summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/doc/etc.rd.ja
diff options
context:
space:
mode:
authorshyouhei <shyouhei@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-09-04 12:22:46 +0000
committershyouhei <shyouhei@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-09-04 12:22:46 +0000
commit60c8455253682cbda20a90950be3777f2d819ead (patch)
treeaee645c69ff06c7687214d511c1fadaef96a07ad /doc/etc.rd.ja
parenta17fd731c9cab021f3e40f63f10ac13c0e0ca516 (diff)
Change encoding from EUC-JP to UTF-8. [Feature #5128]
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@33181 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'doc/etc.rd.ja')
-rw-r--r--doc/etc.rd.ja76
1 files changed, 38 insertions, 38 deletions
diff --git a/doc/etc.rd.ja b/doc/etc.rd.ja
index 39a1efb..b36e05c 100644
--- a/doc/etc.rd.ja
+++ b/doc/etc.rd.ja
@@ -1,75 +1,75 @@
# etc.rd.ja - -*- mode: rd; coding: euc-jp; -*- created at: Fri Jul 14 00:47:15 JST 1995
=begin
-= Etc(モジュール)
+= Etc(≪吾ャ若)
-実行しているOSからの情報を得るためのモジュール.クラスにインクルード
-して使うこともできる.
+絎茵OS宴緇≪吾ャ若鐚鴻ゃ潟若
+篏帥с鐚
== Module Function
--- getlogin
- 自分のlogin名を返す.これが失敗した場合はgetpwuid()を用いると
- 良い.
+ login菴鐚紊掩翫getpwuid()
+ 鐚
--- getpwnam(name)
- /etc/passwdファイル(あるいはDBMファイルやNISデータベース)を検
- 索し,nameの名前を持つpasswdエントリを返す.戻り値はpasswd構造
- 体で以下のメンバを持つ.
+ /etc/passwd<ゃ(DBM<ゃNIS若帥若)罎
+ 膣≪鐚namepasswd潟菴鐚祉ゃpasswd罕
+ 篏т札筝<潟わ
struct passwd
- name # ユーザ名(文字列)
- passwd # パスワード(文字列)
- uid # ユーザID(整数)
- gid # グループID(整数)
- gecos # gecosフィールド(文字列)
- dir # ホームディレクトリ(文字列)
- shell # ログインシェル(文字列)
- # 以降のメンバはシステムによっては提供されない.
- change # パスワード変更時間(整数)
- quota # クォータ(整数)
- age # エージ(整数)
- class # ユーザアクセスクラス(文字列)
- comment # コメント(文字列)
- expire # アカウント有効期限(整数)
+ name # 若九(絖)
+ passwd # 鴻若(絖)
+ uid # 若ID(贋)
+ gid # 違若ID(贋)
+ gecos # gecosc若(絖)
+ dir # 若c(絖)
+ shell # 違ゃ潟激с(絖)
+ # 篁ラ<潟激鴻c箴鐚
+ change # 鴻若紊贋(贋)
+ quota # 若(贋)
+ age # 若(贋)
+ class # 若吟≪祉鴻(絖)
+ comment # 潟<潟(絖)
+ expire # ≪潟号(贋)
end
- 詳細はgetpwnam(3)を参照のこと.
+ 荅括完getpwnam(3)с鐚
--- getpwuid([uid])
- uidをユーザIDとするpasswdエントリを返す.戻り値はgetpwnam()と
- 同様である.引数を省略した場合にはgetuid()の値を用いる.詳細は
- getpwuid(3)を参照のこと.
+ uid若IDpasswd潟菴鐚祉ゃgetpwnam()
+ 罕с鐚綣違ャ翫getuid()ゃ鐚荅括完
+ getpwuid(3)с鐚
--- getgrgid(gid)
- /etc/groupファイル(あるいは…getpwnam参照)を検索し,gidをグルー
- プIDとするグループエントリを返す.戻り値はgroup構造体で以下の
- メンバを持つ.
+ /etc/group<ゃ(getpwnam)罎膣≪鐚gid違
+ ID違若潟菴鐚祉ゃgroup罕篏т札筝
+ <潟わ
struct group
- name # グループ名(文字列)
- passwd # グループのパスワード(文字列)
- gid # グループID(整数)
- mem # グループメンバ名の配列
+ name # 違若(絖)
+ passwd # 違若鴻若(絖)
+ gid # 違若ID(贋)
+ mem # 違若<潟
end
- 詳細はgetgrgid(3)を参照のこと.
+ 荅括完getgrgid(3)с鐚
--- getgrnam(name)
- nameという名前のグループエントリを返す.戻り値はgetgrgid()と同
- 様である.詳細はgetgrnam(3)を参照.
+ name違若潟菴鐚祉ゃgetgrgid()
+ 罕с鐚荅括完getgrnam(3)э
--- group
- 全てのグループエントリを順にアクセスするためのイテレータ.
+ 違若潟≪祉鴻ゃ若随
--- passwd
- 全てのpasswdエントリを順にアクセスするためのイテレータ.
+ passwd潟≪祉鴻ゃ若随
=end