summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/bring
diff options
context:
space:
mode:
authorYukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>1994-08-10 15:54:46 +0900
committerTakashi Kokubun <takashikkbn@gmail.com>2019-08-17 22:09:30 +0900
commit6e3090413652b6592346556149fed1e9aec5495d (patch)
treebac97139bbeedc8cb67cb2e451a22ed4ddb2b2d4 /bring
parent200e0ee2fd3c1c006c528874a88f684447215524 (diff)
version 0.50v0_50
http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/1.0/ruby-0.50.tar.gz Wed Aug 10 15:54:46 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * variable.c: -vオプションが指定されている時は初期化されていない, 大域変数, インスタンス変数, ローカル変数を参照した時点でwarning を出すようにした. Tue Aug 9 11:50:48 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * bignum.c: 冪乗に関しても多倍長演算を行なうように. 特に浮動小数点 数の範囲を越えた時の処理を的確に行なうように. * eval.c: メソッド定義後は構文木から, メソッド定義部分を外す. 無駄 な再定義が起こらないようにするためと2重にfree()されないため. * array.c(Fary_aref): 引数が1つでFixnumの時, Range checkを行なわな いように修正. * eval.c: 引数の数をコンパイル時に計算して若干の高速化. Mon Aug 8 13:06:24 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * object.c: nilによる比較連鎖をなくした. * parse.y: bit演算子の優先順位を比較演算子よりも強くした. Cとは異 なることになるが, 直観には合致する. * gc.c: クラスを解放する時, 個々のメソッド毎にキャッシュをクリアす るのではなく, クラス単位でクリアするように. Thu Aug 4 18:45:09 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * methods.c(method_free): 解放されたメソッドに関してキャッシュをク リアしておく必要があった. * gc.c: Dataクラスのデータ部分をfree()し忘れていた. Wed Aug 3 09:58:14 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y: def func .. end形式による関数メソッドの定義はなくなった. * methods.c: func形式のメソッドをなくした. あっても, あまり意味が ないので. * eval.c: $0への代入でps(1)の出力が変化するように. * io.c(Fsyscall): syscall()を実現. Mon Aug 1 13:41:11 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y: ダブルクォートで囲まれた文字列や正規表現中で"#{変数名}" または"#変数名"という形式で変数の内容を埋め込むことができるよう になった. * io.c: 関数メソッドsystem2()はなくなった. 今はバッククォートがあ るからね. * parse.y: `cmd`によってコマンドを文字列に展開することができるよう になった. * parse.y: __FILE__, __LINE__を追加. それぞれファイル名(文字列), 行番号(整数)を値とする疑似変数. Fri Jul 29 13:16:07 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * methods.h: メソッドをオブジェクトとして扱うのをやめる. メソッド のメモリ管理にはリファレンスカウントを使うことにした. これでオブ ジェクトの数が減ってほんの少しだけGCが速くなる(かな). * purifyによってメモリ関係のバグを検査した(見つかる,見つかる…). * gc.c: GCをプログラマが変数をマークする形式から, スタックとレジス タからマークする方法に変更. 移植性が下がるような気もするが, siod やscmでも採用されているから多分大丈夫だろう. Linux on i486でも動 作を確認した. Wed Jul 27 16:13:13 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * eval.c(Eval): トップレベルでは構造木をfreeしないように. どうせ解 放されるから時間の無駄である. * array.c, dict.c: "=="を構造一致に変更. Fri Jul 22 10:14:09 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * error.c: 組み込みタイプの名前を登録し忘れていた. Thu Jul 21 14:06:48 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y(freenode),eval.c(Eval): 解析木を解放し忘れていた. Mon Jul 18 10:19:15 1994 Yukihiro Matsumoto (matz@ix-02) * parse.y: 多重代入を処理するルールにバグがあって, 3要素以上の多重 代入に失敗していた. * eval.c(rb_eval): 多重代入で, 右辺が配列でない時には`to_a'メソッ ドで配列に変換して代入するようにした. 今までの仕様だと右辺値が第 1要素にそのまま代入されていたが, structなど配列に変換できるもの は変換した方が嬉しい気がする. * dbm.c,dict.c(delete_if): メソッド追加. * process.c(wait,waitpid): システムコールwaitpidまたはwait4がある 時はそちらを使うように. configureもそれらをチェックするように変更. * dbm.c, dict.c(clear): メソッド追加.
Diffstat (limited to 'bring')
-rw-r--r--bring57
1 files changed, 0 insertions, 57 deletions
diff --git a/bring b/bring
deleted file mode 100644
index 771cd04..0000000
--- a/bring
+++ /dev/null
@@ -1,57 +0,0 @@
-#! /usr/bin/bash
-
-function fdeject() {
- if type eject > /dev/null 2>&1; then
- eject
- fi
-}
-
-function copyfiles() {
- for d in . missing sample; do
- if [ ! -d $1/$d ];then mkdir $1/$d; fi
- for i in $d/*;do
- case $i in
- */ruby|*.o|*~|*.sav|*.bak|*.orig|*/core|"#"*);;
- */Change*|*/config.status|*/Makefile);;
- *)
- if [ -f $i ]; then
- if [ $i -nt $1/$i -o ! -f $1/$i ];then
- echo copying $i
- cp -p $i $1/$i
- fi
- fi;;
- esac
- done
- done
-}
-
-if [ ! -d exchange ]; then mkdir exchange; fi
-
-if [ "$1" = "in" ]; then
-
- cd exchange
-
- mread ruby.tgz ruby.tgz
- fdeject
- tar zxf ruby.tgz
- rm -f ruby.tgz
- cd ruby
-
- cp ChangeLog ../../Changes
- copyfiles ../..
-
-else
-# bring out
- if [ ! -d exchange/ruby ]; then mkdir exchange/ruby; fi
-
- cp -p ChangeLog exchange/ruby
- copyfiles exchange/ruby
-
- cd exchange
- (cd ruby; make realclean)
-
- tar zcf ruby.tgz ruby
- mwrite ruby.tgz ruby.tgz
- fdeject
- rm -f ruby.tgz
-fi