summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/doc/pty
diff options
context:
space:
mode:
authorshyouhei <shyouhei@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-09-04 12:22:46 +0000
committershyouhei <shyouhei@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-09-04 12:22:46 +0000
commit60c8455253682cbda20a90950be3777f2d819ead (patch)
treeaee645c69ff06c7687214d511c1fadaef96a07ad /doc/pty
parenta17fd731c9cab021f3e40f63f10ac13c0e0ca516 (diff)
Change encoding from EUC-JP to UTF-8. [Feature #5128]
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@33181 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'doc/pty')
-rw-r--r--doc/pty/README.expect.ja28
-rw-r--r--doc/pty/README.ja86
2 files changed, 57 insertions, 57 deletions
diff --git a/doc/pty/README.expect.ja b/doc/pty/README.expect.ja
index db84695..7c0456f 100644
--- a/doc/pty/README.expect.ja
+++ b/doc/pty/README.expect.ja
@@ -1,21 +1,21 @@
README for expect
by A. Ito, 28 October, 1998
- Expectライブラリは,tcl の expect パッケージと似たような機能を
-IOクラスに追加します.
+ Expectゃ鐚tcl expect 宴若吾篌若罘純
+IO鴻菴遵障鐚
- 追加されるメソッドの使い方は次の通りです.
+ 菴遵<純篏帥鴻罨<с鐚
IO#expect(pattern,timeout=9999999)
-pattern は String か Regexp のインスタンス,timeout は Fixnum
-のインスタンスです.timeout は省略できます.
- このメソッドがブロックなしで呼ばれた場合,まずレシーバである
-IOオブジェクトから pattern にマッチするパターンが読みこまれる
-まで待ちます.パターンが得られたら,そのパターンに関する配列を
-返します.配列の最初の要素は,pattern にマッチするまでに読みこ
-まれた内容の文字列です.2番目以降の要素は,pattern の正規表現
-の中にアンカーがあった場合に,そのアンカーにマッチする部分です.
-もしタイムアウトが起きた場合は,このメソッドはnilを返します.
- このメソッドがブロック付きで呼ばれた場合には,マッチした要素の
-配列がブロック引数として渡され,ブロックが評価されます.
+pattern String Regexp ゃ潟鴻帥潟刻timeout Fixnum
+ゃ潟鴻帥潟鴻с鐚timeout ャс障鐚
+ <純у若違翫鐚障激若с
+IO吾с pattern 帥若潟茯帥障
+障у<障鐚帥若潟緇鐚帥若潟≪
+菴障鐚荀膣鐚pattern 障с茯帥
+障絎鴻絖с鐚2篁ラ荀膣鐚pattern 罩h頫
+筝≪潟若c翫鐚≪潟若с鐚
+帥ゃ≪莎激翫鐚<純nil菴障鐚
+ <純篁у若違翫鐚荀膣
+綣違羝<鐚荅箴<障鐚
diff --git a/doc/pty/README.ja b/doc/pty/README.ja
index ca2a014..9b9d306 100644
--- a/doc/pty/README.ja
+++ b/doc/pty/README.ja
@@ -1,76 +1,76 @@
-pty 拡張モジュール version 0.3 by A.ito
+pty ≦宍≪吾ャ若 version 0.3 by A.ito
-1. はじめに
+1.
-この拡張モジュールは,仮想tty (pty) を通して適当なコマンドを
-実行する機能を ruby に提供します.
+≦宍≪吾ャ若鐚篁tty (pty) 綵潟潟
+絎茵罘純 ruby 箴障鐚
-2. インストール
+2. ゃ潟鴻若
-次のようにしてインストールしてください.
+罨<ゃ潟鴻若鐚
(1) ruby extconf.rb
- を実行すると Makefile が生成されます.
+ 絎茵 Makefile 障鐚
-(2) make; make install を実行してください.
+(2) make; make install 絎茵鐚
-3. 何ができるか
+3. 篏с
-この拡張モジュールは,PTY というモジュールを定義します.その中
-には,次のようなモジュール関数が含まれています.
+≦宍≪吾ャ若鐚PTY ≪吾ャ若絎臂障鐚筝
+鐚罨<≪吾ャ若∽違障障鐚
getpty(command)
spawn(command)
- この関数は,仮想ttyを確保し,指定されたコマンドをその仮想tty
- の向こうで実行し,配列を返します.戻り値は3つの要素からなる
- 配列です.最初の要素は仮想ttyから読み出すためのIOオブジェクト,
- 2番目は書きこむためのIOオブジェクト,3番目は子プロセスのプロ
- セスIDです.この関数がイテレータとして呼ばれた場合,これらの
- 要素はブロックパラメータとして渡され,関数自体はnilを返します.
-
- 子プロセスが終了したり停止した場合には,例外が発生します.この関
- 数がブロックパラメータ付きで呼ばれた場合には,そのブロックの中で
- のみ例外が発生します.子プロセスをモニターしているスレッドはブロッ
- クを抜けるときに終了します.
+ ∽違鐚篁tty腆坂鐚絎潟潟篁tty
+ у茵鐚菴障鐚祉ゃ3ゃ荀膣
+ с鐚荀膣篁tty茯水冴IO吾с鐚
+ 2吾IO吾с鐚3絖祉鴻
+ 祉IDс鐚∽違ゃ若帥若違翫鐚
+ 荀膣<若帥羝<鐚∽域篏nil菴障鐚
+
+ 絖祉鴻腟篋罩≪翫鐚箴紊榊障鐚
+ 違<若推у若違翫鐚筝
+ 推紊榊障鐚絖祉鴻≪帥若鴻
+ 腟篋障鐚
protect_signal
reset_signal
- 廃止予定です.
+ 綮罩≫絎с鐚
PTY.open
- 仮想ttyを確保し,マスター側に対応するIOオブジェクトとスレーブ側に
- 対応するFileオブジェクトの配列を返します.ブロック付きで呼び出さ
- れた場合は,これらの要素はブロックパラメータとして渡され,ブロッ
- クから返された結果を返します.また、このマスターIOとスレーブFile
- は、ブロックを抜けるときにクローズ済みでなければクローズされます.
+ 篁tty腆坂鐚鴻帥弱眼絲上IO吾с鴻若眼
+ 絲上File吾с菴障鐚篁у若喝冴
+ 翫鐚荀膣<若帥羝<鐚
+ 菴腟菴障鐚障鴻帥IO鴻若File
+ 若堺帥с違若冴障鐚
PTY.check(pid[, raise=false])
- pidで指定された子プロセスの状態をチェックし,実行中であればnilを
- 返します.終了しているか停止している場合、第二引数が偽であれば、
- 対応するProcess::Statusオブジェクトを返します。真であれば
- PTY::ChildExited例外が発生します.
+ pidф絎絖祉鴻倶с鐚絎茵筝сnil
+ 菴障鐚腟篋罩≪翫膃篋綣違純с違
+ 絲上Process::Status吾с菴障с
+ PTY::ChildExited箴紊榊障鐚
-4. 利用について
+4. ゃ
-伊藤彰則が著作権を保有します.
+篌ゅ衆篏罔篆障鐚
-ソースプログラムまたはドキュメントに元の著作権表示が改変されずに
-表示されている場合に限り,誰でも,このソフトウェアを無償かつ著作
-権者に無断で利用・配布・改変できます.利用目的は限定されていませ
-ん.
+純若鴻違障ャ<潟篏罔茵腓冴劫
+茵腓冴翫鐚茯違с鐚純с≪≦よ篏
+罔≧у脂絽紙劫с障鐚絎障
+鐚
-このプログラムの利用・配布その他このプログラムに関係する行為によ
-って生じたいかなる損害に対しても,作者は一切責任を負いません.
+違脂絽篁違≫茵冴
+c絎潟絲障鐚篏筝莢篁祉莢障鐚
-5. バグ報告等
+5. 医怨膈
-バグレポートは歓迎します.
+違若罩菴障鐚
aito@ei5sun.yz.yamagata-u.ac.jp
-まで電子メールでバグレポートをお送りください.
+障ч糸<若с違若鐚