summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
diff options
context:
space:
mode:
authorshigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2004-02-20 04:13:30 +0000
committershigek <shigek@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2004-02-20 04:13:30 +0000
commit611bb8f5a8771b618b8e81f08438fb770a8c2872 (patch)
tree016463f47efd2062770956cb79fb514e8337ca7a /ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
parentebe96d582e3bf048637663d6c51524bd40c3d3eb (diff)
Wrong descriptions,pointed out by Bret Jolly,in the documents changed.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@5792 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html')
-rw-r--r--ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html7
1 files changed, 4 insertions, 3 deletions
diff --git a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
index 8fd95a6fe3d..37bbcbbb093 100644
--- a/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
+++ b/ext/bigdecimal/bigdecimal_ja.html
@@ -676,10 +676,11 @@ exponent=1、sign=2 なら数値が 1234.56784321 であるのは見れば直ぐに分かります。
<H3>10進のデメリット</H3>
実は今までのメリットは、そのままデメリットにもなります。
-そもそも、10進を2進、2進を10進に変換するような操作は変換誤差
+そもそも、10進を2進に変換するような操作は変換誤差
を伴う場合を回避することはできません。
-既に計算機内部に取り込まれた2進数値を BigDecimal の内部表現に
-変換するときには誤差が避けられない場合があります。
+大概のコンピュータは10進の内部表現を持っていないので、
+BigDecimal を利用して誤差無しの計算をする場合は、計算速度
+を無視しても最後まで BigDecimal を使用続ける必要があります。
<H3>最初は何か?</H3>
自分で計算するときにわざわざ2進数を使う人は極めてまれです。