summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/README.EXT.ja
diff options
context:
space:
mode:
authorayumin <ayumin@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2012-07-01 18:43:59 (GMT)
committerayumin <ayumin@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2012-07-01 18:43:59 (GMT)
commit0de52e155a374adebe627c6d43772c3bd435c3cb (patch)
treec6e1d5326dea1bc09d4237a270246363f5e2d8c9 /README.EXT.ja
parentfb3c4a2d1803531a1dc865f72d758ac794f8702d (diff)
* README.EXT.ja: fixed args, same as r35977. [Bug #6597]
git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@36262 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
Diffstat (limited to 'README.EXT.ja')
-rw-r--r--README.EXT.ja6
1 files changed, 3 insertions, 3 deletions
diff --git a/README.EXT.ja b/README.EXT.ja
index f28101d..4ae8b50 100644
--- a/README.EXT.ja
+++ b/README.EXT.ja
@@ -839,7 +839,7 @@ Makefileを作る場合の雛型になるextconf.rbというファイルを作
have_library(lib, func): ライブラリの存在チェック
have_func(func, header): 関数の存在チェック
have_header(header): ヘッダファイルの存在チェック
- create_makefile(target): Makefileの生成
+ create_makefile(target[, target_prefix]): Makefileの生成
以下の変数を使うことができます.
@@ -1527,7 +1527,7 @@ find_header(header, path...)
ヘッダファイルheaderの存在を -Ipath を追加しながらチェック
する.ヘッダファイルが見付かった時,trueを返す.
-have_struct_member(type, member, header)
+have_struct_member(type, member[, header[, opt]])
ヘッダファイルheaderをインクルードして型typeにメンバmember
が存在するかをチェックする.typeが定義されていて,memberを
@@ -1544,7 +1544,7 @@ check_sizeof(type, header)
ズを調べる.typeが定義されている時そのサイズを返す.定義さ
れていないときはnilを返す.
-create_makefile(target)
+create_makefile(target[, target_prefix])
拡張ライブラリ用のMakefileを生成する.この関数を呼ばなけれ
ばそのライブラリはコンパイルされない.targetはモジュール名