summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/inits.c
diff options
context:
space:
mode:
authorYukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>1995-05-19 06:33:23 (GMT)
committerTakashi Kokubun <takashikkbn@gmail.com>2019-08-17 13:09:32 (GMT)
commit8bf1c909dc31fd4bcdc1488cda9fe89a62bc2830 (patch)
tree6899d116a280ba8f99f65e21fe9259706474c0aa /inits.c
parentb2420d8ffa4d347a75efbbdc376f4ce65c0eb172 (diff)
version 0.76v0_76
https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-0.76.tar.gz Fri May 19 15:33:23 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * version 0.76 Fri May 19 00:48:08 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * string.c (Fstr_each): イテレータブロック中で文字列の変更が行われ たかどうかをチェック.ポインタの値が変わっていれば例外を発生する. * ruby-mode.el: ruby-electric-braceの新設. Thu May 18 12:27:23 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * string.c (Fstr_tr): trの置換対象に`\0'を含む時に正しく置換を行わ ないバグがあった.更に置換文字列をASCII順に指定しないと動作しな い問題もあった.結果としてtrを書き換えたので,copyrightの問題は 無くなった(と思う). * gc.c (gc): the_scopeをマークしていなかったので,ローカル変数が間 違って開放される場合があった. * gc.c (mark_locations_array): 若干の高速化. Mon May 15 11:43:49 1995 Yukihiro Matsumoto <matz@ix-02> * ext/extmk.rb.in: Dynamic Loadモジュールのコンパイル用チェックを 行うruby script.autoconfに近い感覚で使える.新しいモジュールを 提供したい人はextの下にディレクトリを作るだけで良い.必須のファ イルはファイル名の一覧を記録した`MANIFEST'というファイルのみ.必 要に応じて`depend'(ファイルの依存関係を記述するファイル gcc -MM の出力),`extconf.rb'(コンパイル用にライブラリと関数の存在チェッ クするファイル)を用意できる. * eval.c (rb_call): rubyメソッドの引数チェック時に未初期化の jmp_bufを使用していた. * parse.y: `or'と`and'の優先順位を同じにした. Wed May 3 18:21:36 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@dyna) * dln.c: Linuxでは`__.SYMDEF/'であった. * dln.c: system callのエラーチェックを忘れていた. Wed Apr 26 09:50:56 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y: イテレータブロックの変数宣言を`|'で括るようにした.これ でイテレータ変数がない時は宣言そのものを省略できる.文法の変更は 久しぶりだ. Tue Apr 25 12:04:17 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * eval.c(require): loadからダイナミックロードの機能を移してきた. さらに拡張子の補完機能を追加してユーザがdln/dlopenの差を意識する 必要のないようにした. * string.c(sub,sub): イテレータとしても動作するように. * object.c: init_object -> initialize. Mon Apr 24 14:22:39 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * NEWS-OS 3.4対応 * io.c: Solarisのstdioの動作が違うようだ.signalでEOFを返してしま う….perlでも同様の問題がある. Fri Apr 21 20:04:39 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * version 0.75 * signal.c: trapがなくなっていた.うーむ. * configure: Solaris 2.3対応. * io.c: #elifのないcppもある. * dir.c: autoconf 2.xへの対応が不十分 Thu Apr 20 12:31:24 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * version 0.74 * env.h, gc.c, regex.c: IRIXへの移植対応 * configure: picを生成するoptionの検出のため,システムタイプをチェッ クするように. Tue Apr 18 19:08:17 1995 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * gc.c(xrealloc): ptr=nilの時,malloc()と同じ働きを * array.c(astore): 空の配列の0番目の要素に代入するとsize=0で realloc()を呼んでいた. * configure, glob.c: Solaris 2.xでコンパイルできるように
Diffstat (limited to 'inits.c')
-rw-r--r--inits.c3
1 files changed, 2 insertions, 1 deletions
diff --git a/inits.c b/inits.c
index e53c637..e6e1495 100644
--- a/inits.c
+++ b/inits.c
@@ -6,7 +6,7 @@
$Date: 1995/01/10 10:42:38 $
created at: Tue Dec 28 16:01:58 JST 1993
- Copyright (C) 1995 Yukihiro Matsumoto
+ Copyright (C) 1993-1995 Yukihiro Matsumoto
************************************************/
@@ -35,6 +35,7 @@ rb_call_inits()
Init_Dir();
Init_Time();
Init_Random();
+ Init_signal();
Init_process();
Init_Etc();
Init_load();