summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/tcltklib/MANUAL.euc
diff options
context:
space:
mode:
authornagai <nagai@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-29 08:34:14 +0000
committernagai <nagai@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-29 08:34:14 +0000
commit24ff3f444882ba60418a6736d6c5d57ba3c0b80c (patch)
tree813a69918ff8435617ca58e193f9440c06febdb7 /ext/tcltklib/MANUAL.euc
parent22a5aec4b322c1be9eced78967e5cfd0ae54b6cb (diff)
* doc/ChangeLog-1.8.0: add changes of Ruby/Tk
* ext/tcltklib/tcltklib.c : some methods have no effect if on slave-IP * ext/tcltklib/tcltklib.c : can create a interpreter without Tk * ext/tcltklib/tcltklib.c : bug fix on handling exceptions * ext/tcltklib/MANUAL.euc : modify * ext/tk/lib/tk.rb : freeze some core modules * ext/tk/lib/multi-tk.rb : more secure * ext/tk/lib/tk.rb: TkVariable.new(array) --> treat the array as the Tk's list * ext/tk/lib/tk.rb: improve accessibility of TkVariable object * ext/tk/lib/tk.rb, ext/tk/lib/tkfont.rb, ext/tk/lib/tkcanvas.rb, ext/tk/lib/tktext.rb : fix bug of font handling * ext/tk/lib/tkfont.rb TkFont.new() accepts compound fonts * process.c: bug fix * process.c: add rb_secure(2) to methods of Process::{UID,GID,Sys} * process.c: deny handling IDs during evaluating the block given to the Process::{UID,GID}.switch method git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@4456 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/tcltklib/MANUAL.euc')
-rw-r--r--ext/tcltklib/MANUAL.euc40
1 files changed, 30 insertions, 10 deletions
diff --git a/ext/tcltklib/MANUAL.euc b/ext/tcltklib/MANUAL.euc
index 30cfd8c107..f04d036c64 100644
--- a/ext/tcltklib/MANUAL.euc
+++ b/ext/tcltklib/MANUAL.euc
@@ -1,5 +1,5 @@
(tof)
- 2003/07/25 Hidetoshi NAGAI
+ 2003/08/07 Hidetoshi NAGAI
本ドキュメントには古い tcltk ライブラリ,tcltklib ライブラリの説明
が含まれていますが,その記述内容は古いものとなっています.
@@ -263,6 +263,12 @@ require "tcltklib" すると, 以下のモジュール, クラスが利用可能です.
: Tk インタープリタ上で例外を発生した際に,イベントループをエ
: ラー停止させるかどうかの設定状態を true/false で得る.
+ num_of_mainwindows
+ : 現在のメインウィンドウ (ルートウィジェット) の数を返す.
+ : メインウィンドウは一つのインタープリタに付き最大一つである
+ : ので,この値は現在 Tk の機能が有効であるインタープリタの総
+ : 数に等しい.
+
クラス TclTkIp
クラスメソッド
@@ -274,6 +280,11 @@ require "tcltklib" すると, 以下のモジュール, クラスが利用可能です.
: 引数として与えるオプションと同様の情報を文字列として与える.
: 与えられた情報は,root widget 生成の際に用いられる.
: ( e.g. TclTkIp.new('FOO', '-geometry 500x200 -use 0x2200009') )
+ : もし options に敢えて nil または false を与えた場合,Tk ライ
+ : ブラリが導入されていない (つまりは Tcl のみの) インタープリ
+ : タを生成する.この場合は GUI 環境は必要ないため,ウインドウ
+ : システムが存在しない,または使用できない環境でも Tcl インター
+ : プリタを生成し,Tcl やその拡張ライブラリを活用することができる.
インスタンスメソッド
create_slave(name, safe=false)
@@ -331,17 +342,26 @@ require "tcltklib" すると, 以下のモジュール, クラスが利用可能です.
_return_value
: 直前の Tcl/Tk 上での評価の実行結果としての戻り値を返す.
- mainloop : 引数を含めて TclTkLib.mainloop に同じ
- mainloop_watchdog : 引数を含めて TclTkLib.mainloop_watchdog に同じ
- do_one_event : 引数を含めて TclTkLib.do_one_event に同じ
- set_eventloop_tick : 引数を含めて TclTkLib.set_eventloop_tick に同じ
- get_eventloop_tick : 引数を含めて TclTkLib.get_eventloop_tick に同じ
- set_eventloop_weight : 引数を含めて TclTkLib.set_eventloop_weight に同じ
- get_eventloop_weight : 引数を含めて TclTkLib.set_eventloop_weight に同じ
+ mainloop
+ mainloop_watchdog
+ : スレーブ IP の場合にはイベントループを起動せずに nil を返す.
+ : それ以外の点では引数を含めて TclTkLib の同名メソッドに同じ.
+
+ do_one_event
+ : スレーブ IP の場合には引数のイベントフラグに DONT_WAIT が
+ : 強制的に追加される (イベント待ちでスリープすることは禁止).
+ : それ以外の点では引数を含めて TclTkLib の同名メソッドに同じ.
+
+ set_eventloop_tick
+ get_eventloop_tick
+ set_no_event_wait
+ get_no_event_wait
+ set_eventloop_weight
+ get_eventloop_weight
mainloop_abort_on_exception
- : 引数を含めて TclTkLib.mainloop_abort_on_exception に同じ
mainloop_abort_on_exception=
- : 引数を含めて TclTkLib.mainloop_abort_on_exception= に同じ
+ : スレーブ IP の場合には値の設定が許されない (無視される).
+ : それ以外の点では引数を含めて TclTkLib の同名メソッドに同じ.
クラス TkCallbackBreak < StandardError
クラス TkCallbackContinue < StandardError