summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.ja.md
diff options
context:
space:
mode:
authorzzak <zzak@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2014-01-23 04:59:24 (GMT)
committerzzak <zzak@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2014-01-23 04:59:24 (GMT)
commit87855a00a856672afef7ab87a47ee10a02e71199 (patch)
treea74036a52d29a0f5e7b953f28ccec4e0975237a4 /README.ja.md
parent06d2e8aaf7fe60a09245963f2f69feb5685db8f0 (diff)
* README -> README.md: [DOC] Format README with Markdown [Bug #9255]
* README.ja -> README.ja.md: ditto git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@44684 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'README.ja.md')
-rw-r--r--README.ja.md164
1 files changed, 164 insertions, 0 deletions
diff --git a/README.ja.md b/README.ja.md
new file mode 100644
index 0000000..f9f422d
--- /dev/null
+++ b/README.ja.md
@@ -0,0 +1,164 @@
+# Rubyとは
+
+Rubyはシンプルかつ強力なオブジェクト指向スクリプト言語です. Rubyは最初から純粋なオブジェクト指向言語として設計されていま
+すから,オブジェクト指向プログラミングを手軽に行う事が出来ま す.もちろん通常の手続き型のプログラミングも可能です.
+
+Rubyはテキスト処理関係の能力などに優れ,Perlと同じくらい強力 です.さらにシンプルな文法と,例外処理やイテレータなどの機構
+によって,より分かりやすいプログラミングが出来ます.
+
+## Rubyの特長
+
+* シンプルな文法
+* 普通のオブジェクト指向機能(クラス,メソッドコールなど)
+* 特殊なオブジェクト指向機能(Mixin, 特異メソッドなど)
+* 演算子オーバーロード
+* 例外処理機能
+* イテレータとクロージャ
+* ガーベージコレクタ
+* ダイナミックローディング (アーキテクチャによる)
+* 移植性が高い.多くのUnix-like/POSIX互換プラットフォーム上で 動くだけでなく,Windows, Mac OS
+ X,BeOSなどの上でも動く cf.
+ http://bugs.ruby-lang.org/projects/ruby-trunk/wiki/SupportedPlatformsJa
+
+
+## 入手法
+
+### FTPで
+
+以下の場所においてあります.
+
+ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/
+
+### Subversionで
+
+開発先端のソースコードは次のコマンドで取得できます.
+
+ $ svn co http://svn.ruby-lang.org/repos/ruby/trunk/ ruby
+
+他に開発中のブランチの一覧は次のコマンドで見られます.
+
+ $ svn ls http://svn.ruby-lang.org/repos/ruby/branches/
+
+### Gitで
+
+SubversionのミラーをGitHubに公開しています. 以下のコマンドでリポジトリを取得できます.
+
+ $ git clone git://github.com/ruby/ruby.git
+
+## ホームページ
+
+RubyのホームページのURLは
+
+http://www.ruby-lang.org/
+
+です.
+
+## メーリングリスト
+
+Rubyのメーリングリストがあります。参加希望の方は
+
+mailto:ruby-list-ctl@ruby-lang.org
+
+まで本文に
+
+ subscribe YourFirstName YourFamilyName
+
+と書いて送って下さい。
+
+Ruby開発者向けメーリングリストもあります。こちらではrubyのバ グ、将来の仕様拡張など実装上の問題について議論されています。 参加希望の方は
+
+mailto:ruby-dev-ctl@ruby-lang.org
+
+までruby-listと同様の方法でメールしてください。
+
+Ruby拡張モジュールについて話し合うruby-extメーリングリストと 数学関係の話題について話し合うruby-mathメーリングリストと
+英語で話し合うruby-talkメーリングリストもあります。参加方法 はどれも同じです。
+
+## コンパイル・インストール
+
+以下の手順で行ってください.
+
+1. もし `configure` ファイルが見つからない、もしくは `configure.in` より古いようなら、 `autoconf` を実行して
+ 新しく `configure` を生成する
+
+2. `configure` を実行して `Makefile` などを生成する
+
+ 環境によってはデフォルトのCコンパイラ用オプションが付き ます. `configure` オプションで `optflags=..`
+ `warnflags=..` 等 で上書きできます.
+
+3. (必要ならば)`defines.h` を編集する
+
+ 多分,必要無いと思います.
+
+4. (必要ならば)`ext/Setup` に静的にリンクする拡張モジュールを 指定する
+
+ `ext/Setup` に記述したモジュールは静的にリンクされます.
+
+ ダイナミックローディングをサポートしていないアーキテク チャでは `Setup` の1行目の「`option nodynamic`」という行のコ
+ メントを外す必要があります.また,このアーキテクチャで 拡張モジュールを利用するためには,あらかじめ静的にリン クしておく必要があります.
+
+5. `make` を実行してコンパイルする
+
+6. `make check`でテストを行う.
+
+ 「`check succeeded`」と表示されれば成功です.ただしテスト に成功しても完璧だと保証されている訳ではありません.
+
+7. `make install`
+
+ 以下のディレクトリを作って,そこにファイルをインストー ルします.
+
+ * `${DESTDIR}${prefix}/bin`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/include/ruby-${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/include/ruby-${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}/${PLATFOR
+ M}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}/${PLATFORM}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/site_ruby`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/site_ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/site_ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}/${P
+ LATFORM}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/vendor_ruby`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/vendor_ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/vendor_ruby/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}/$
+ {PLATFORM}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/lib/ruby/gems/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/share/man/man1`
+ * `${DESTDIR}${prefix}/share/ri/${MAJOR}.${MINOR}.${TEENY}/system`
+
+
+ RubyのAPIバージョンが'*x.y.z*'であれば,`${MAJOR}`は
+ '*x*'で,`${MINOR}`は'*y*',`${TEENY}`は'*z*'です.
+
+ **注意**: APIバージョンの `teeny` は,Rubyプログラムのバージョ ンとは異なることがあります.
+
+ `root` で作業する必要があるかもしれません.
+
+
+もし,コンパイル時にエラーが発生した場合にはエラーのログとマ シン,OSの種類を含むできるだけ詳しいレポートを作者に送ってく
+ださると他の方のためにもなります.
+
+## 移植
+
+UNIXであれば `configure` がほとんどの差異を吸収してくれるはずで すが,思わぬ見落としがあった場合(あるに違いない),作者にその
+ことをレポートすれば,解決できるかも知れません.
+
+アーキテクチャにもっとも依存するのはGC部です.RubyのGCは対象
+のアーキテクチャが`setjmp()`または`getcontext()`によって全てのレ ジスタを `jmp_buf` や `ucontext_t`
+に格納することと, `jmp_buf` や `ucontext_t` とスタックが32bitアラインメントされていることを仮定
+しています.特に前者が成立しない場合の対応は非常に困難でしょう. 後者の解決は比較的簡単で, `gc.c` でスタックをマークしている
+部分にアラインメントのバイト数だけずらしてマークするコードを 追加するだけで済みます.`defined(_\*mc68000*\_)`で括られてい
+る部分を参考にしてください.
+
+レジスタウィンドウを持つCPUでは,レジスタウィンドウをスタッ クにフラッシュするアセンブラコードを追加する必要があるかも知 れません.
+
+## 配布条件
+
+`COPYING.ja` ファイルを参照してください。
+
+## 著者
+
+コメント,バグレポートその他は mailto:matz@ruby-lang.org まで.
+---
+created at: Thu Aug 3 11:57:36 JST 1995 -- Local variables: mode: rdoc end: