summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/readline/README
diff options
context:
space:
mode:
authormatz <matz@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>1999-01-20 04:59:32 +0000
committermatz <matz@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>1999-01-20 04:59:32 +0000
commit9c5b1986a36c7a700b4c76817e35aa874ba7907c (patch)
tree5951a3d3d9a696af427384e6128c42ec2256e687 /ext/readline/README
parentedf2e9b7c75d2fff380f03c9ae279e53fe05ab59 (diff)
Initial revision
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@370 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/readline/README')
-rw-r--r--ext/readline/README55
1 files changed, 55 insertions, 0 deletions
diff --git a/ext/readline/README b/ext/readline/README
new file mode 100644
index 0000000..8a5fe91
--- /dev/null
+++ b/ext/readline/README
@@ -0,0 +1,55 @@
+GNU Readline Libraryを利用するための拡張モジュールです。
+
+require "readline"
+include Readline
+
+line = readline("Prompt> ", TRUE)
+
+のように使用してください。
+
+[Readline]
+
+<モジュール関数>
+
+readline(prompt, add=nil)
+
+ 一行入力を読み込みます。
+ addがTRUEの場合、ヒストリに読み込んだ文字列を追加します。
+
+<クラスメソッド>
+
+completion_proc = proc
+
+ 補完時の動作を決定するProcオブジェクトを指定します。
+ procは引数に入力文字列を取り、候補文字列の配列を返すように
+ してください。
+
+completion_proc
+
+ 補完時の動作を決定するProcオブジェクトを返します。
+
+completion_case_fold = case_fold
+
+ 補完時に大文字小文字を区別しない場合、TRUEを指定します。
+
+completion_case_fold
+
+ 補完時に大文字小文字を区別しない場合、TRUEを返します。
+
+vi_editing_mode
+
+ VIモードになります。
+
+emacs_editing_mode
+
+ Emacsモードになります。
+
+<クラス定数>
+
+HISTORY
+
+ヒストリに対する操作はこの定数を通して行ってください。
+配列と同じように扱えるようになっています。
+
+
+ \ No newline at end of file