summaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorayumin <ayumin@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-06-04 15:33:34 +0000
committerayumin <ayumin@b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e>2013-06-04 15:33:34 +0000
commitee9c279e9b001f905c04fd4bd87e7a0878a95107 (patch)
tree93533339fcc13d0a61bf21c3231ae261353515ed
parenta76f5eb0e09b7bb4cd8451658995b187c7d60f18 (diff)
* lib/irb/lc/ja/help-message: update help messages.
following r41028. [ruby-dev:46707] [Feature #7510] git-svn-id: svn+ssh://ci.ruby-lang.org/ruby/trunk@41071 b2dd03c8-39d4-4d8f-98ff-823fe69b080e
-rw-r--r--ChangeLog5
-rw-r--r--lib/irb/lc/ja/help-message20
2 files changed, 21 insertions, 4 deletions
diff --git a/ChangeLog b/ChangeLog
index 15f74fa6db..0eacf87a69 100644
--- a/ChangeLog
+++ b/ChangeLog
@@ -1,3 +1,8 @@
+Wed Jun 5 00:21:54 2013 Ayumu AIZAWA <ayumu.aizawa@gmail.com>
+
+ * lib/irb/lc/ja/help-message: update help messages.
+ following r41028. [ruby-dev:46707] [Feature #7510]
+
Wed Jun 5 00:09:32 2013 Tanaka Akira <akr@fsij.org>
* marshal.c (r_object0): Generalize a round up expression.
diff --git a/lib/irb/lc/ja/help-message b/lib/irb/lc/ja/help-message
index 57e8f23edf..288eb5245c 100644
--- a/lib/irb/lc/ja/help-message
+++ b/lib/irb/lc/ja/help-message
@@ -18,6 +18,10 @@ Usage: irb.rb [options] [programfile] [arguments]
-E enc ruby -E と同じ.
-w ruby -w と同じ.
-W[level=2] ruby -W と同じ.
+ --context-mode n 新しいワークスペースを作成した時に関連する Binding
+ オブジェクトの作成方法を 0 から 3 のいずれかに設定する.
+ --echo 実行結果を表示する(デフォルト).
+ --noecho 実行結果を表示しない.
--inspect 結果出力にinspectを用いる(bcモード以外はデフォルト).
--noinspect 結果出力にinspectを用いない.
--readline readlineライブラリを利用する.
@@ -28,14 +32,22 @@ Usage: irb.rb [options] [programfile] [arguments]
用意されています.
--inf-ruby-mode emacsのinf-ruby-mode用のプロンプト表示を行なう. 特
に指定がない限り, readlineライブラリは使わなくなる.
- --simple-prompt 非常にシンプルなプロンプトを用いるモードです.
+ --sample-book-mode/--simple-prompt
+ 非常にシンプルなプロンプトを用いるモードです.
--noprompt プロンプト表示を行なわない.
+ --single-irb irb 中で self を実行して得られるオブジェクトをサ
+ ブ irb と共有する.
--tracer コマンド実行時にトレースを行なう.
--back-trace-limit n
バックトレース表示をバックトレースの頭から n, 後ろ
からnだけ行なう. デフォルトは16
- --irb_debug n irbのデバッグデバッグレベルをnに設定する(利用しな
- い方が無難でしょう).
- -v, --version irbのバージョンを表示する
+
+ --irb_debug n irbのデバッグレベルをnに設定する(非推奨).
+
+ --verbose 詳細なメッセージを出力する.
+ --noverbose 詳細なメッセージを出力しない(デフォルト).
+ -v, --version irbのバージョンを表示する.
+ -h, --help irb のヘルプを表示する.
+ -- 以降のコマンドライン引数をオプションとして扱わない.
# vim:fileencoding=utf-8