summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
diff options
context:
space:
mode:
authorshigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-10-21 03:52:43 +0000
committershigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-10-21 03:52:43 +0000
commitc2e6541a6a4c0f0c37fe6ac3d058c6fbe5e350e2 (patch)
tree11608d5d57b2b470bddd7652125136f9c6640375 /ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
parent970ad34c958a62ba6794edd40dc85fc2dc4b9f77 (diff)
Added math.rb descriptions.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@4820 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html')
-rw-r--r--ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html12
1 files changed, 9 insertions, 3 deletions
diff --git a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
index b43278e6162..33d5d834fb4 100644
--- a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
+++ b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
@@ -98,9 +98,15 @@ c=a+b
内部の「有効桁数」は4の倍数となっています。
<P>
以下のメソッド以外にも、(C ではない) Ruby ソースの形で
-提供されているものもあります。例えば、文字列から BigDecimal への
-変換や、"0.xxxxxEn" という形式ではなく "nnnnn.mmmm" の形式の文字列
-へ変換するメソッド等があります。利用するには
+提供されているものもあります。例えば、
+<CODE><PRE>
+require "bigdecimal/math.rb"
+</PRE></CODE>
+とすることで、sin や cos といった関数が使用できるようになります。
+使用方法など、詳細は math.rb の内容を参照して下さい。
+
+その他、Float との相互変換などのメソッドが util.rb でサポートされています。
+利用するには
<CODE><PRE>
require "bigdecimal/util.rb"
</PRE></CODE>