ ルを行う.定数KCODEから変数$KCODEへ. * parse.y: ()のなかにcompexprを許す. * re.c (reg_search): メモリリークを直した. Fri Oct 13 13:19:19 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (str_sub): 文字列置換にバグ. * string.c (str_strip_bang): 文字列の後ろの長さの調整が行われてい なかった. * re.c (reg_search): $&, $1...のはローカルに束縛するようになった. 呼び出したメソッドでのマッチは現スコープの$&などの値に影響しない. マッチの情報をスコープ外で得たいときには$~を使って束縛情報を持ち 出す必要がある. Thu Oct 12 00:33:33 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * re.c (reg_search): String:split, String:indexでは$&, $1...が変化 しないようにした. * io.c (rb_str_setter): setterの仕様が変更になっていた. * variable.c (f_trace_var): 第2引数を省略してイテレータとして呼べ るように. Wed Oct 11 11:50:59 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.91 * variable.c (var_setter): 引数が間違っていた.致命的バグ. * io.c (pipe_open): $stderrの値が変更されている時にはそちらを 子プロセスのstderrに設定する. Mon Oct 9 13:06:33 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (mod_to_s): モジュール内のモジュールは`::'を使った表現 で表示されるように. * variable.c (rb_gvar_set): 代入によるループが発生しないように, trace内での代入ではtraceを評価しない. * struct.c (struct_equal): structのequal判定にクラスの一致を含めた. Sat Oct 7 00:18:32 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_eval): defined?の機能を拡張(yieldのチェック,superの 存在など). Fri Oct 6 12:06:47 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.90 * st.c (st_foreach): 要素を削除した時に要素数が変化していなかった. * hash.c (hash_values): バグ修正.keysを返していた…. * parse.y (call_op): defined? の引数では定数の畳み込みを行わない (チェックする前にコンパイルエラーになっては困る). * スコープ生成の一部見直し. Thu Oct 5 00:29:43 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * 関数とクラスの命名規則を変更した.関数名,変数名の全面書き換え. * gc.c (looks_pointerp): ヒープチェックの高速化. * struct.c (Fstruct_aset): 構造体に対する`[]='. (struct_set): 構造体メンバに対する代入. Wed Oct 4 09:54:07 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.89 * eval.c (Frequire): ダイナミックロードのエラーチェックを厳しく. * struct.c: structの構造を完全に書き換えた.以前は順序付きの id->valueの連想配列であったが,今度は構造体毎に新しいクラスを生 成するようにした. * parse.y: `::'の意味をAssocの生成からクラス(モジュール)内の定数ア クセスへ変更. * assoc.c: なくす. Tue Oct 3 13:31:08 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * variable.c (Ftrace_var): trace_var, 大域変数への書き込みhookを設 定する. * variable.c: global_entryの構成を書き換えた.これでtrace_varを実 装できる. * file.c (Ffile_stat): "&"で直前のfstatの結果も参照できるように. Fri Sep 29 14:15:13 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.88 * dln.c (dln_load): AIXとHPに対応したコードを入れた(動作は未確認). * ext/extmk.rb.in: 必要に応じて,定数EXTLIBを定義するように. * dln.c (dln_load): dln独立に書き換える.将来の拡張用. (load_1): dln_a_outにおいてソースコードでライブラリを明示的にロー ドする必要がないように変更した. Thu Sep 28 13:31:37 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/ruby-mode.el: もっとましなhilit19対応(正規表現). Wed Sep 27 04:12:44 1995 Takahasi Mamoru <taka@soum.co.jp> * sample/test.rb: echoで-nを使わないように(SysV対策). * ext/extmk.rb.in: sub -> sub! Tue Sep 26 19:12:42 1995 Yasuo OHBA <jammy@csg.mes.co.jp> * dln.c (dln_find_1): `.', `..'から始まるパスに対応した. Mon Sep 25 12:33:03 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.87 Sat Sep 23 10:00:18 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (Fmod_modfunc): メソッドをprivateにし,同時に特異メソッド も定義するメソッド.パッケージ的使い方のモジュール用. Fri Sep 22 11:02:44 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * lib/find.rb: findを提供するライブラリ * variable.c (rb_define_variable): hookの設定を分離. (add_hook): 1変数に対して複数のhookを設定できるように. Thu Sep 21 00:22:11 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (Fstr_frozen): 文字列が更新不可かどうかをチェックする述 語メソッド. * hash.c (Fhash_aset): keyが文字列の時,キーの内容が変化しないよう に,dupしてfreezeする. Wed Sep 20 16:12:44 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.86 * ext/extmk.rb.in (have_header): キャッシュにバグ. * ext/extmk.rb.in (have_library): 引数の順序が変わった. Thu Sep 14 18:00:59 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * object.c (obj_is_instance_of): is_member_ofから名称変更. Wed Sep 13 15:44:35 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (Fstr_tr_bang): 範囲外の文字に対する変換バグ. Tue Sep 12 14:27:58 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (Sfile_expand_path): expand_file_name -> expand_pathに名 称変更. * enum.c (Fenum_member): includes? -> member? に名称変更. * string.c (Fstr_each_byte): StringはByteArrayであるという基本に戻っ て,eachの定義をeach_byteに変更した.今までのeachはeach_lineでア クセスできる. Mon Sep 11 18:31:17 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (cache_stat): ファイル名として"&"を指定すると直前の stat(2)の結果を再利用するように. Fri Sep 8 14:18:51 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ruby.texi: `!', `?'に対応してアップデート. * parse.y: defined -> defined? * file.c: FileOpの一文字メソッドをなくす.一文字テストはtestメソッ ドにまかせる. * parse.y (yylex): 変数名の後ろに`?'も許す.述語メソッドの後ろに `?'を追加する. Thu Sep 7 20:01:33 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c: 文字列の中身を更新するメソッドの名前の終りに`!'を付加. `!'の無いバージョンも用意した. * parse.y: 変数名の後ろに`!'を許す. Wed Sep 6 14:12:19 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.85 * string.c (Fstr_dup): 文字列の複製を作る (Fstr_freeze): 文字列の更新不可属性を設定できるように. (Fsub/Fgsub): $_の内容をdupしてから置換を行うように. * ruby.h (CLONESETUP): flagsの状態もコピー Tue Sep 5 01:27:50 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * sample/test.rb: 失敗の検出を厳しく. Fri Aug 25 14:31:02 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * process.c (Ffork): イテレータとしても動作するように. * version 0.84 * signal.c (sig_beg): ハンドラが設定されている時には再設定しない. * ext/extmk.rb.in (create_makefile): shared objectのリンクの際に `-l'オプションを指定するように. * signal.c (trap): `EXIT'で終了処理を行う設定が出来る. Wed Aug 16 00:13:22 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (sig_beg): デフォルトではbegin節の中でだけSIGINTを捕捉 するように変更. * io.c (io_ctl): fcntlを持たないシステムにも対応. * 各ディレクトリに分散していたMANIFESTをまとめた.拡張モジュール毎 には必要. * string.c (Sstr_new,str_sub,Fstr_crypt): 引数を自動的に文字列に変 換するように. Sat Aug 12 00:44:02 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * string.c (Fstr_crypt): PD cryptを用意した. Fri Aug 11 14:37:03 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * assoc.c (Fassoc_clone): assocもcloneできるように. * io.c: マクロREAD_DATA_PENDINGの定義を変更(Linux対応) * io.c (io_fptr_finalize): ftprの開放時の処理を指定できるように. Wed Aug 9 16:52:41 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * eval.c (rb_provided): 複数のfeatureをロードすると無限ループに落 ちるという単純な(しかし凶悪な)ミス. * ext/extmk.rb.in (install): dlopen対応を行った.今までdlnにしか十 分に対応していなかった. Tue Aug 8 14:17:06 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.83 Mon Aug 7 12:47:41 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y: resque -> rescue.恥ずかしいがtypoを残しておくわけには いかないよなあ.なんで今まで気がつかなかったのか…. Thu Aug 3 18:18:05 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * missing/nt.c: NT移植用の関数群をまとめた. * variable.c (rb_const_get): また例外を発生するようにした.defined がある以上例外を発生させない理由がないので(例外が発生した方がタ イプミスの検出などの点で有利). * variable.c (Fautoload): autoloadを実装.今度は使えるか. Mon Jul 31 15:44:21 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (arg_ambiguous): 第1引数のあいまいさを警告(-vオプション で有効). * eval.c (rb_eval): `-v'オプションをつけて`def'が呼ばれると不必要 なエラーメッセージが出た. * parse.y (yylex): メソッドの第1引数の判定をもうちょっと賢くした. Fri Jul 28 19:04:43 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (yylex): `+/-/['の直前に空白が来るかどうかで動作を変更し た(混乱のもとか?) Wed Jul 26 09:21:23 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.82a * sprintf.c (Fsprintf): `%s'で'\0'を含む文字列に対応. * pack.c (Fpck_pack): packの要素確保のバグ. * eval.c (Floop): 無限ループのイテレータ. * io.c (next_argv): 存在しないファイル名が指定された時のエラー処理 が行われていなかった. Mon Jul 24 17:37:34 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.82 * ext/extmk.rb.in (install): 拡張モジュールをstatic linkする場合は そのモジュールが既にrequireされたのと同じようにfeatureを設定する. これで拡張モジュールの機能が必要な時には(static linkされているか どうかにかかわらず)requireすればよくなる. * eval.c (Frequire): `$"'に格納する文字列をフルパスでなくフィーチャ 名とする.rubyスクリプトをロードした時には`.rb',オブジェクトを ロードした時には`.o'をフィーチャ名に付加する.lispのrequireと provideの働きに(少し)近い. Thu Jul 20 12:50:05 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * Makefile.in (test): make testができるように. * struct.c (struct_new): typo. * eval.c (rb_eval): `defined'を追加.メソッド/変数/定数の定義状態 を知る事が出来る. Wed Jul 19 18:04:01 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.81 Mon Jul 17 14:53:51 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * variable.c (rb_const_get): 未初期化のCONSTANTの値をnilにした.し かし,今後また例外に戻す可能性はある.要はoptionalなクラス/モジュー ルが存在するかチェックしたいだけなんだな. * st.c (int): grow_factorを固定にした(大嶋さんのマシンに対応). Fri Jul 14 00:48:40 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * ext/extmk.rb.in: キャッシュのバグを修正. * parse.y (var_extend): #{$数字}に対応した. * dln.c (dln_load_1): `Init_FILENAME'だけを有効に.`init_*'は今後 実行しない. * ext/etc/etc.c : Etcモジュールを拡張モジュールとして分離.実はNT 対応への布石だったりするかもしれない. Tue Jul 11 17:12:48 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * gcc -Wallで出たwarningを元にソースを変更. * signal.c (trap): typo. Fri Jul 7 10:08:51 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.80 * ruby.texi: texinfo documentを提供.specとruby.1は無くなった. * signal.c (Ftrap): 割込み禁止中の例外発生に対応. * eval.c (Flambda): Blockオブジェクトを返す.Block.newと同義. Thu Jul 6 00:35:03 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * signal.c (Ftrap): SIG_DFLの処理を変更.SIGINTへのデフォルトハン ドラを用意(例外を発生する). * file.c (Sfile_expand_fname): パス名を絶対パスに展開するメソッド. (Sfile_basename): basenameを得るメソッド.拡張子も外せる. (Sfile_dirname): basenameの反対. * eval.c (rb_call): argument評価中の例外発生に対応. * file.c (Ftest): `M', `A', `C'を追加. Tue Jul 4 12:36:33 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * file.c (Ftest): ファイルテスト用メソッド. * ruby.c (proc_options): `-r'オプションを追加. * parse.y (f_args): デフォルト引数を追加. * eval.c (rb_call): 該当する引数が無い時,rest引数の値をnilに. * numeric.c (num_equal): 数値以外との比較で例外が発生していた. FALSEを返すように. * eval.c (masign): 多重代入のrest部の動作がおかしかった. Sat Jun 17 01:03:16 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * parse.y (gettable): 未初期化のローカル変数の参照(独立した識別子) は正式にメソッド呼び出しとした. * parse.y (read_escape): tokenbufを使わないように修正.それにとも ない,`\C-x',`\M-x'などのエスケープ表現を復活.これでドキュメン トと実際の処理系が一致した. Thu Jun 15 15:42:00 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * re.c (re_regcomp): cacheのチェックを改善. Mon Jun 12 18:50:51 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * version 0.79 Sat Jun 10 00:25:01 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@caelum.co.jp> * re.c (re_regcomp): cache判定に`$='の値も反映させた. * sample/test.rb: test suite作成. Fri Jun 9 15:58:34 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * re.c (re_regcomp): cacheの判定が間違っていた. Fri Jun 9 00:01:35 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * eval.c (rb_yield): block構造体に初期化していないメンバ(iter)があっ たのでイテレータのネストが正しく動作しなかった. Thu Jun 8 00:59:03 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * re.c (=~): String以外との比較がFALSEを返すように(例外を発生して いた). * extmk.rb.in: 判定した値をファイルにキャッシュするようにした. * assoc.c (to_a): to_aメソッドが再定義されていなかった. * eval.c (rb_eval): 初期化されていないローカル変数へのアクセスを引 数の無いメソッド呼び出しと解釈する.ただし,(現状では)メソッドが 定義されていない場合,エラーにせず変数未初期化のwaringを出して nilを返している.「ruby -pe print」などが実行できるという意味で はありがたいこの仕様は,しかし今後の検討が必要である.-- メソッ ド呼び出しとするのを止めるか(以前の仕様),いつもメソッド呼び出し とする(未定義ならばエラー)か,今の仕様で行くか. * eval.c (rb_eval): 初期化されていないローカル変数へのアクセスで (evalなどで)初期化された事が分かった時には以後初期化されたローカ ル変数とみなす. Wed Jun 7 11:58:12 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * eval.c (rb_fail): 例外処理後も`$!'をクリアしないように. (rb_fail): `$!'変数に最後に改行を追加しない. * io.c (Fprint): privateメソッドに変更.引数を取らない時の動作を変 更(`$_'を出力する). (Fio_print): 出力先指定のprintメソッド. (Fio_printf): 出力先指定のprintfメソッド. * parse.y: not演算子の追加.優先順位の低い`!'演算子. Mon Jun 5 19:00:55 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * version 0.78 Fri Jun 2 17:52:03 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * ruby.c (proc_options): -Iオプションで`$:'への追加される順番を修 正した. Fri Jun 2 00:36:34 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * parse.y: while修飾子の動作を通常のwhileと同じにした.ただし, begin式へのwhile修飾子だけはdo..while型のループとなる. Wed May 31 18:36:30 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * version 0.77 Mon May 29 18:39:37 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * ext/extmk.rb.in (install): 拡張モジュールもインストールできるよ うに. Fri May 26 14:43:01 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * process.c (Fsystem): 戻り値をサブプロセスの失敗/成功を表す真偽値 にした.終了ステータスは`$?'で得る. Tue May 23 10:58:11 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * string.c (Fstr_upto): 無限ループに陥らないように. * parse.y (cond): `||'などの右辺に制御式が書けるように,条件式がか ならずしも値を持たなくても良いようにした. * ext/marshal/marshal.c: オブジェクトの読み書きをメソッドの再定義 でコントロールできるように.インスタンスが`_dump_to'というメソッ ドを定義している時はそちらを使うように. * ext/extmk.rb.in: static linkも設定できるような仕様にした. ext/Setupというファイルにディレクトリ名を記述するとそのディレク トリに存在するモジュールはstatic linkされる(はず). * eval.c (rb_eval): `..'を文法に組み込み,`..'と`...'の動作をperl に合わせた. Sat May 20 01:22:48 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * io.c (select): timeout時と割込み時の動作の明確化. Co-authored-by: Takahasi Mamoru <taka@soum.co.jp> Co-authored-by: Yasuo OHBA <jammy@csg.mes.co.jp>
Diffstat (limited to 'inits.c')
-rw-r--r--inits.c9
1 files changed, 3 insertions, 6 deletions
diff --git a/inits.c b/inits.c
index e6e1495..673b6ee 100644
--- a/inits.c
+++ b/inits.c
@@ -12,6 +12,7 @@
#include "ruby.h"
+void
rb_call_inits()
{
Init_sym();
@@ -23,7 +24,6 @@ rb_call_inits()
Init_Enumerable();
Init_Numeric();
Init_Bignum();
- Init_Assoc();
Init_Array();
Init_Hash();
Init_Struct();
@@ -37,12 +37,9 @@ rb_call_inits()
Init_Random();
Init_signal();
Init_process();
- Init_Etc();
Init_load();
- Init_Block();
+ Init_Proc();
Init_Math();
- /* new Inits comes between here.. */
-
- /* .. and here. */
+ Init_ext();
Init_version();
}