summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
diff options
context:
space:
mode:
authorshigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-19 14:21:13 +0000
committershigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2003-08-19 14:21:13 +0000
commit62acad914e81f79ebfe02727b7fa7e8e3c215a05 (patch)
tree5de62bdb87c7362bdb8d34fdbe95970de90ce137 /ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
parentcaf213d9ad1fd277d1cc615306d3eb662c2283af (diff)
to_s("+") implemented.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@4412 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html')
-rw-r--r--ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html53
1 files changed, 12 insertions, 41 deletions
diff --git a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
index 0d5516ad609..a1b996b22f4 100644
--- a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
+++ b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
@@ -1,3 +1,4 @@
+<!-- saved from url=(0022)http://internet.e-mail -->
<HTML>
<HEAD>
<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">
@@ -111,7 +112,9 @@ require "bigdecimal/util.rb"
新しい BigDecimal オブジェクトを生成します。<BR>
a=BigDecimal::new(s[,n]) または<BR>
a=BigDecimal(s[,n])<BR>
-s は初期値を文字列で指定します.
+s は数字を表現する初期値を文字列で指定します。
+スペースは無視されます。また、判断できない文字が出現した時点で
+文字列は終了したものとみなされます。
n は必要な有効桁数(a の最大有効桁数)を整数で指定します。
n が 0 または省略されたときは、n の値は s の有効桁数とみなされます。
s の有効桁数より n が小さいときも n=0 のときと同じです。
@@ -387,6 +390,14 @@ BigDecimal("0.1234567890123456789").to_s(10) # ==> "0.1234567890 123456789E0"
<CODE><PRE>
BigDecimal("0.1234567890123456789").to_s("10") # ==> "0.1234567890 123456789E0"
</PRE></CODE>
+文字列の最初に '+'(または ' ')を付けると、値が正の場合、先頭に '+'(または ' ')が付きます
+(負の場合は、常に '-' が付きます。)。
+<CODE><PRE>
+BigDecimal("0.1234567890123456789").to_s(" 10") # ==> " 0.1234567890 123456789E0"
+BigDecimal("0.1234567890123456789").to_s("+10") # ==> "+0.1234567890 123456789E0"
+BigDecimal("-0.1234567890123456789").to_s("10") # ==> "-0.1234567890 123456789E0"
+</PRE></CODE>
+
さらに文字列の最後に E(または e) か F(または f) を指定することで、以下のように
表示形式を変更することができます。
<CODE><PRE>
@@ -500,46 +511,6 @@ c = a &lt=&gt b
<LI><B>&gt=</B></LI>
</UL>
-<H4><U>(評価段階の)クラスメソッド</U></H4>
-以下のクラスメソッドは、まだ評価段階ですので、通常では
-使用できません。使用するには bigdecimal.c の
-「/* #define ENABLE_TRIAL_METHOD */」
-のコメントを外し、再コンパイル・再インストールが必要です。
-
-<UL>
-<LI><B>E</B></LI><BLOCKQUOTE>
-自然対数の底e(=2.718281828....)を計算します(正直にテイラー展開で)。<BR>
-e = BigDecimal::E(n)<BR>
-nは必要な有効桁数を整数で指定します。
-</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>PI</B></LI><BLOCKQUOTE>
-円周率(=3.14159265358979....)を計算します(J.Machinの公式を用います)。<BR>
-e = BigDecimal::PI(n)<BR>
-n は必要な有効桁数を整数で指定します。
-</BLOCKQUOTE>
-</UL>
-
-<H4><U>(評価段階の)インスタンスメソッド</U></H4>
-以下のインスタンスメソッドは、まだ評価段階ですので、通常では
-使用できません。使用するには bigdecimal.c の
-「/* #define ENABLE_TRIAL_METHOD */」
-のコメントを外して、再コンパイル・再インストールが必要です。
-<UL>
-<LI><B>sincos</B></LI><BLOCKQUOTE>
-a の有効桁 n 桁の sin と cos を同時に(テイラー展開で)計算して、
- sin と cos の配列を返します。
-n は必要な有効桁数です( n の sin や cos を計算するわけではありません)。
-<BR>
-sin,cos = a.sincos(n)<BR>
-|a| &lt; 2*3.1415....でないと正しい答えを計算できないこともあります。
-</BLOCKQUOTE>
-<LI><B>exp</B></LI><BLOCKQUOTE>
-自然対数の底e(=2.718281828....)の a 乗を計算します。<BR>
-c = a.exp(n)<BR>
-n は必要な有効桁数です。
-</BLOCKQUOTE>
-</UL>
-
<H3>coerceについて</H3>
BigDecimal オブジェクトが算術演算子の左にあるときは、BigDecimal オブジェクトが
右にあるオブジェクトを(必要なら) BigDecimal に変換してから計算します。