summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.EXT.ja
diff options
context:
space:
mode:
authormrkn <mrkn@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-01-20 07:13:58 (GMT)
committermrkn <mrkn@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2011-01-20 07:13:58 (GMT)
commit74535bd643d8f8344503b664c0236e53ee92a51a (patch)
treeb65bdfb6f2bf90e36117c6ae739d5c7e373f6745 /README.EXT.ja
parent1a3950e2946026780d973b294d4c49c8d9e346f0 (diff)
* README.EXT, README.EXT.ja: You shouldn't choose ``conftest.c'' as a
name of a source file. git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@30613 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'README.EXT.ja')
-rw-r--r--README.EXT.ja5
1 files changed, 4 insertions, 1 deletions
diff --git a/README.EXT.ja b/README.EXT.ja
index d6dac19..03b51fe 100644
--- a/README.EXT.ja
+++ b/README.EXT.ja
@@ -680,7 +680,10 @@ Ruby 1.1からは任意のディレクトリでダイナミックライブラリを作
言語のソースが複数の場合には逆に「ライブラリ名.c」というファ
イル名は避ける必要があります.オブジェクトファイルとモジュー
ル生成時に中間的に生成される「ライブラリ名.o」というファイル
-とが衝突するからです.
+とが衝突するからです.また,後述する mkmf ライブラリのいくつ
+かの関数がコンパイルを要するテストのために「conftest.c」とい
+うファイル名を使用することに注意してください.ソースファイル
+名として「conftest.c」を使用してはなりません.
Rubyは拡張ライブラリをロードする時に「Init_ライブラリ名」と
いう関数を自動的に実行します.dbmライブラリの場合「Init_dbm」