summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
diff options
context:
space:
mode:
authorshigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-06-27 04:38:57 +0000
committershigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-06-27 04:38:57 +0000
commitd3ce235babf3a5fa9a7904c45ec193e8962fe845 (patch)
tree6d2a550cb79cddaee7a52a6aae149d1b3f0d3c16 /ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
parent7e91b4b546634afa0203f7bd6d0e5092f8f7ee61 (diff)
1.From Tadashi Saito's advice
to_parts changed to split,assign removed, ** added,bugs in infinite? & nozero? fixed. 2.Rounding functionalities added mode now accepts rounding mode. round accepts second argument for Bankers' rounding. git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@4008 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html')
-rw-r--r--ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html507
1 files changed, 278 insertions, 229 deletions
diff --git a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
index efd4228d9a1..56bebaa8637 100644
--- a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
+++ b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
@@ -2,90 +2,30 @@
<HEAD>
<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">
<style type="text/css"><!--
-body {
- color: #3f0f0f;
- background: #fefeff;
- margin-left: 2em; margin-right: 2em;
+body { color: #3f0f0f; background: #fefeff; margin-left: 2em; margin-right: 2em;}
+h1 { color: #ffffff; background-color: #3939AD; border-color: #FF00FF; width: 100%;
+ border-style: solid; border-top-width: 0.1em; border-bottom-width: 0.1em; border-right: none;
+ border-left: none; padding: 0.1em; font-weight: bold; font-size: 160%; text-align: center;
}
-h1 {
- color: #ffffff;
- background-color: #3939AD;
- border-color: #FF00FF;
- width: 100%;
- border-style: solid;
- border-top-width: 0.1em;
- border-bottom-width: 0.1em;
- border-right: none;
- border-left: none;
+h2 { color: #00007f; background-color: #e7e7ff; border-color: #000094; width: 100%;
+ border-style: solid; border-left: none; border-right: none; border-top-width: 0.1em; border-bottom-width: 0.1em;
padding: 0.1em;
- font-weight: bold;
- font-size: 160%;
- text-align: center;
-}
-h2 {
- color: #00007f;
- background-color: #e7e7ff;
- border-color: #000094;
- width: 100%;
- border-style: solid;
- border-left: none;
- border-right: none;
- border-top-width: 0.1em;
- border-bottom-width: 0.1em;
- padding: 0.1em;
- font-weight: bold;
- font-size: 110%;
-}
-h3 {
- color: #00007f;
- padding: 0.2em;
- font-size: 110%;
-}
-h4, h5 {
- color: #000000;
- padding: 0.2em;
- font-size: 100%;
-}
-table {
- margin-top: 0.2em; margin-bottom: 0.2em;
- margin-left: 2em; margin-right: 2em;
-}
-caption {
- color: #7f0000;
- font-weight: bold;
-}
-th {
- background: #e7e7ff;
- padding-left: 0.2em; padding-right: 0.2em;
-}
-td {
- background: #f3f7ff;
- padding-left: 0.2em; padding-right: 0.2em;
-}
-code {
- color: #0000df;
-}
-dt {
- margin-top: 0.2em;
-}
-li {
- margin-top: 0.2em;
+ font-weight: bold; font-size: 110%;
}
+h3 { color: #00007f; padding: 0.2em; font-size: 110%;}
+h4, h5 { color: #000000; padding: 0.2em; font-size: 100%;}
+table { margin-top: 0.2em; margin-bottom: 0.2em; margin-left: 2em; margin-right: 2em;}
+caption { color: #7f0000; font-weight: bold;}
+th { background: #e7e7ff; padding-left: 0.2em; padding-right: 0.2em;}
+td { background: #f3f7ff; padding-left: 0.2em; padding-right: 0.2em;}
+code { color: #0000df;}
+dt { margin-top: 0.2em;}
+li { margin-top: 0.2em;}
pre
-{
- BACKGROUND-COLOR: #d0d0d0;
- BORDER-BOTTOM: medium none;
- BORDER-LEFT: medium none;
- BORDER-RIGHT: medium none;
- BORDER-TOP: medium none;
- LINE-HEIGHT: 100%;
- MARGIN: 12px 12px 12px 12px;
- PADDING-BOTTOM: 12px;
- PADDING-LEFT: 12px;
- PADDING-RIGHT: 12px;
- PADDING-TOP: 12px;
- WHITE-SPACE: pre;
- WIDTH: 100%
+{ BACKGROUND-COLOR: #d0d0d0; BORDER-BOTTOM: medium none; BORDER-LEFT: medium none;
+ BORDER-RIGHT: medium none; BORDER-TOP: medium none; LINE-HEIGHT: 100%; MARGIN: 12px 12px 12px 12px;
+ PADDING-BOTTOM: 12px; PADDING-LEFT: 12px; PADDING-RIGHT: 12px; PADDING-TOP: 12px;
+ WHITE-SPACE: pre; WIDTH: 100%
}
--></style>
@@ -99,7 +39,6 @@ BigDecimal はオブジェクト指向の強力なスクリプト言語である Ruby に可変長浮動小数
Ruby についての詳しい内容は以下のURLを参照してください。
<UL>
<LI><A HREF="http://www.ruby-lang.org/ja/">http://www.ruby-lang.org/ja/</A>:Ruby公式ページ</LI>
-<LI><A HREF="http://ruby.freak.ne.jp/">http://ruby.freak.ne.jp/</A>:Rubyに関する情報ページ</LI>
<LI><A HREF="http://kahori.com/ruby/ring/">http://kahori.com/ruby/ring/</A>:Rubyに関するページを辿れます</LI>
</UL>
<hr>
@@ -160,8 +99,9 @@ c=a+b
例えば32ビットのシステムでは10進で4桁毎に計算します。従って、現状では、
内部の「有効桁数」は4の倍数となっています。
+<H4><U>クラスメソッド</U></H4>
<UL>
-<LI>new</LI><BR>
+<LI><B>new</B></LI><BLOCKQUOTE>
新しい BigDecimal オブジェクトを生成します。<BR>
a=BigDecimal::new(s[,n])<BR>
s は初期値を文字列で指定します.
@@ -169,50 +109,151 @@ n は必要な有効桁数(a の最大有効桁数)を整数で指定します。
n が 0 または省略されたときは、n の値は s の有効桁数とみなされます。
s の有効桁数より n が小さいときも n=0 のときと同じです。
a の最大有効桁数は n より若干大い値が採用されます。
-<LI>+</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>mode</B></LI><BLOCKQUOTE>
+BigDecimalの実行結果を制御します。以下の使用方法が定義されています。
+<P>
+<B>[例外処理]</B><P>
+計算結果が非数(NaN)やゼロによる除算になったときの処理を定義することができます。
+<BLOCKQUOTE>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_NaN,flag)<BR>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_INFINITY,flag)<BR>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_UNDERFLOW,flag)<BR>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_OVERFLOW,flag)<BR>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ZERODIVIDE,flag)<BR>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ALL,flag)<BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+EXCEPTION_NaN は結果が NaN になったときの指定です。<BR>
+EXCEPTION_INFINITY は結果が無限大(±Infinity)になったときの指定です。<BR>
+EXCEPTION_UNDERFLOW は指数部がアンダーフローするときの指定です。<BR>
+EXCEPTION_OVERFLOW は指数部がオーバーフローするときの指定です。<BR>
+EXCEPTION_ZERODIVIDE はゼロによる割り算を実行したときの指定です。<BR>
+EXCEPTION_ALL は、可能な全てに対して一括して設定するときに使用します。<BR><BR>
+
+flag が true のときは、指定した状態になったときに例外を発行するようになります。<BR>
+flag が false(デフォルト)なら、例外は発行されません。計算結果は以下のようになります。<BR>
+<BLOCKQUOTE>
+EXCEPTION_NaN のとき、非数(NaN)<BR>
+EXCEPTION_INFINITY のとき、無限(+ or -Infinity)<BR>
+EXCEPTION_UNDERFLOW のとき、ゼロ<BR>
+EXCEPTION_OVERFLOW のとき、+Infinity か -Infinity<BR>
+EXCEPTION_ZERODIVIDE のとき、+Infinity か -Infinity<BR>
+</BLOCKQUOTE>
+EXCEPTION_INFINITY、EXCEPTION_OVERFLOW、EXCEPTION_ZERODIVIDE
+は今のところ同じです。<BR>
+戻り値は、設定前の値です。「値」の意味は、例えば
+BigDecimal::EXCEPTION_NaNと「値」の & が ゼロ以外ならば
+EXCEPTION_NaNが設定されているという意味です。<BR>
+引数に正しくないものが指定された場合は nil が返ります。
+
+<P>
+<B>[丸め処理指定]</B><P>
+計算途中の丸め操作の指定ができます。
+<BLOCKQUOTE>
+f = BigDecimal::mode(BigDecimal::COMP_MODE,flag)
+</BLOCKQUOTE>
+の形式で指定します。<BR>
+ここで、flag は以下の一つを指定します。
+<TABLE>
+<TR><TD>COMP_MODE_TRUNCATE</TD><TD>全て切り捨てます(truncate)。</TD></TR>
+<TR><TD>COMP_MODE_ROUNDUP</TD><TD>四捨五入します(roundup、デフォルト)。</TD></TR>
+<TR><TD>COMP_MODE_CEIL</TD><TD>数値の大きい方に繰り上げます(ceil)。</TD></TR>
+<TR><TD>COMP_MODE_FLOOR</TD><TD>数値の小さい方に繰り下げます(floor)。</TD></TR>
+<TR><TD>COMP_MODE_EVEN</TD><TD>四捨六入します。5の時は上位1桁が奇数の時のみ繰り上げます(Banker's rounding)。</TD></TR>
+</TABLE>
+戻り値は指定前の flag の値です。
+引数に正しくないものが指定された場合は nil が返ります。<BR>
+mode メソッドでは丸め操作の位置をユーザが指定することはできません。
+丸め操作と位置を自分で制御したい場合は truncate/roundup/ceil/floor といった
+インスタンスメソッドを使用して下さい。
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>limit([n])</B></LI><BLOCKQUOTE>
+生成されるBigDecimalオブジェクトの最大桁数をn桁に制限します。戻り値は
+設定する前の値です。設定値のデフォルト値は0で、桁数無制限という意味です。
+nを指定しない場合は、現状の最大桁数が返ります。<BR>
+mf = BigDecimal::limit(n)<BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>double_fig</B></LI><BLOCKQUOTE>
+Ruby の Float クラスが保持できる有効数字の数を返します。
+<CODE><PRE>
+ p BigDecimal::double_fig # ==> 20 (depends on the CPU etc.)
+</PRE></CODE>
+double_figは以下の C プログラムの結果と同じです。
+<CODE><PRE>
+ double v = 1.0;
+ int double_fig = 0;
+ while(v + 1.0 > 1.0) {
+ ++double_fig;
+ v /= 10;
+ }
+</PRE></CODE>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>BASE</B></LI><BLOCKQUOTE>
+内部で使用される基数の値です。整数が 32 ビットの処理系では10000です。<BR>
+b = BigDecimal::BASE<BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>E</B></LI><BLOCKQUOTE>
+自然対数の底e(=2.718281828....)を計算します(正直にテイラー展開で)。<BR>
+e = BigDecimal::E(n)<BR>
+nは必要な有効桁数を整数で指定します。
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>PI</B></LI><BLOCKQUOTE>
+円周率(=3.14159265358979....)を計算します(J.Machinの公式を用います)。<BR>
+e = BigDecimal::PI(n)<BR>
+n は必要な有効桁数を整数で指定します。
+</BLOCKQUOTE>
+</UL>
+
+<H4><U>インスタンスメソッド</U></H4>
+<UL>
+<LI><B>+</B></LI><BLOCKQUOTE>
加算(c = a + b)<BR>
c の精度については「<A HREF="#PREC">計算精度について</A>」を参照してください。
-<LI>-</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>-</B></LI><BLOCKQUOTE>
減算(c = a - b)、または符号反転(c = -a)<BR>
c の精度については「<A HREF="#PREC">計算精度について</A>」を参照してください。
-<LI>*</LI><BR>
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>*</B></LI><BLOCKQUOTE>
乗算(c = a * b)<BR>
cの精度は(aの精度)+(bの精度)程度です。<br>
詳しくは「<A HREF="#PREC">計算精度について</A>」を参照してください。
-<LI>/</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>/</B></LI><BLOCKQUOTE>
除算(c = a / b)<BR>
c の精度については「<A HREF="#PREC">計算精度について</A>」を参照してください。
-<LI>assign</LI><BR>
-以下のように使用します。<BR>
-c = a.assign(n,f)<BR>
-f > 0 なら、a を c に、そのまま代入します。
-f < 0 なら、-a を c に代入します。
-f の絶対値(|f|)は1か2を指定してください。
-|f|=2 のときは、c の最大精度が a の実精度より小さいときには
-丸められます。|f|=1 のときは切り捨てられます。
-n は c の有効桁数です(n 桁以上の精度を持つ c が生成されます)。
-
-<LI>add</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>add</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.add(b,n)<BR>
c = a + b を最大で n 桁まで計算します。
a + b の精度が n より大きいときは丸められます。
-<LI>sub</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>sub</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.sub(b,n)<BR>
c = a - b を最大で n 桁まで計算します。
a - b の精度が n より大きいときは丸められます。
-<LI>mult</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>mult</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c = a.mult(b,n)<BR>
c = a * b を最大で n 桁まで計算します。
a * b の精度が n より大きいときは丸められます。
-<LI>div</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>div</B></LI><BLOCKQUOTE>
以下のように使用します。<BR>
c,r = a.div(b,n)<BR>
c=a/b の計算をします。 r には剰余が代入されます。a/bは
@@ -220,63 +261,91 @@ c=a/b の計算をします。 r には剰余が代入されます。a/bは
と異なり、c は整数とは限りません。
また、 c は丸められることはありません。
a = c*b + r の関係は成立します。
-<LI>%</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>%</B></LI><BLOCKQUOTE>
r = a%b <BR>
a/b の余りを計算します。以下の計算と同じものです。<BR>
r = a-((a/b).floor)*b<BR>
-<LI>fix</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>fix</B></LI><BLOCKQUOTE>
a の小数点以下の切り捨て。<BR>
c = a.fix
-<LI>frac</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>frac</B></LI><BLOCKQUOTE>
a の整数部分の切り捨て。<BR>
c = a.frac
-<LI>floor</LI><BR>
-a 以下の最大整数を表す値(BigDecimal 値)を返します。<BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>floor[(n)]</B></LI><BLOCKQUOTE>
c = a.floor<BR>
-以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます
-(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
-c = BigDecimal("1.23456")<BR>
-d = c.floor(4) # d = 1.2345 になります。<BR>
- n が負のときは小数点以上 n 桁目を操作します。<BR>
-c = BigDecimal("15.23456")<BR>
-d = c.floor(-1) # d = 10.0 になります。<BR>
-
-<LI>ceil</LI><BR>
-a 以上の整数のうち、最も小さい整数を計算し、その値(BigDecimal 値)を返します。<BR>
+a 以下の最大整数(BigDecimal 値)を返します。
+<PRE><CODE>
+c = BigDecimal("1.23456").floor # ==> 1
+c = BigDecimal("-1.23456").floor # ==> -2
+</CODE></PRE>
+以下のように引数 n を与えることもできます。<BR>
+n>=0 なら、小数点以下 n+1 位の数字を操作します(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
+n が負のときは小数点以上 n 桁目を操作します(小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます)。<BR>
+<PRE><CODE>
+ c = BigDecimal::new("1.23456").floor(4) # ==> 1.2345
+ c = BigDecimal::new("15.23456").floor(-1) # ==> 10.0
+</CODE></PRE>
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>ceil[(n)]</B></LI><BLOCKQUOTE>
c = a.ceil<BR>
-以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます
-(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
-c = BigDecimal::new("1.23456")<BR>
-d = c.ceil(4) # d = 1.2346 になります。<BR>
- n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します。<BR>
-c = BigDecimal::new("15.23456")<BR>
-d = c.ceil(-1) # d = 20.0 になります。<BR>
-
-<LI>round</LI><BR>
-小数点以下第一位の数を四捨五入して整数(BigDecimal 値)にします。<BR>
+a 以上の整数のうち、最も小さい整数を計算し、その値(BigDecimal 値)を返します。
+<PRE><CODE>
+c = BigDecimal("1.23456").ceil # ==> 2
+c = BigDecimal("-1.23456").ceil # ==> -1
+</CODE></PRE>
+
+以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます。<BR>
+n>=0 なら、小数点以下 n+1 位の数字を操作します(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
+ n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します(小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます)。<BR>
+<PRE><CODE>
+ c = BigDecimal::new("1.23456").ceil(4) # ==> 1.2346
+ c = BigDecimal::new("15.23456").ceil(-1) # ==> 20.0
+</CODE></PRE>
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>round[(n[,b])]</B></LI><BLOCKQUOTE>
c = a.round<BR>
-以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます
-(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
-n が正の時は、小数点以下 n+1 位の数字を四捨五入します。
-c = BigDecimal::new("1.23456")<BR>
-d = c.round(4) # d = 1.235 になります。<BR>
- n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します。<BR>
-c = BigDecimal::new("15.23456")<BR>
-d = c.round(-1) # d = 20.0 になります。<BR>
-
-<LI>truncate</LI><BR>
-小数点以下の数を切り捨てて整数(BigDecimal 値)にします。<BR>
+小数点以下第一位の数を四捨五入して整数(BigDecimal 値)にします。<BR>
+<PRE><CODE>
+ c = BigDecimal("1.23456").round # ==> 1
+ c = BigDecimal("-1.23456").round # ==> -1
+</CODE></PRE>
+
+以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます。<BR>
+n が正の時は、小数点以下 n+1 位の数字を四捨五入します(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
+n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します(小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます)。
+<PRE><CODE>
+c = BigDecimal::new("1.23456").round(4) # ==> 1.2346
+c = BigDecimal::new("15.23456").round(-1) # ==> 20.0
+</CODE></PRE>
+2番目の引数(デフォルトは 0)にゼロ以外を指定すると、いわゆる Banker's rounding になります。<BR>
+ Banker's rounding とは、四捨五入する数字を p として、p &lt; 5 なら切り捨て p &gt; 5 なら切り上げ、
+p がちょうど5のときだけは切り上げ先の数字+1が偶数になるときだけ切り上げます。
+<PRE><CODE>
+c = BigDecimal::new("1.23456").round(3,1) # ==> 1.234
+c = BigDecimal::new("1.23356").round(3,1) # ==> 1.234
+</CODE></PRE>
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>truncate</B></LI><BLOCKQUOTE>
c = a.truncate<BR>
-以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます
-(少数点以下を、最大 n 桁にします)。<BR>
-n が正の時は、小数点以下 n+1 位の数字を切り捨てます。
-c = BigDecimal::new("1.23456")<BR>
-d = c.truncate(4) # d = 1.2345 になります。<BR>
- n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します。<BR>
-c = BigDecimal::new("15.23456")<BR>
-d = c.truncate(-1) # d = 10.0 になります。<BR>
-
-<LI>divmod</LI><BR>
+小数点以下の数を切り捨てて整数(BigDecimal 値)にします。<BR>
+以下のように引数を与えて、小数点以下 n+1 位の数字を操作することもできます。<BR>
+n が正の時は、小数点以下 n+1 位の数字を切り捨てます(少数点以下を、最大 n 桁にします)。
+n が負のときは小数点以上 n 桁目をを操作します(小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます)。<BR>
+<PRE><CODE>
+c = BigDecimal::new("1.23456").truncate(4) # ==> 1.2345
+c = BigDecimal::new("15.23456").truncate(-1) # ==> 10.0
+</CODE></PRE>
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>divmod</B></LI><BLOCKQUOTE>
商と剰余の配列を返します。<BR>
c,r = a.divmod(b) # a = c*b + r<BR>
divmodメソッドは a = c * b + r となる a / b の浮動小数点型の商 c と剰余 r を
@@ -284,85 +353,44 @@ divmodメソッドは a = c * b + r となる a / b の浮動小数点型の商 c と剰余 r を
c = (a/b).floor <BR>
r = a - c*b<BR>
で計算されます。
-<LI>remainder</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>remainder</B></LI><BLOCKQUOTE>
r=a.remainder(b)<BR>
a/b の剰余 r を計算します。<BR>
c = (a/b).fix <BR>
r = a - c*b<BR>
で計算されます。
-<LI>abs</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>abs</B></LI><BLOCKQUOTE>
aの絶対値<BR>
c = a.abs<BR>
-<LI>to_i</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>to_i</B></LI><BLOCKQUOTE>
少数点以下を切り捨てて整数に変換します。<BR>
i = a.to_i<BR>
i は値に応じて Fixnum か Bignum になります。
a が Infinity や NaN のとき、i は nil になります。
-<LI>to_f</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>to_f</B></LI><BLOCKQUOTE>
dup と全く同じです。
同じ値の BigDecimal オブジェクトを生成します。
-<LI>to_s[(n)]</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>to_s[(n)]</B></LI><BLOCKQUOTE>
文字列に変換します("0.xxxxxEn"の形になります)。<BR>
s = a.to_s<BR>
n が指定されたときは、仮数部分を n 桁毎に空白で区切ります。<BR>
s = a.to_s(n)
-<LI>exponent</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>exponent</B></LI><BLOCKQUOTE>
指数部を整数値で返します。
n = a.exponent <BR>
は a の値が 0.xxxxxxx*10**n を意味します。
-<LI>E</LI><BR>
-自然対数の底e(=2.718281828....)を計算します(正直にテイラー展開で)。<BR>
-e = BigDecimal::E(n)<BR>
-nは必要な有効桁数を整数で指定します。
-<LI>PI</LI><BR>
-円周率(=3.14159265358979....)を計算します(J.Machinの公式を用います)。<BR>
-e = BigDecimal::PI(n)<BR>
-n は必要な有効桁数を整数で指定します。
-<LI>BASE</LI><BR>
-内部で使用される基数の値です。整数が 32 ビットの処理系では10000です。<BR>
-b = BigDecimal::BASE<BR>
-<LI>mode</LI><BR>
-BigDecimalの実行結果を制御します。以下の使用方法が定義されています。<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_NaN,flag)<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_INFINITY,flag)<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_UNDERFLOW,flag)<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_OVERFLOW,flag)<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ZERODIVIDE,flag)<BR>
-f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ALL,flag)<BR>
-
-EXCEPTION_NaN は結果が NaN になったときの指定です。
-EXCEPTION_INFINITY は結果が無限大(±Infinity)
-になったときの指定です。
-EXCEPTION_UNDERFLOW は指数部がアンダーフローするときの指定です。
-EXCEPTION_OVERFLOW は指数部がオーバーフローするときの指定です。
-EXCEPTION_ZERODIVIDE はゼロによる割り算を実行したときの指定です。
-EXCEPTION_ALL は、可能な全てに対して一括して設定するときに
-使用します。
-flag が true のときは、指定した状態になったときに例外を発行
-するようになります。
-flag が false(デフォルト)なら、例外は発行されません。計算結果は
-以下のようになります。<BR>
-EXCEPTION_NaN のとき、非数(NaN)<BR>
-EXCEPTION_INFINITY のとき、無限(+ or -Infinity)<BR>
-EXCEPTION_UNDERFLOW のとき、ゼロ<BR>
-EXCEPTION_OVERFLOW のとき、+Infinity か -Infinity<BR>
-EXCEPTION_ZERODIVIDE のとき、+Infinity か -Infinity<BR>
-EXCEPTION_INFINITY、EXCEPTION_OVERFLOW、EXCEPTION_ZERODIVIDE
-は今のところ同じです。<BR>
-戻り値は、設定後の値です。「値」の意味は、例えば
-BigDecimal::EXCEPTION_NaNと「値」の & が ゼロ以外ならば
-EXCEPTION_NaNが設定されているという意味です。
-flag が nil、または、true と false 以外なら現在の設定値が返ります。
+</BLOCKQUOTE>
-<LI>limit([n])</LI><BR>
-生成されるBigDecimalオブジェクトの最大桁数をn桁に制限します。戻り値は
-設定する前の値です。設定値のデフォルト値は0で、桁数無制限という意味です。
-nを指定しない場合は、現状の最大桁数が返ります。<BR>
-mf = BigDecimal::limit(n)<BR>
-<LI>sign</LI><BR>
+<LI><B>sign</B></LI><BLOCKQUOTE>
値の属性を返します。
n = a.sign <BR>
としたとき n の値は a が以下のときを意味します。<BR>
@@ -375,26 +403,40 @@ n = BigDecimal::SIGN_NEGATIVE_FINITE(-2) : a は負の値<BR>
n = BigDecimal::SIGN_POSITIVE_INFINITE(3) : a は+Infinity<BR>
n = BigDecimal::SIGN_NEGATIVE_INFINITE(-3) : a は-Infinity<BR>
-<LI>nan?</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>nan?</B></LI><BLOCKQUOTE>
a.nan? は a がNaNのとき真を返します。
-<LI>infinite?</LI><BR>
-a.infinite? は a が+∞または-∞のとき真を返します。
-<LI>finite?</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>infinite?</B></LI><BLOCKQUOTE>
+a.infinite? は a が+∞のとき 1 、-∞のときは -1、それ以外のときは nil を返します。
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>finite?</B></LI><BLOCKQUOTE>
a.finite? は a が∞または NaN でないとき真を返します。
+</BLOCKQUOTE>
-<LI>to_parts</LI><BR>
+<LI><B>zero?</B></LI><BLOCKQUOTE>
+a が 0 なら true になります。<BR>
+c = a.zero?
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>nonzero?</B></LI><BLOCKQUOTE>
+a が 0 なら nil、0 以外なら a そのものが返ります。<BR>
+c = a.nonzero?
+
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>split</B></LI><BLOCKQUOTE>
BigDecimal 値を 0.xxxxxxx*10**n と表現したときに、符号(NaNのときは
0、それ以外は+1か-1になります)、
仮数部分の文字列("xxxxxxx")と、基数(10)、更に指数 n を配列で
返します。<BR>
-a=BigDecimal::new("3.14159265",10)<BR>
-f,x,y,z = a.to_parts<BR>
+a=BigDecimal::new("3.14159265")<BR>
+f,x,y,z = a.split<BR>
とすると、f=+1、x="314159265"、y=10、z=1になります。<BR>
従って、<BR>
s = "0."+x<BR>
b = f*(s.to_f)*(y**z)<BR>
で Float に変換することができます。
-<LI>inspect</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>inspect</B></LI><BLOCKQUOTE>
デバッグ出力に使用されます。<BR>
p a=BigDecimal::new("3.14",10)<BR>
とすると、[0x112344:'0.314E1',4(12)]のように出力されます。
@@ -402,47 +444,54 @@ p a=BigDecimal::new("3.14",10)<BR>
次の4は現在の有効桁数(表示より若干大きいことがあります)、
最後はオブジェクトが取り得る最大桁数になります。
-<LI>dup</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>dup</B></LI><BLOCKQUOTE>
同じ値の BigDecimal オブジェクトを生成します。
-<LI>sqrt</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>sqrt</B></LI><BLOCKQUOTE>
aの有効桁 n 桁の平方根(n の平方根ではありません)。
これまた、正直にニュートン法で計算します。<BR>
c = a.sqrt(n)<BR>
-<LI>sincos</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>sincos</B></LI><BLOCKQUOTE>
a の有効桁 n 桁の sin と cos を同時に(テイラー展開で)計算して、
sin と cos の配列を返します。
n は必要な有効桁数です( n の sin や cos を計算するわけではありません)。
<BR>
sin,cos = a.sincos(n)<BR>
|a|<2*3.1415....でないと正しい答えを計算できないこともあります。
-<LI>exp</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>exp</B></LI><BLOCKQUOTE>
自然対数の底e(=2.718281828....)の a 乗を計算します。<BR>
c = a.exp(n)<BR>
n は必要な有効桁数です。
-<LI>power</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>**</B></LI><BLOCKQUOTE>
a の n 乗を計算します。nは整数。<BR>
+c = a ** n<BR>
+結果として c の有効桁は a の n 倍以上になるので注意。
+</BLOCKQUOTE>
+<LI><B>power</B></LI><BLOCKQUOTE>
+** と同じで、a の n 乗を計算します。nは整数。<BR>
c = a.power(n)<BR>
結果として c の有効桁は a の n 倍以上になるので注意。
-<LI>zero?</LI><BR>
-a が 0 なら true になります。<BR>
-c = a.zero?<BR>
-<LI>nonzero?</LI><BR>
-a が 0 なら false、0 以外なら a そのものが返ります。<BR>
-c = a.nonzero?<BR>
-<LI>&lt=&gt</LI><BR>
+</BLOCKQUOTE>
+
+<LI><B>&lt=&gt</B></LI><BLOCKQUOTE>
a==b なら 0、a &gt b なら 1、a &lt b なら -1 になります。<BR>
-c = a &lt=&gt b <BR>
+c = a &lt=&gt b
+</BLOCKQUOTE>
</UL>
後は、読んで字の如くです。<BR>
<UL>
-<LI>==</LI>
-<LI>===</LI>
+<LI><B>==</B></LI>
+<LI><B>===</B></LI>
「==」と同じですが case 文で使用されます。
-<LI>!=</LI>
-<LI>&lt</LI>
-<LI>&lt=</LI>
-<LI>&gt</LI>
-<LI>&gt=</LI>
+<LI><B>!=</B></LI>
+<LI><B>&lt</B></LI>
+<LI><B>&lt=</B></LI>
+<LI><B>&gt</B></LI>
+<LI><B>&gt=</B></LI>
</UL>
<H3>coerceについて</H3>
BigDecimal オブジェクトが算術演算子の左にあるときは、BigDecimal オブジェクトが