summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/doc/pty/README.expect.ja
diff options
context:
space:
mode:
authornobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2010-06-23 08:25:12 +0000
committernobu <nobu@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2010-06-23 08:25:12 +0000
commit80684e9c09338adcbbf1bc4827938f28178e84c1 (patch)
treeb045ae0bdbc1ccfce929417eb67f85d3b2952cdf /doc/pty/README.expect.ja
parentc7d001465cdb2956b6d0804b1ab34104846275ce (diff)
* ext/pty: moved documents and samples to the appropriate places.
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@28400 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'doc/pty/README.expect.ja')
-rw-r--r--doc/pty/README.expect.ja21
1 files changed, 21 insertions, 0 deletions
diff --git a/doc/pty/README.expect.ja b/doc/pty/README.expect.ja
new file mode 100644
index 0000000..db84695
--- /dev/null
+++ b/doc/pty/README.expect.ja
@@ -0,0 +1,21 @@
+ README for expect
+ by A. Ito, 28 October, 1998
+
+ Expectライブラリは,tcl の expect パッケージと似たような機能を
+IOクラスに追加します.
+
+ 追加されるメソッドの使い方は次の通りです.
+
+ IO#expect(pattern,timeout=9999999)
+
+pattern は String か Regexp のインスタンス,timeout は Fixnum
+のインスタンスです.timeout は省略できます.
+ このメソッドがブロックなしで呼ばれた場合,まずレシーバである
+IOオブジェクトから pattern にマッチするパターンが読みこまれる
+まで待ちます.パターンが得られたら,そのパターンに関する配列を
+返します.配列の最初の要素は,pattern にマッチするまでに読みこ
+まれた内容の文字列です.2番目以降の要素は,pattern の正規表現
+の中にアンカーがあった場合に,そのアンカーにマッチする部分です.
+もしタイムアウトが起きた場合は,このメソッドはnilを返します.
+ このメソッドがブロック付きで呼ばれた場合には,マッチした要素の
+配列がブロック引数として渡され,ブロックが評価されます.